TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第6章その1:反発力、回復力、弾力を鍛える】

―内部的強さを得る―

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が
生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来る
のは、変化できる者である」―チャールズ・
ロバート・ダーウィン(Charles Robert Darwin)
自然科学者

自然界は厳しく、弱肉強食であり、自然災害も猛威を
振るいます。その中で生き残るには「強く」なければ
いけないのですが、殆どの人がこの強さ、生き残る
強さを勘違いして、ストレスや人間関係の悪化により
自滅していきます。

ポジティブ心理学では強さのうちの一つで大事な要素が
「弾力性(Resilience)」です。それは、落ちても
跳ねて戻ってくるゴムボールのように、外の力を絶妙な
柔らかさと硬さで跳ね返す力です。それは反射的な
思考、決断、行動ではなく、しっかりと冷静な反応を
することです。

精神的弾力性を手に入れるためには下記のことをして
みてください。

【ポジティブなマインドセットの維持-勝ちを祝う】
ポジティブなマインドセットを維持することにより、
広い視野を保ち、自分が得たい結果を得るための行動が
取れます。Journal of Happiness Studiesで心理学者
ミシェル・ツゲード(Michele Tugade)とバーバラ・
フレディクソン(Barbara Fredickson)は、私たち人間が
良いことがあると友達や家族に話す理由は良好な人間
関係の維持もあるが、ポジティブな感情を長期に
渡り感じるためでもあると述べています。

世界的チーム・ビルディングの講師、ブレア・シンガー
(Blair Singer)はこれを「勝ちを祝う」行為と述べて
います。多くの人は自分ができないこと、やれていない
こと、失敗したこと、などに目を向けて、過去に起きた
勝ちを祝わないし、大したことがないと言って自らを
ネガティブにマインドセットしてしまいます。です
ので、良かった出来事は祝ってくれる人と祝ってくだ
さい。

【バランスが取れた視点を持ち続ける-エッジに立つ】
ポジティブ心理学のマーティン・セリグマン博士
(Martin Seligman)曰く、褒め言葉も一定量超えると
効果がなくなるそうです(批判1に対して13を超えた
場合)。心理学者ロバート・カミンズ(Robert 
Cummins)とマーク・ウッデン(Mark Wooden)も
極端な楽観主義は不適応になってしまうそうです。
悲観的になれば、同じように恐怖のあまり適応能力、
弾力性を失ってしまいます。

コインの裏表ではなくエッジ(端っこ)に立つような
視点を維持しなければいけません。セリグマン博士
曰く、適正量は批判やネガティブな思考1に対して
楽観的やポジティブな思考3〜13が適正だそうです。

【人生を楽しむ-苦境に立ち向かう】
心理学者は幸福を大きく2つに分けます。快楽
(Hedonic)と善霊(Eudaimonic)な幸福です。快楽は
今、瞬間的に感じる幸福感です。それはマッサージを
受けたり、カラオケをしたり、好きな物を食べたり
飲んだりすることです。善霊は長期的な幸福感であり、
自己を成長させ、ポジティブな人間関係を維持すること
です。

作家のライアン・ホリディ(Ryan Holiday)曰く、苦境
(ピンチ)は常に好機(チャンス)であり、苦境や障害が
正しい道を歩いていると分らせてくれるヒントだそう
です。弾力性は過去にあった障害を乗り越え、達成感を
多く味わった人達が持ち合わせている能力です。

人生の小さな障害を突破していき、大きな問題を
解決することにより、これから来るより大きな障害に
対する弾力性を培ってください。

【見方を変える-リフレーミング】
問題が起きた時、弾力性を持つ人たちは見方を変える
ことを容易に行います。これをリフレーミングといい
ます。大きく分けると、意味を考え直す「意味リフレー
ミング」と、状況と背景を変えてみて見方を変える
「環境リフレーミング」があります。具体的には「緊張
してきた」ではなく「ワクワクしてきた」という意味に
変えたり、「緊張してきた、つまり悪い」ではなく
「今から起きることが大事であり、真剣に向き合う
ことは大事だ」という状況と背景を考慮した見方を
変えるやり方になります。

さらに具体的には以下の方法を使ってみてください-
1.状況の中の良いことを発見する。
2.起きている現象が完了した時のポジティブな意味
 合いを発見する。「学びは何か」を考える。
3.問題解決案にフォーカスする、「どうやって?」と
 いう質問を自分にする。
4.笑えるポイントを発見する。ネタだと思う。

上記の戦略を使い、弾力性を鍛えてみてください。
では次の【第6章その2:人生をかけた学び】
―成長の道―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200903_2.jpg

****************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

▼TSUTAYAビジネスカレッジ YouTubeチャンネル
 にて、遠藤先生の映像が好評配信中!


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年9月 3日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う