TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第3章その9:ゾーンに入る】

―ストレスを働かせる―

適正、適度なストレス量はパフォーマンスを上げ、そうでなければ、良好なパフォーマンスには
つながらない。当然、【訓練】では通常のパフォーマンス時を超えたストレスを与えなければ
意味がない。プロのアスリートや音楽家は、試合やコンサートの当日に「訓練時」と同程度の
負荷(ストレス)をかけることはない。

アメリカ人30,000人を8年間研究した研究では、実際に多大なストレスは
寿命を縮めるという結果になりました。但し、これらは「ストレスは健康に害がある」と
答えた人達だけです。つまり、そう【信じていない】人達には全く健康に対する害が
ありませんでした。

アリソン・ウッド・ブルックス(Alison Wood Brooks、2014)は実験心理学の学術誌に
こう結論づけをしています、「人はストレスフルな状況下で冷静を装うよりも、
ストレスを興奮であると定義づけし表現した方がパフォーマンスは向上する」。
これは頭の中で「興奮してきた!」と言うだけでも効果があるそうです。

ヤークス‐ドドソンの法則(Yerkes-Dodson Law)曰く、最適なパフォーマンスを
発揮するためには、適切なストレス量、交感神経への刺激が必要になります。しかし、
適正な量をどうやって把握するのか?言語的・思考的、身体的、視野的な把握手法は、
それぞれ以下の通りです。

 

アンダーストレス(少量)

適正量

オーバーストレス(大量)

言語的/思考的

「暇だ」「飽きた」「気持ちいい」「ああ、いいな」などを言ったり考えたりする。

「今日も頑張った」「今日は生産的だった」「いい感じ」などを言ったり考えたり、又は全く無駄な思考が無い状態。

「忙しすぎる」「時間が無い」「辛い」「キツイ」などを言ったり考えたりしている。

身体的

副交感神経が刺激されているため、身体の筋肉は全体的にリラックスしていて、重みを感じる状態。

筋肉が柔軟でありながら瞬発力もある状態。何時でも動ける状態にあり、身体全体に活力がある状態。

交感神経が刺激されているため、身体の筋肉に緊張が走り、ケイレンしたり、風邪や病気がちに成っている状態。

視野的

視野が極度に広がり、何にも焦点があっていない状態。ボーっと何かを眺めている状態。

中心に焦点があっているものの、周辺全体が見えている状態。(観の目、ゾーン、ハカラウと呼ばれる視野の状態)。

視野が狭まり、中心視や有効視と言った、真ん中周辺しか見えていない状態。物や人にぶつかったりする経験があるために分かる



【ストレス予防法】
神経学者ダニエル・レヴィティン(Daniel Levitin)はプリモータムを行う事を
推薦している。何が起こり得る最悪な状況なのかを考え、どんな間違えが起こり
得るか考え、それらに対して、予防、保険、やダメージコントロールを行う事で
ストレスを減らす事ができます。脳科学的にはストレス時には記憶脳の能力が
低下するので、そういう時に必要な情報は全て、データ化する、メモを取る、
持ち運ぶ、クラウドに保存するなどして、何時でもアクセスできるようにする事も
大事だと語っています。

【吊り橋効果】
1974年カナダで行われた有名な研究です。心理学者のドナルド・ダットン
(Donald Dutton)とアーサー・アーロン(Arthur Aron)が刺激の誤認識を橋を
通じて証明しました。しっかりした橋を渡った男性とボロボロの橋を渡った男性、
それぞれに女性がアンケートを頼み、電話番号を渡すという実験です。結果、
ボロボロの橋を渡った男性の多くが女性に電話をかけたというものです。
ボロボロの橋を渡った恐怖心を相手に惹かれていると勘違いしたのです。つまり、
身体の興奮状態は状況と定義づけでいかようにも操作できます。

あなたが感じているストレスがしっかりと適正値を保てるように、今日から
「興奮してきた」と言ってみるのはいかがでしょうか?

では次の【第3章その10:内なる敵】
―自傷的態度を改善する―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_191031_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:http://bit.ly/ahnsemista

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたい方は、
上記リンクのイベントページより日程や詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年10月31日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う