TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第3章その10:内なる敵】

―自傷的態度を改善する―

「時にやりたい事がある、やるべき事がある、なのに
『止めた方が良い』と囁いたり、良い事があったのに
『大した事ないよ』という、そいつが小さな声だ」
――国際的セールストレーナー、ブレア・シンガー

「大したことない」
「絶対に欲しいものは手に入らない」
「達成したことがあること全て、価値がない」
こういった思考を取り除き、自分を傷つける行為を
止めることは可能です。

内なる声(小さな声)が自分を馬鹿にしたり、自信を
なくさせたり、自分を疑わせるようなものだったら、
これらは自分のスキル修得を困難にさせたり、
影響力を下げ、仕事の成功率を下げることになります。

成功したい、結果を出したい、影響力を上げたい、
伝えたい事がちゃんと伝わるようにしたいなら、
以下の事を対処しなければいけません。

【自分は有能である!と見えるようにする】
心理学では自己効力感と言われるものです。
無力感の逆であると思ってください。
しかし、ただ「私は有能だ!」と思えば信じられる
ようになれるほど簡単な話ではありません。

有能である、自己効力感がある人達の多くは、
以下の事を真実だと信じている節があります。
1.結果に対しての原因、コントロール権は私にある。
 (健康的な、罪悪感なき自己責任)
2.成功するための資源(人脈、情報、経験、資産、
 など)は既に保有している、認識できる範囲で
 私は常にベストを尽くしている。
3.つまり、失敗したならば、気づいていなかった
 既に持っている資源の何か(問題や異常、異変
 など)に気づくチャンスであり、学びの機会である。
4.故に、人生に失敗は無い、改善のためのフィード
 バックだけだ。
5.柔軟性が高い者が場を支配する!

無力感、無能であると感じている人は、逆に以下の
口癖か思考を保有しています。
1.結果は、ランダムか私にはコントロールできない
 ものである
2.貧乏だ、〇〇が足りない
3.失敗した、最悪だ、終わりだ
4.この方法・やりかた・見方・考えが絶対に正しい!
 (頭が固い)

【自分の反応に自己リフレーミングをする】
リフレーミングとは、言った事に対して異なる見方を
提案したり、異なる状況だったら意味が変わる事を
認識することです。例えば、「今の会議、下手を
打った・・・」と思ったら「良い勉強になった」、
「本当あいつ、どんくさい」と思ったら「今年の
忘年会の一発ネタかボケ役にピッタリだ!」と
思い直すことです。ポイントは、どうやったら
もっと自分に有用な考えに変える事ができるか、
ということです。

【自分を許す】
1.必要がない比較をしない
 a.例えば、ハリウッドスターに比べて私は「太っ
  てる」「不細工だ」「貧乏だ」など(自分がハリ
  ウッドの俳優、女優で、ライバルと比べている
  場合を除く)。
 b.例えば、1年目の私はこの道30年の経験がある
  上司より仕事ができない(当然、年数が足りない)
2.自分の弱さを認める
 a.心理学の研究では、「勇気=弱さを見せる行為」で
  あるとを定義づけています。
 b.完璧な人間はいない。いるとしたらフィクションや
  映画、アニメ、その他の見過ぎ、読み過ぎである。
 c.弱さを認めれば改善できるし、状況や場面が変わ
  れば強みに成り得る。
3.先ず自分の勝ちを祝い、ご褒美をあげる
 a.どんな小さなことでも、良かったら意識的に祝う。
  「良くやった私!」(頭の中で、声に出すのでも
  良い)
 b.カレンダーのスケジュールも、お金が入ってきた
  ときも、どっちも先ず自分の事を優先させる。

【自己効力感を育てる】
1.修得経験:仕事でもなんでも完成や完了を目指す。
 そのプロセスの中で学習し、スキルが上達する。
 多くの人が未完了なものを持ちすぎている(例、
 仕事、本、掃除、整理整頓など)
2.社交的モデリング:他人が問題を解決したり技術を
 習得するのを視ることで、自分が見えていなかった
 可能性を大きくする。
3.社交的説得:周りからフィードバックをもらうことに
 より、自分が得意な事、改善しなければいけない
 事を明確にする(ただし、聞く相手は慎重に決める。
 良い事ばかり言う人、問題点ばかり指摘する人、
 アドバイスしかしない人、バランスよくいう人
 など)。
4.選択肢のプロセス:どんな状況でも、選択肢はあり、
 改善できる事を認識する。設定した目標やゴールも
 変える事を良しとする。(例:1年以内にエベレストに
 登ると目標を立てたが、富士山を登ったらあまりにも
 難しい事がわかり、a)5年以内にエベレストに
 登るに変えたか、b)1年以内にキリマンジャロに
 登るに変えた)

では次の【第3章その11:インポスター症候群】
―自分のスキル、能力を受け入れる―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_191107_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************



投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年11月 7日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う