TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第4章その12:チームの守護者】

―どうやってプロジェクトを守るか―

「お金よりも大事なものがある、それはチームだ」
―金持ち父さん貧乏父さん、著者ロバート・キヨサキ

集団的生き物として、私たちは大きなプロジェクト、
チャレンジをチームとして突破してきました。
それらを一人で取り組むには、どうしても限界があり、
チームワークを必要とします。しかし、問題、口論、
トラブルも、良いチームが作り上げられるために
必要な要素なのです。

1970年代の研究で、集団心理学上、チームや
集団としてハイパフォーマンスを発揮するためには、
「ストーミング」と呼ばれる不協和音的状態を
突破しなければいけないと発表されました。
パフォーマンスは、突破する問題の大きさに比例する
わけではなく、学びの深さに比例します。つまり、
殴り合いの喧嘩をしても、チームとして何も
学ばなければパフォーマスは上がりません。
一方で、カードゲームをして競争しても、全力で
取り組んで深い学びがあったなら、パフォーマンスは
向上します。

問題を突破する速度は、どれだけ良いコンテクスト
作りを行なったかにより決まります。コンテクスト
(環境)作りとは、ミッション、価値観、プラン、
ルール、罰則などを明確にして、お互いにチームを
維持するための努力をすると公言した状態です。

マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究曰く、
チームを維持するためには、シンプルなたった1つの
質問に答えられなければいけないのです。

「なぜ私たちはこれを行なっているのか?」

この質問のやり取りをしない理由は多々あります。
MITは下記のような例を挙げています。
・行動優先のバイアスがあり、素早く行動することが
 効率良いことだと思い、質問に答えない。
・親しみがある解決案を優先するバイアスがあり、
 状況が前に起きたことと同じだと結論付けて、
 何もしないか効果がない同じことを行い、なぜ
 という原因解明を行わない。

MITはチームを守るために以下の質問をしてみる
ことを勧めています:
1.最も大事な我々の問題は何か?
2.これから起こそうとしている行動は、根本的な
 問題解決になるのか?
3.どれだけ原因の可能性を発見することができる
 だろうか?我々は問題の全体図を見えているのか?
4.このプロジェクトをやる必要性の理由について、
 我々は同意しているのか?
5.我々は、十分にフランクでオープンに議論を
 してきたか?誰も言わない質問に光を当てているか?
6.我々は、目標にフォーカスを当てているのか、
 それとも迷い始めているのか?

これらにより、個人的な問題よりも大きな問題に
取り組むことができるようになります。システム理論
曰く、問題が起きている箇所に問題があることが
少なく、大体がシステムの問題です。つまり、遅刻する
従業員がいてもその人個人の問題ではなく、何かしらの
システムの問題であると認識しなければ、どんどん
遅刻者を増やすだけのチームになってしまいます。

【偉大なチームの特徴】
マネージメントを教える教授、ドヴ・ドヴィル
(Dov Dovir)とアーロン・J・シェンハー
(Aaron J. Shenhar)は、1950年代から400以上の
プロジェクトを研究し、予想外、期待以上、想像以上の
結果を出したチームの共通点を発見しました。

1.偉大なチームはユニークなものを提供するため、
 または、至極価値の高いことを行うために働く。
2.偉大なチームはプロジェクトの定義を明確にする
 のに長い時間をかけ、全員がヴィジョンと目的が
 明確になってから行動し始める。
3.偉大なチームは革命的プロジェクト・カルチャーを
 作る。古い習慣がうまく行っていないならそれを
 横に置き、上手くいくための行動をとる。
4.偉大なチームのリーダーは良いコミュニケーション
 スキルと自己啓発的スキルを保有し、常に直属の
 部下とはコンタクトを取り続け、関係を密にする。
5.偉大なチームはすでに誰かが上手くやっている
 前提で先達を探しに行き、モデリング(コピー)
 する。
6.偉大なチームは時代や状況の変化に対応できる
 くらいには多種多様な人がいる。
7.偉大なチームは強いチーム愛があり、自分たちの
 仕事を誇りに思う。自分たちのプロジェクトに
 対して、互いにオーナーシップ(責任)を保有して
 いる感覚があり、リーダーはこれを尊敬し、尊重
 する。

【問題を予防するためのリスクマネジメント】
専門家たちは色々なリスクを述べ、分類しますが、
どれをリスクとみなして、対応するかはあなた次第
です。以下は、よくあるリスクの種類です。

1.外部的、予測不可能、制御不可能なリスク
 ー自然災害
2.外部的、予測可能、制御不可能なリスク
 ー仕入れ先の会社が倒産する可能性がある
3.内部的、ノン・テクニカル、制御可能なリスク
 ースタッフの緊張感のなさが生産性を落としている
4.内部的、テクニカル、制御可能なリスク
 ーコンピューターセキュリティの脆弱性
5.法的、制御可能なリスクー商標や特許
6.テクニカルパフォーマンスリスク
 ー割れ物の商品を安全に運搬できるか否か
7.バジェット(経費)リスク
 ー来年全員に給料を払えるだけの余裕はあるか
8.スケジュールリスクー締め切りに間に合うか、
 皆のスケジュールを合わせられるか

制御不可能なリスクは、保険や先回りで対処し、
制御可能なリスクは、積極的な問題解決で対応
していきます。
以上の8種類のリスクを可能な限り書き出し、
ハイリスク、ハイプロバビリティ(高確率で起きる)、
ハイリターン、ローコストな物から対処していきます。

では次の【第4章その13:リーダーシップを発揮する】
―マネージメントとリーダーシップ―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200319_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************



投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年3月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う