TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第5章その2:勝者のように考える】

―モチベーションの十戒―

「ルールを守ることで歩き方を覚えるわけではない。
やって、転び続け、学ぶ。」―サー・リチャード・
ブランソン(Sir Richard Branson)、ヴァージン航空
創業者

やり方よりも、モチベーションの出所の方が同じ成果を
出すのに大事である。しかし、私たちの失敗は目に
見えるやり方に惑わされ、モチベーションが同じ
レベルであると思い込む事である。オリンピック
金メダリストと同じトレーニングと習慣を知ったと
しても、同じ結果に至らないのは同じレベルの
モチベーションがないからである。

グローバルコンサルティング会社のHay Groupの
調査では、モチベーションがある社員を雇っている
会社は、そうじゃない会社に比べて43%生産性が高い
とのことです。2014年、ギャロップ社の調査では
アメリカでは1/3(31.5%)しか自分の仕事に
従事していない、つまりやる気と情熱を持って
仕事をしていないことがわかりました。51%が
やる気と情熱がなく、17.5%は常に不幸せである
そうです。

勝者、成果を出す人達は共通して以下の10種類の
ことを信じています。

1)達成は権力を上回る―結果を出す人間は地位、
  昇進、名誉よりも、自分の達成感や本当に欲しい
  成果を優先します。最終目的を得るために大体の
  人は地位を手に入れます。「成りたくて社長に
  なるのではなく、結果的になる」のです。地位も、
  昇進も、名誉も、周りの人間が欲しいことを
  やってくれる人に渡すものであり、つまりそれを
  優先することは「周りの人が欲しいことの方が
  自分が欲しいことや行動よりも大事である」と
  言っているのと同等です。
2)私の責任である―成功者は自己責任を取れる人間
  です。フォーカスは何をするべきかであり、誰かに
  指示されたり、やる気を出させてもらうことを
  待っていません。当然、助けを求めることも容易に
  行い、自分ができる事とそうでないものを明確に
  理解しています。
3)機会であり驚異ではない―危機は「機会と危ない」
  と書きます。挑戦、悲劇、驚異があっても結果を
  残す人間はそれからくる成長やチャンスや更なる
  進化にフォーカスします。
4)私はこれを楽しむ―根気は必要であり、同じことを
  淡々としないといけません。それを楽しめなければ
  大きな成果に繋がりません。「人生が楽しくなかっ
  たり物事が面白くないのではなく、その人物自体が
  つまらなくて、面白くない人なのです」
5)才能の有無を気にしない―才能や生まれ持った
  ものは確かにスタートポイントを押し上げてくれる
  効果はあるものの、それでも持っている人たちは
  訓練し、鍛え続けなければいけないのです。自分の
  才能は上手く使うに越したことはないですが、
  殆どの技術は才能がなくても会得出来て、自分が
  欲しい成果に十分な技術力は、間違いなく、意外と
  簡単に手に入ります。
6)勤勉は天晴れである―勤勉は素敵であり、素晴ら
  しいという認識を持っています。決して辛く頑張る
  ものではないとも認識しています。
7)失敗は大した意味を持たない―どんな失敗も学びが
  あり、それに意味があり、失敗自体は大した意味を
  持たないのです。達成不可能というものを認識
  せず、資源の使い方や、柔軟性のある考え方が
  出来ていないだけであるという考え方をします。
8)立つ鳥跡を濁さず―人間関係は、その人をどんなに
  嫌っていても、少なくとも中立か良好に終わら
  せる。将来どうなるかわからないし、その人と
  働き続けないといけない可能性もあります。
  何より、その人の悪い習慣を引き出しているのは
  自分かもしれません。
9)違うことをやり、同じことをしない―改善なき
  練習は意味がなく、間違ったことを練習するのも
  問題である。練習の結果が良くなるのは、集中して
  意図を持って練習することに意味があるのです。
10)次のステップは?―目標の分析とアップデートを
  状況と環境に合わせてしないといけないと認識して
  おり、成長したり、社会が変わればまた新しい
  ことを学び、さらに高い目標を持たないといけない
  ことを知っています。

あなたの次のステップは何ですか?

では次の【第5章その3:やる気がないに打ち勝つ】
―時間と資源を上手に使う―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200507_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年5月 7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う