TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第3章その12:勝ちたいのか、負けが怖いのか?】

―失敗の恐怖があなたを止めている時―

「私は、自分のキャリアで9000ショット以上もミスを
した。300ゲーム近く負けた。26回、勝負を決める
ショットを任せられて、はずした。人生で私は
何度も、何度も、何度も失敗をした。それが、私が
成功した理由だ。」
――マイケル・ジョーダン

失敗をあえてしたい人はいません、しかし、結果を
出し、成功を残し、何かを達成する人は失敗の見方が
異なります。2015年にオランダとアメリカで行われた
研究(Journal of Business Venturing)曰く、
成功している起業家の多くは、失敗の恐怖が事業を
成功させるための一番の動機、理由だと述べて
います。一般的に人は、失敗の恐怖から【しない】
という選択肢を取るのにも関わらず、彼(女)らは
【あえてする】ことを選ぶのです。

心理学者は、これを「内部的物差し(Internal 
Yardstick)」と呼び、恐怖によって元気づけ
られる人達が大望を抱く人達であることを発見
しています。逆に、2010年のカナダの研究では、
失敗を恐れる生徒ほど物事を先延ばしにする
傾向があることを発見しました。

【個人的に失敗を受け取らない】
失敗に対して一定の責任を持つ事と、「失敗=私は
ダメな人間だ」と思う事は異なります。失敗への恐怖や
失敗した時のガッカリ感、怒り、フラストレーション
などが高い場合は【自分を受け入れていない】傾向が
あります。自己承認してあげてください。

【恐怖はユニークじゃない】
2016年の国際的研究(Journal of Business
 Venturing)では、心配や恐怖には共通の
テーマが存在することを発見しました。
以下がテーマとなります:

1.思考的不安
 a.自己能力:「成功するために必要な能力を私は
  持っているのか?」
 b.社会的自信:「周りからの評価は下がるだろう
  か?ステータスは、上がるのか、下がるのか?」
 c.機会コスト:「これを行っても適度なワーク
  ライフバランスを維持できるのか?」
2.感情的緊張
 a.不幸に感じる:「ストレスがかかり過ぎる!」
3.行動反応
 a.阻害的:「注意深くならないといけない!」
 b.モチベーション:「もっと頑張らないといけ
  なくなる」
 c.抑圧:「今、これについて考えられない」

これら全てが思い込みだとしたら?
現状では適切な考えではないとしたら?
解決案があるとしたら?

以下、各テーマに対しての考え方の一例です。
1.思考的不安
 a.自己能力:「成功するために必要な能力を私は
  持っているのか?」
  i.⇒そもそも失敗して能力が身に着くのが
    人間のメカニズムなので、この疑惑は
    成長できるサインを理解していることに
    なる。
 b.社会的自信:「周りからの評価は、下がるだろう
  か?ステータスは、上がるのか、下がるのか?」
  i.⇒オックスフォード大学の経済学教授曰く、
    経済的に会社や社会のためになる事は
    「妥当じゃない事をいっぱい」やる事だ
    そうです。80%【失敗】しますが、残り
    20%の【成功】が、成功すると分かって
    いる物しかやらない場合より、何十倍も
    リターンがあるそうです。つまり、失敗で
    評価が下がる環境にいるなら、環境を
    変えた方が良い。その環境は、不自然で
    あるため。
 c.機会コスト:「これを行っても適度なワーク
  ライフバランスを維持できるのか?」
  i.⇒新しい事は、一時的に常にストレスをかけ、
    スケジュール調整が必要になります。それを
    乗り越えることができれば、勝手に【適度な
    ワークライフバランス】を発見します。
2.感情的緊張
 a.不幸に感じる:「ストレスがかかり過ぎる!」
  i.⇒サポートと感情解放が足りないというだけ
    サインです。適切な方、ポジティブな友達や
    専門家に相談してみてください。
3.行動反応
 a.阻害的:「注意深くならないといけない!」
  i.⇒物理的に視野を広げてください、全体図を
    把握できていないだけです。
 b.モチベーション:「もっと頑張らないといけなく
  なる」
  i.⇒習慣化されたら、息を吸うくらい簡単になり
    ます。
 c.抑圧:「今、これについて考えられない」
  i.⇒水分を取り、寝たり、瞑想してみてくだ
    さい。すでに脳みそは、目まぐるしくその
    ことについて考えてます。

では、次の【第3章その13:負けに対応する】
―見通しを変える―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_191128_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年11月28日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う