TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【番外編:訴えられた時のマインド】

―法廷の心得―

「法廷とは、責任が取れない大人達が駄々をこねる
ための場所であり、法律というゲームルールに
基づいて、言い訳を言えた奴が勝ち、そうじゃない奴が
負ける場所。決して誰が正しくて間違っているか、
正義と悪がなんなのかを決める場所ではない」
―法廷臨床心理学者、遠藤K.貴則

心理学者として関わってきた刑事と民事裁判の数は
1000を超えます。これらから分かった事は「法廷とは
何て時間の無駄なのだろうか」という事です。私、
遠藤K.貴則は2014年から一切法廷に関わることを
やめました。心理学者ながら「虚しく」なり、その
数年前には確実に「鬱」だったでしょう。上手く
クライアントをサポートできた時とそうじゃない時には
一定のパターンがあったのです。当時の私には分から
なかったことです。ここ最近、法廷関係で困っている
方々と話し、手助けする機会があり、私が知っている
ことに価値があることがわかりました。それを今回、
共有したいと思います。望むことは、今法廷に立って
いる人、これから立つ人、すでに終わった人が最も
大事な物を手に入れ、平穏無事に裁判を終える事です。

【法廷の前提】
1.法廷は中立―あなたの損得も相手の損得も関係
 ない。目的は存在するゲームルール(六法全書)に
 基づき状況の紐解きを行い、それに適切な判断を
 行うことである。故に、中立な立場や平穏な人物を
 好みます。感情的な要素が役に立つのは、「陪審員
 制度」があり、素人を相手にしないといけない時と
 「映画とドラマ」の中だけです。
2.新しいことには慎重になる―法廷は今までなかった
 現象に対応して、適切な前例を作ることが目的です。
 一定の判決をした場合、将来同じ判決がされ続ける
 可能性があるので。新しいことに関しては慎重に
 判断を行います。つまり、判決を早めたかったら
 過去の事例を持ってくること、遅くするなら過去に
 前例がない特殊性を証明するだけです。
3.完璧を好み、間違いを恐れる―法廷は完璧を好み、
 不完全な人間が運営している割には「完璧で完全で
 ある」風を装うのが好きです。つまり、一度判決した
 事を覆す事を嫌い、一度聞いた事が訂正されたりする
 ことも嫌います。全ての言葉、やり取り、レポート、
 書類はまるで言霊のように尊重され、行った事を
 訂正したり取り下げる事が極端に困難になります。
4.直線的である―それは、過去の事例をベースに
 物事を考え、現在の判決がどう将来に影響を直線的に
 起きるかしか考えていません。物事に周期や波、
 量子飛躍やランダム性があることは度外視します。
 例えば、過去に一定期間内に釈放した薬物依存者の
 多くが再犯し又は死亡した場合、状況が変わり治療
 方法が新しくなり、環境も変化したとしても、過去と
 同じ結果になるという予測を立て釈放を伸ばしたり
 しません。
5.人の死を恐れる―訂正や修正不可能な、不可逆な
 事を嫌います。故に、人が死ぬ可能性があることは
 極力避けたり、先延ばしにするのです。そして、人を
 死なせる人やシステムや物を極端に嫌います。

【法廷の心得】
1.目的を明確にして、最高の結果を設定する:誰かを
 罰したり、自分の正当性を証明することでは
 ありません、正義を示すことでもないし、負かすこと
 でも、勝つことでもありません。前例をベースに
 すると何を求めるのが現実的かわかります(それは
 弁護士に聞いてみましょう)。その上で過去に
 あった例より若干良い結果を目指すのがベスト
 でしょう。
2.味方と中立者しかいない:裁判官とあなたの
 弁護士は味方です。相手は中立と思いましょう。
 誰かを敵と認識したり、敵と言った瞬間にその感覚で
 相手は動き始めます。常に味方か中立な者しかいない
 と思って行動をした方が最良の結果を引く可能性が
 高いのです。
3.最良を引ける可能性のために動く:実際は何が起きる
 か分かりません。しかし、最良な結果になるように
 可能性を高める行動をとることは出来ます。感情的に
 なったり、自暴自棄になったり、どうでも良いという
 風に投げやりになると最良な結果から遠のきます。
 常に、平穏無事、落ち着き、冷静に対処しましょう。
4.相手を許し、行動を規制する:罪を憎んで人を
 憎まずと言うように、相手の人、弁護士、裁判官など
 関わる人を憎めば憎むほど欲しいものと逆の結果が
 手に入りやすくなるのが法廷です。先ずは相手を
 許しましょう。過去に多くの家族を斬殺された方々が
 加害者を許せたのだから、あなたも許せるはずです。
 そして、行動自体は統制が取れた社会の維持には
 受け入れられないことならば、規制をしなければ
 いけないでしょう。つまり、その行動を止める事を
 しなければいけないのはこの社会に生き、それを
 体験した人の義務になります。
5.時間を味方につける:時間は常に世界に有用な事を
 する人の味方です。急いで事を仕損じると言う
 ように、急がなければいけない理由はほとんど
 ありません。感情的ストレスならそれを解放し、
 サポートしてくれる人を探してください。経済的な
 ものならば、あなたに社会的有用性があるなら
 サポートしてくれる団体や人々は絶対にいるので
 気にする必要がありません。急かすのは詐欺師や
 脅迫者の常套手段です。
6.地に足をつける:浮ついた気持ちや思考、ざわざわ
 したり、落ち着かないのならば、確実にその足元を
 すくわれます。自然に触れたり、落ち着ける場所で
 瞑想したり、落ち着く人と話したりして、心を落ち
 着かせ、地に足をつけて対処しましょう。
7.何が問題なのか分からないと態度で挑む:法廷や
 裁判の前提は問題があるから行われているので、終了
 させたいのなら「何が問題なのか分からない」という
 態度で行ってください。訴えられる側なら「何が
 問題なのか分からない」と言う態度で行動をとって
 ください。訴える側なら「なぜ裁判しなければ
 いけないのか分からない、常識じゃないの?」という
 態度で行動をとってください。あなたの態度は
 弁護士に伝わり、彼(女)が全力を発揮できるように
 なります。

では次の【第5章その2:勝者のように考える】
―モチベーションの十戒―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200430_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年4月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う