TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第5章その12:失敗から学ぶ】

―オープンマインド戦略―

「失敗はない、フィードバックだけである」
―統合心理学協会N L Pの前提より

がっかりした、後悔、罪悪感、責任から潰されそうな
思い。心理学の世界に、悪い感情なんてものはあり
ません。あるのは非有用な行動のみ。多くの人は上記の
感情を嫌うあまり、新しいことを試しません。だからと
言って学ばず、改善せず、同じことを繰り返したり、
前の学びを活かさず全く新しいことをしてしまったら、
経験は蓄積されず無駄ばかりが積み重なります。

アメリカで行われた2015年の研究では、連続起業家の
多くは事業が失敗したら、業界を変えるだけでなく、
また失敗するそうです。新しい業界であったり、経験が
足りないだけではなく、古い業界のやり方で上手く
いったことが新しい業界でも上手くいくと思い込むから
です。昔のパターン(習慣)から抜け出せず、その
ことを学んで改善されないのが私たちの問題なのです。

【スキーマ理論〜怠惰からくる失敗〜】
失敗の中で異質なものは、誤認からくるエラーです。
私たちの脳みそは実際にあるものではなく、期待して
いるものを見る傾向があります。つまり、冷蔵庫に洗い
終わったお皿を入れるといったことをするのは、それが
食器棚であると誤認したからです。いつもの動きを
疑問に感じることなく、間違ったものに行ってしまうの
です。これを回避するのが、マインドフルネスなど
現状を把握したり、考えるクセをつけることです。

【天才は学びの劣等生である】
頭が良い人ほど間違いから学ぶのが下手であると、ビジ
ネス専門家のクリス・アルギリス(Chris Argyris)が
述べています。失敗を数多く経験していないと、失敗
から学ぶという経験値が足りずに、学びが多くならない
のです。学業で良い点数を取った人ほどこの罠に陥り
ます。殆どの方が問題を発見したら、それをすぐに解決
して進むことが良いことだと認識しています。しかし、
これだと原因と発見には至りません。失敗を多くして
きた人たちは、人生には習慣やパターンがあることを
認識しているので、原因を発見して原因から対処する
ことが上手くなるのです。

大事な質問は「何故?」「何故、〇〇が問題だと思った
のか?何故、〇〇が欲しいのか?」

自分にそういった質問をすることで、そもそもの目的や
根本の問題を発見することができて、根本の解決が
できるのです。

【習慣化の敵】
アルギリス氏曰く、私たちは変化したいと望む一方で、
以下の思考のクセがあるためにそれを行えないと述べて
います。それに気づき、対処しようとするだけでも
変化は起きます:
1.コントロールを維持しようとする。故に不明や不透明
 な新しいことをしようとしない。
2.「勝ち」を最大化し「負け」を最小化しようとする。
 しかし長期的な「勝ち」は想像できず、お互いに
 「勝つ」という概念もない。
3.ネガティブな感情を抑えこもうとする。故に向き
 合わず、早めに対処しない。
4.「現実的」であろうとする。これは結果や行動の
 評価を自分の物差しで測って、それを「常識」だと
 思い込む。

あなたも今日から失敗を多くして、根本の原因を究明
して、学び、成長していってください。

では次の【第5章その13:バーンアウトを回避する】
―長期的プログレス―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200730_2.jpg

****************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

▼TSUTAYAビジネスカレッジ YouTubeチャンネル
 にて、遠藤先生の映像が好評配信中!

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年7月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う