TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第1章その16:間違いから学び続ける】

【第1章その16:間違いから学び続ける】

―釣り合いを保つ―

 

「真ん中を狙っても当たりはしない。何本か射てみて、弓矢のクセを把握する。そうしたら、どこを狙えば当たるのか、分かるようになるよ」―アーチェリーインストラクターからの助言

 

心理学の分野に、アーチャーズ(射手の)パラドックスというものがある。

これは、矢が空中で曲がり軌道を変えてしまうため、中心に当てたい場合はそれを計算に入れて、狙いを若干外さないといけないことにある。

 

【間違えることは、的を射るための必要なプロセスである】

 

その上で美術歴史家サラ・ルイス(Sarah Lewis)は、成功(サクセス)と習熟(マスタリー)は違うと彼女は言います。成功は一度でも真ん中に当てる事、習熟は何度も真ん中を当てられる事を言います。何度も「成功」を重ねられるようにするには、間違いを重ね、間違いを把握できるようにならないと、いけないのです。ルイス曰く、多くの芸術家は、現在価値を評価されている美術品に、満足していなかったそうです。彼(女)らの習熟度が上がるにつれて、自分の美術品を、批判的に見れるようになっていったのです。

 

【「上手くできていない」、「間違えた」と考えるのは、成功に近づいているからである】

 

バックミニスター・フラー(Buckminister Fuller)博士は、人も歳差運動(プリセッション)によって行動している。歳差運動の分かりやすい解説は、池に石を落としたら波紋が発生します。これは、常に90度の角度で発生します。その上で、この90度の角度で起きる現象が、トゥルーパーパス(真の意味)だと、フラー博士は言います。例えばミツバチは毎日、蜜を集めに行きます、その90度で受粉という結果を発生させて、この地球に草花を多く作ってくれます。受粉自体がトゥルーパーパスなのですが、これにハチが気づく事はありません。人間は考える事が出来るため、元々の目的とは違って発生した現象にこそ、意味があると認識しなければいけないのです。多くの発明品は失敗や間違いから発見されています。

 

【間違いの90度で意味あるものが発生している、元々の目的を達成できなくても、より良い結果が発生している】

 

但し、気づくためには、私達は自分達の脳みその性質を把握しなければいけません。

次のリンクの動画で、白いTシャツを着ている人たちが、何回バスケットボールをパスしているか、先ず数えてみてください。

https://youtu.be/vJG698U2Mvo 

 

面白いことに、もしバスケットボールのパスの回数が私達の目的だとしたら、数え間違えた事に悲しんだり、批判的になったりします。それ以上に、多くの人は真ん中に突如現れるゴリラに気づけないのです。いや、私気づいたよ!という人がいますが、例えば後ろの英文字はなんでしたか?ジーンズを履いてるプレイヤーの数は?靴の色の種類は?と、何か気づけないものがある事を、指摘する事ができます。明らかであり、視野に入っていたにも関わらず、これに気づけない性質を人間は持っています。

 

【得たい結果や間違いだけに囚われず、視野を広げたら、もっと良い結果やチャンスに気づけるかもしれない】

 

そもそも、間違いは学ぶ機会であり、成果に近づいているサインであり、想像以上の結果をもたらしてくれるものです。見方を変えて、気持ちを変えて、全力で結果を掴もうと頑張った時に起きる間違いを、喜んで受け入れてください。間違えた瞬間、「何か良い事が起きたはずだ!」と周りを見渡す事を忘れずに。

 

次から第2章に入っていきます。

2章は自分から始める、ポジティブ心理学と信じる力

 

では次の【第2章その1:周りを満たす】

―人生の全体図―

でお会いしましょう。



*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

【マインドライフソリューションズのfacebook page 】
Neuro Marketing のビデオや最新セミナー情報などが見れます。

販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたいかたは以下のリンクより日程確認及びご参加できます:

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年5月30日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う