TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第5章その8:自己コストマネージメント】

―解放するタイミング、保有するタイミング―

「何かにNOと行った瞬間、別の何かにYESと言って
いる」―起業家、国際的スピーカー、ブレア・シンガー
(Blair Singer)

真空の法則というものがあります。それは、スペースを
作ったら、そこが何かしらで埋められるというもの。
駐車場を作ったら、車で埋められます。当然、満車で
あった場合は新たな車は駐車できません。

例えば、家にあるもう着ない服や、使わない物。売れば
小金になるか、少なくとも新しいものが入るスペースが
確保できます。なのに、私たちは長くそれらを保有
して、最後はリサイクルにすら出せない状態になり、
完全にゴミとして捨てるしか無くなったりします。

脳みそも集中できるものには限界があります。短期
記憶、ワーキングメモリーは7±2個。タスクは最大
9個程度ということです。その上で、一度にできる
事は1つしかありません。自分の人生に関係ないこと、
例えば悪いニュースやエンターティメントで頭が
一杯なら、大事なことには集中できません。思考、
知識や学んだことにスペースを作らないと新しい情報や
新たに集中しなければいけないことに集中できません。

とある研究では、博士号を取った人たちがその専門の
学問にどのくらい貢献するかというのを測る実験が
ありました。結果、大学院時代も入れて10年間しか
貢献しないことが分かったのです。つまり、殆どの
博士号を取った人達ですら、一度知識と学びを吸収
したら満足してしまい、新たな研究や勉強をせずに
人類に貢献しないのです。

この使わないもの、完了してしまった物を手放さない
理由は何なのか?

【授かり効果endowment effect】
1990年に経済学者リチャード・サーラー(Richard 
Thaler)は、心理学者ダニエル・カーネマン(Daniel
Kahneman)と行動経済学者ジャック・L・ネッチ(Jack
L. Knetsch)の研究に参加しました。行った実験は
1つのグループにコーヒーカップを手渡し、もう1つの
グループには見せるだけにしました。二つのグループに
このコーヒーの売値を聞いた時、手に持ったグループは
ただ見ただけのグループの約2倍の値段をつけました。
これは、手渡された時、自分にオーナーシップ(所有
権)があると思い、価値を高め手放しにくくしたの
です。私たちは何かを手放すことを犠牲と考え、
それらの価値を不当に高くする傾向があると発見され
ました。

【所有権とセルフイメージ】
2013年に行われた研究では、片方のグループに失恋
した時をイメージしてもらい、もう片方には日常を
イメージしてもらいました。実験開始前に渡された
ボールペンを下さいと頼まれた時、失恋、社会的
自己脅威(Social Self-Threat)を体験したグループは、
ボールペンを手放そうとしなかったのです。社会から
拒絶されたり、自己イメージが傷つけられた時、
つまり、他人にどう思われているかを気にしたり、
所属することに固執する人は、いらないものでも手放す
ことを恐れます。所有しているものが自己を形成する
ものと認識してしまうからです。

【損失回避】
上記の原理をマーケティングで使った心理学が、損失
回避という名称で呼ばれます。以下のアプローチで
マーケッターは、人々に購入させる意欲を出させます。
●見込み客が既に保有している大事なものが、あなたの
 商品によって守られると提案する(例:保険、
 セキュリティ関係)
●見込み客が自分の商品サービスを保有している
 イメージを持ってもらう。
●お試し期間を設定して保有してもらう。期間が
 終わった時、手放さないといけないため、それを
 回避しようとする。

【解放か保有か?】
以下のことを考え、優先順位をつけて、自分がやるべき
ことを決断してみてください。
1.これは自分の価値観的に大事か否か?(価値観が
 変わったら手放す)
2.これは未来のなりたい自分になるように役立って
 くれるのか?
 (役立ったら手放す)
3.これは自分が所属しているチーム(仕事仲間、
 家族、など)に大事か?(仲間と家族に確認をして
 手放す)
4.これは個人的目標を手に入れるのに大事か?
 (目標が達成されたら手放す、または状況が変わり
 大事ではなくなったら手放す)
5.これはこの状況下で必要なものか?(状況が変わっ
 たら手放す)
6.これは課題(タスク)を完了させるのに必要か?
 (タスク完了後は手放す)

では次の
【第5章その9:進化し続ける人脈ネットワーク】
―人間関係のメンテ―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200625_2.jpg

**************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

▼TSUTAYAビジネスカレッジ YouTubeチャンネル
 にて、遠藤先生の映像が好評配信中!

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年6月25日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う