TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第4章その8:決断の時】

―選択肢の調律―

「決断をした時、運命が作られる」――
世界No.1コーチ、アンソニー・ロビンズ

決断しなければ、結果は得られない。容易に
決められるための決断の科学とは何か?

2010年にアメリカ、中国、南アフリカ、イギリスと
オーストラリアで行われた研究では、オフィスワークを
する人の51%が決断し行動をする時間よりも、情報の
整理整頓に時間を費やしている事がわかりました。

情報過多による思考の麻痺については、心理学の分野で
多く研究されています。

【生産性と決断】の関係性では、情報過多、
プレッシャーの多さや不安により、私達の短期記憶は
圧迫され生産性が下がります。

【創造性】においては、2015年スタンフォード大学
での研究で、前頭葉の働きが小脳の働きよりも
少なかった場合は、想像力が高まることが
発見されています。これは、脳みその機能として
考えたり、情報の整理整頓を行うよりも、
行動している方が想像力が豊かになり
創造性が上がるという事です。

【幸福】では、経済学者ハルベルト・サイモン
(Herbert Simon)曰く、人の決断の仕方は
「満足者(Satisficers)」と「最大者
(Maximizers)」分かれるそうです。
「満足者」は「十分に良ければOKとする」という
考え方です。一方、「最大者」は「一番ベストな
選択肢は何だ?」と考えます。「最大者」、
言い換えると、ある種の完璧主義的考えを持つ
このタイプの人の自信の度合いは小さく、決断を
しばしば後悔し、人生を楽しめません。

完璧な決断をしたいと不安に思えば思うほどに、
私達は「悪い決断をして、悪い結果を手に入れること」
を恐れる性向があるようです。

【決断のポイント】
・【友達に対するアドバイスの様に自分の決断をする】
 ―感情的になると人の決断は鈍ります。自分事では
  ないように決断すれば良いのです。
・【情報を制限する】
 ―人間の短期記憶能力では一回に7±2までの
  情報しか保有できません。比べたり、気にする
  ポイントを5つ以下に絞って、情報過多に
  なる事を抑えてみてください。
・【常識は常にやるべきことではない】
 ―「よくある」や「皆が使っている」や「何時も
  行っている」からといって正解ではありません。
  2009年に心理学者ラルフ・ハートウィグ
  (Ralph Heartwig)とイド・エレヴ(Ido Erev)が
  見つけたのは、人はここ最近起きた事に
  重点を置き、稀だが想像以上に良く起きる現象を
  殆ど決断の要因として受けいれません。状況は
  常に変化し続けるので柔軟に決断してみて
  ください。
・【小さな決断を切り捨てる】
 ―毎年やる、決断してもインパクトが変わらない、
  どっちでも良いことには時間をかけず、即決
  してみてください。(但し、毎日素早く決めて
  しまっていることの中で、実は重要である場合が
  あります。例えば、今日何を食べるか?など、
  これを変化させると健康になれます)
・【〆切をつくる】
 ―決断できていない事に、決断の〆切を作ってみて
  ください。決断してから、結果を良くする方向に
  行動し続けることは可能です。先ずは決断を
  する事を優先しても良いのです。
・【責任を取る人物を決める】
 ―決断された事柄の責任は、一人の人間しか
  取れません。例えば、会社、家族、コミュニティが
  上手く営まれる責任は、参加している
  それぞれの人物にあります。しかし、
  プロジェクトやアクションの責任は誰かが
  取らなかった場合、誰も取らないという現象が
  起きます。

【理論派VS感情派】
決断をする時、人は理論的に決断する人と、感情的に
決断する人がいます。当然、みんな両方行いますが、
人それぞれ得手不得手があります。理論的な決断は、
結果にフォーカスがあり、仕事で成功しやすいです。
感情的な決断は状況や自分の気持ちや周りの気持ちを
優先させ、日常生活に満足しやすくします。故に、
仕事場では理論的決断、自宅では感情的決断を
行った方が私達は人生を謳歌することができます。

では次の【第4章その9:アクティブプラニング】
―自分の戦略を作り、改善する―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200213_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年2月14日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う