TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第4章その3:楽々と冷静に受け止め、即座に善処する】

―受け入れる術―

「父は安定を求め、好きでもない会計士になり、
クビになった......私は好きでもない事で失敗する
なら、好きな事をやって失敗しようと決めた」
――ハリウッド俳優・コメディアン、ジム・キャリー

成功を噛みしめ、楽しみ、満喫したいならば、
自分らしくあること、他人のように振舞わない事が
大事です。その時、必要なスキルは、自分と自分の
置かれている状況を受け入れることである。

【受け入れは、あきらめではない】
受け入れるとは川の中で地面のような固体を見つける
事である。流れは常に自分が欲しい方向にあるわけでは
ない。それを認識できないからと、変えたり、対処する
ことではない。大きな自然の流れがあったとしても、
出来る事は常にあり続ける。そのように理解できない
人達があきらめる。自然災害に見舞われ「ウソだ!
これは現実じゃない」や「もう、おしまいだ」と
考えるのか、「また、建て直せば良いだけだ」と
考えるのでは、その後の動きも結果も異なります。
事実、自然災害から復興するだけではなく、それ以前
より生活が豊かになる人達は、後者の考えを持つ人達
です。

【魔法のランプの質問】
人間性心理療法で、度々クライアントに聞く質問が
「何でもできるとしたら、何をしていますか?」
です。この質問に対して、状態が悪いときに質問された
人は、「休む」「寝る」「酒飲む」など怠惰な答えを
出すことが多いようです。しかし、「身体の体調が
万全で、時間とお金の心配がないとして、何でもできる
としたら何をしていますか?」と聞くと全く違う答えが
出てきます。この質問を通して、自分はどんな人間で
あるかを発見し、自分らしくあることを上手くなり始めます。

【徹底的受容(Radical Acceptance)】
弁証法的行動療法(Dialectical Behavior Therapy,
DBT)の創始者マーシャ・リネハン(Marsha Linehan)は
不幸に見舞われた人達が以下の4つの方法で反応すると
発見しました:
1.結果を変えようとした
2.結果についての感じ方を変えようとした
3.不幸せと感じ続けることをした
4.結果を受け入れた
結果が今すぐ変えられないものだった場合、4番目を
答えたグループが最も苦悩を軽減することができた。
故に、心理学者達はこの結果から、状況が変わらないと
思うこととは異なるが、【今】すぐには変わらない
ことを受け入れる事が健康的で強い決断力を育てると
結論づけた。

【受容を拒む者たち】
アメリカの臨床心理士、カリン・ホール(Karyn Hall)
曰く、受け入れる(受容する)ことの障害は、以下の
3つが多く見られ、それらは全て解決できるもので
あると述べています。
1.誰かが責任逃れする事を許せない
a.危害を加えられ、加害者に対する怒りを持ち続ける
 こと、逆に持たなくなったら相手が大人としての
 責任を取らない事を容認している気分である。
i.しかし、怒りによって傷つくのは、自分と自分の
 周りの愛しい人達だけです。なので、別に加害者を
 好きになる必要も、罪を良しとする事もしなくてよい
 です。ただ、状況からの学びを吸収し、今の状態を
 受け入れてください。
2.受容は降伏した感じがする(負けた気がする)
a.受容する事が相手や状況が提供した事を【許可】
 したり、【正当】であると言っている気がする
i.受容と許可と正当性は別物です。時に状況は
 そういうものだと受け入れなければいけません。
 そうじゃないフリをしたりするより健康的で生産的
 です。
3.自分を守りたい
a.怒りの感情は自分を守ってくれる気がする
i.統計的にも心理学的にも怒りを保有している人が
 危機的状況で生存する確率も、闘いで勝つことも、
 健康的に生きる事もできません。冷静に状況を
 把握した人達だけが、欲しい結果を欲しいレベル
 以上に手に入れるのです。

【徹底的受容の5つの要素】
マーシャ・リネハンの理論曰く、5つの事を意識する
ことで、完全に受容ができるようになります。
1.受容とは受け入れであり、認識することである
2.受容はノージャッジメント、良いとか悪いとかは
 ない。
3.現実を受け入れることで、苦難や苦悩から自由に
 なれる。抵抗ではない。
4.その瞬間、苦痛や苦悩に耐えることは受容である。
5.長期的にはネガティブで痛い感情を受容する方が
 問題を解決してくれる。


では次の【第4章その4:辛い時の対処法】
―ストレスマネージメント―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_200109_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************




投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2020年1月 9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う