TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

第1章その12:性別でのチャレンジ

【第1章その12:性別でのチャレンジ】

―家と仕事、期待される役割の違い―


 現在は、殆どの方が両働きをするのが当たり前の時代になりました。しかし、昔ながらの職場では男性が仕事して、女性が家事をするという世界観で作られています。そのような職場では、男性と女性が同じ行動をしたとして、男性は自信にあふれていると表現されるのに、女性は耳障りや不快だと表現されるようです。では仕事場で大きな志を持つ女性はどうしたら良いのでしょうか?

 

女性の多くはパート、日雇い、派遣などの不安定なキャリアを取る事が多く、妊娠・出産に伴った休みや、家族が風邪や病気になり面倒をみることで、仕事を抜けなければならない場合があり、結果、やりたい仕事や立場に成れない事が多いのです。(当然、家族と話し合ったり、パートナー選びを正しくやり、それをサポートしてくれるパートナーや家族を手に入れていれば問題は発生しません。)

 

それでも主観的に男性は、討論や会議の時に女性が全体の15%しか喋っていなかったら平等な会議と見て、30%を超えたら女性が会議の主導権を握っているとみるようです。主観的に女性の方が会議や討論の平等性や公平性には的確だそうです。

 

女性は仕事場でも家でも、いまだに「沈黙」に比べられます。

発言を求められるのに、発言すると「ウルサイ」と言われる謎がいまだにあります。

 

企業はこれからも女性の雇用者が増えてくると考え、それに適切な文化を作っていかなければいけません。その上で女性の雇用者は将来起きる問題に事前に対応しておかなければいけません。そこで以下に、研究で発見された女性雇用者のチャレンジに対して、経営者と雇用者の解決案を述べます。

 

(前提:昔ながらの企業文化の会社で働いている場合)

①適応性―女性雇用者は言った通り行う人間だと期待されています。なので、素直に命令に従っているフリをして、自分が得たい事を得なければいけません。

経営者―緊急時でもなかったら、全員の意見を含んだプランを取ります。従業員全員をヒーローにして、ワンマン経営を避けるようにする。

 

②妥協―家族イベントを優先して企業イベントに参加しない時もあるでしょう。つまりは機会、チャンスを失っている事を知っておかなければいけない。

経営者―家族を含む会社のイベントを開催する。子供や赤ん坊を連れて来てもよいイベントを開催する。

 

③巧みに操るー好ましい人間であることを女性は求められます。それが何なのかは身をもって学ぶことになります。

経営者―コミュニケーション方法の研修を全員に取り入れる。互いにありがとうと言い、貰い合う環境を作る。

 

④欺くーもし仕事場が個人的約束を重要視しないなら、認められる言い訳を言わなければならない。

経営者―なんであったとして、その人が重要視することができるような会社を作る。「社員をサーフィンに行かせよう パタゴニア経営のすべて」(参照)

 

⑤説明するー女性から出来ない!不可能ですと言われた方が納得する上司がいたりします。つまり、誰かを止める役目が女性としてあると覚えておいてください。

経営者―リアリスティックで分析的な視点は女性の方が分かると知ったうえで、会議には絶対、女性を入れておくと覚えておいてください。

 

⑥ネットワーキングー昇進に繋がり、転職に繋がるものの多くはコネである。人脈を作る事は財産だと思ってください。特にネットワーク科学を良く理解して、「HUB(ハブ)」と呼ばれる顔の広い人(別に上位の役職とは限らない)と良好な関係を作ってください。

経営者―別の部署が互いに知り合えたり、協賛している会社との交流会を頻繁に行う。

 

⑦抵抗―クビに成る可能性はあるものの、「断る」勇気は必要です。そんなことでクビになるなら別の職場に行った方が良い。

経営者―雇用者からの許可が手に入らない理由は自分との信頼関係が足りず、やる理由の説明が足りないからです。断れた=尊敬や忠義心が足りないわけではない。苦言を言ってくれるアドバイザーや参謀を意識的に入れる。

 

⑧オプト・アウト(身を引く)-価値が無いと思ったら撤退しても構わない。撤退も戦略の一つです。夢に前進することさえ諦めなければ良いです。だからと言って障害から逃げるわけではないです。選択肢を渡されたとき、良い案件ではなければ、コストが高過ぎたら、やらないという選択肢でも構いません。多くの高い地位は労働時間の増加を求める事が多いです。

経営者―重役や幹部には仕事の効率の良さを求めてください。結果で計ってください。決して労働時間に対して対価を払っていると思うの止めて、結果に払う。

 

では次の【第1章その13:小さな一歩】

―プログレスにフォーカスする―

でお会いしましょう。


*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

【マインドライフソリューションズのfacebook page 】
Neuro Marketing のビデオや最新セミナー情報などが見れます。

販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたいかたは以下のリンクより日程確認及びご参加できます:

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年4月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う