TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第6章その3:フィードバック】

―アイディアの共有と意見の受け入れ―

「失敗がないわけではない。しかし、失敗で終わらせて
しまったら払ったコストの回収ができない。なら払った
分だけでも学びを回収しなければ全損になってしまう」
―法廷臨床心理学博士、遠藤 K.貴則

アメリカの臨床心理学者エドガー・N・アルバへ
(Edgar N. Arbaje)曰く、精神病を患う人達の大半は
フィードバックループのエラーからもたらされるもの
だそうです。周りからのフィードバックを受けないため
改善の余地が見られない、または、受け取ってるフィー
ドバックにバイアスがあり、悪化するようなデータしか
仕入れていないと述べています。

健康心理学者マット・B・ジェームズ(Matt B. 
James)は、人が成長しない理由は良質なフィード
バックを与えてもいなければ、受け取ってもいないから
であると述べてます。与えることは、「何を具体的に
続けるか」「何を変えたら人が成長し続けるか」を認識
する能力が培われ、また、受け取ることは、盲点を
埋めることができるためです。

ポジティブ心理学の概念を利用すると、フィードバック
は先ずは良かった点や続けて欲しい点からはじめ、改善
点や変更して欲しい点を述べ、最後に全体的なポジティ
ブな印象を述べます。ポジティブな事をネガティブに
受け取られる可能性があるもので挟む、これを「フィー
ドバックサンドウィッチ」と言います。

【フィードバックを与える】
1994年、オーストラリアの研究では85%の学生が自分
の同期や仲間からのフィードバックの方が、権威性や
専門性がある人たちからのレビューやフィードバック
よりも学びがあったと述べています。実際は信頼関係
の構築から来るもので、フィードバックを受け取りたく
ない相手や許可を出していない人からは受け取る気が
ない場合が多いです。故に、フィードバックを与える
時は相手に許可を取ってください。

「フィードバックを受け取る準備はよろしいですか?」
などといったものです。

研究では、目標やゴールを共有する人に対してフィード
バックを行うのは本人にとっても有益であると発表され
ています。与えたフィードバックを自分も行っているか
をチェックしないといけないのと、自分も実行しなけれ
ならない責任が生じるためです。そして、フィードバッ
クをするために、相手を分析している際、脳は以下の
ことを考えます:
◆全員が得ようとしている目的と意図の明確化
◆それを何の条件で評価できるか
◆それの良い例とは何か
◆明確な解決案

そして、高品質なフィードバックを与えるときに考え
ないといけないのが、
1.この人がやっていて上手くいっていることで絶対に
 続けなければならないことは何か?
2.起きている問題を根本から解決する精神的・思考
 的・感情的・物理的な改善点とは何か?
3.この人が他とは異なるユニークな良い特徴、全体的
 な印象とは何か?

これを踏まえてフィードバックをすると以下のような
フィードバックになります:
1.〇〇さん、毎回仕事が丁寧で、時間通りに終わって
 素晴らしいです、ありがとうございます。
2.その上で、変えて欲しい(伸ばして欲しい)ことは
 ここ最近疲れが溜まっているからか、少しずつ仕事の
 効率が落ちてきているので、リフレッシュすることが
 できることをやるか、休暇をとってください。全力で
 休むこともプロの仕事です。
3.全体的に、〇〇さんはストイックな仕事をする人で
 好感があります

というような感じになります。

【フィードバックを受け取る】
人生でフィードバックをくれる人全員が、プロのフィー
ドバッカーというわけではありません。しかし、だから
といって彼らのフィードバックが役に立たないわけでは
ないのです。成長し続け、成果と結果が欲しいなら、
どんな人からのコメントや言葉もフィードバックとして
脳内で変換する技術が必要になります。

脳神経心理学の研究では私たちは批判に対する恐怖を
保有していることがわかっています。相手の評価や
フィードバックを「拒絶」や「拒否」と受け取り恐怖
するようになってしまっています。しかし、その恐怖に
駆られてしまうとフィードバックを受け取り改善する
こともできなくなってしまいます。以下のことをして
批判から良質な情報だけを引き出してみてください。

◆事実を注意深く聴くー事実と主張は異なります。
 「お前また仕事失敗したのか?だからお前はダメなん
 だよ」、事実は「また仕事を失敗した」であり、
 「だからダメなんだ」は主張であり、一人の意見で
 しかないのです。しかし、前半「また仕事失敗した」
 は100%真実であるため、後半の「だからダメなん
 だよ」も勝手に100%事実だと思い込むのです。
 なので、この場合は「また仕事を失敗した」に着目
 して、何が足りなかったのか?「求められる基準の
 明確化」、「やり方の具体性」、「リソース」など
 を聞き出しましょう。
◆相手のモチベーションと意図は何なのか?ーフィード
 バックを与えている人間はあなたに成長して欲しい
 意図があり、あなたのベストを考えているのか?
 それとも自分の権威性を証明したり、力を誇示したい
 だけなのか?モチベーションによって捉え方が変わっ
 てきます。あなたに対して真剣に考えてる人からの
 フィードバックはどんなに耳に痛いことであろうと
 真剣に聞けばそれだけのリターンがあります。
◆個人的に捉えない、事象として受け取るー人間が失敗
 するのは自然界のデザイン上当たり前なのです。
 そして、求められるのは新しいことを試し、改善し、
 異なる方法を発見するイノベーションです。故に、
 失敗するのはOKだが、同じ失敗を続けるのはNOT OK
 です。なので、フィードバックをくれる相手と仲間に
 なり一緒に解決する立ち位置を持ちましょう。
 「その通りです、そういったことをする時もあり
 ます。改善するための提案は何でしょうか?」
◆タイムアウトーフィードバックを消化するのに時間が
 必要だったり、受け取る準備がまだできていないなら
 時間をもらってください。「このことに対して真剣に
 考えたいので〇〇までお時間いただけますか?」と
 聞いてみてください。

【良い点と改善点を強化する】
アメリカの心理学者パトリシア・L・ハームス(Patricia
L. Harms)とデボラ・ブリット・ローバック(Deborah
Britt Roebuck)はポジティブとネガティブなフィード
バックを与えるときに「BET」と「BEAR」を大事に
してくださいと述べています。

良い点
◆Behavior 行動―その人物が行っていること(行動)
 で全員に利があることを述べる。「あなたの楽天的な
 言動が皆の気分を軽くさせてくれる」など
◆Effect 影響―上記の行動がどういったポジティブな
 影響、結果につながっているかをさらに述べる。
 「結果、緊張した会議で悲観的にならず可能性を信じ
 て皆、発言したり行動できている」など
◆Thank You感謝―相手にそのことについて感謝を述べ
 る。「そんなあなたが会議に参加してくれて、参加者
 一同感謝しています、ありがとうございます」など
改善点
◆Behavior 行動―問題を起こしている行動を述べる。
 「プロジェクトを先週までに終わらせられると言っ
 て、終わっていません」
◆Effect 影響―これがどんな結果を招いているか。
 「故に結果として、他の皆のプロジェクトまで滞って
 いる状態です」
◆Alternative 別の提案―どうやったら異なる行動を
 取れるか、将来異なる結果を得られるか提案をする。
 「時間までに終わらないと思った瞬間に相談しにきて
 ください。そして、プロジェクトの進捗を粗い数字で
 構わないので全体の何%くらいできていて、スピード
 アップに何が必要か毎日報告してください。」
◆Result 結果―上記の行動を変えることによりどんな
 ポジティブな結果につながるかを述べる。「そうして
 いただければ、全員がどうあなたを助けられるかが
 わかり、皆が早く家に帰れるようになります」

皆の成長、成功、達成のために是非フィードバックを
して、フィードバックを受け取ってください。

では次の【第6章その4:聴く力】
―何を聴くかをチューニングする―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200924_2.jpg

****************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

▼TSUTAYAビジネスカレッジ YouTubeチャンネル
 にて、遠藤先生の映像が好評配信中!



投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年9月24日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う