TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ98

「・・・さすがダディさん。後世に語り草の良いオチを作ってくね。・・・私には暖かい「家族」とはどういうものなのかを、体験させてもらい、教えてもらいました。感謝しています。」―「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」著者、大森健巳

【その七、笑愛:新しい人に会ったなら一度は笑わせてから帰ってこい】

笑顔と、笑顔にさせてあげられること、これが最も大きなギフトになる。
特に愛する人にそれをする事ができるなら、私は大成できているのだろう。

「学校どうだった?」
父(通称:ダディさん)が突然、帰宅後に聞いてきた。もしかしたら、親というのはこの質問をしないといけない性分なのかもしれない。
「普通に良かったよ」
「普通に良かったってどういうこと?」
「友達と飯食べて、先生の話を聞いて、遊んで」
「・・・で、オチは?」
小学一年生の私に父は、「オチ」を要求したのでした。

明治大学落語研究会に入っていた父は、何かと話に「オチ」を要求しました。
小学校に入り、九九を学ぶ前に、私は「フリ、ネタ、オチ」を知り、それを会話の中のマナー(礼儀)としていました。父は、人生を楽しむエッセンスとして私や私の姉にこれを教えたのだと思います。

そのうち、いつだったか定かではないが、遠藤家の家訓に
「新しい人に会ったなら、一度は笑わせてから帰ってこい」
というのが勝手に足される始末。

私達が家族仲良く、多くの友人を持つ理由も、この普段の笑いにあるのでしょう。
いろんな人間関係の軋轢さえも、吹き飛ばすのが笑いです。
笑いを要求してはまずい雰囲気、やるのが恐れられる状況、スベる危険性を孕む場所であったとしても、父は気にせず笑いを取りに行っていました。

冠婚葬祭、家族旅行、家族喧嘩、酔ってようが素面(しらふ)であろうが、
朝でも夜でも、いかなる時も笑いを取りに行く姿勢はプロフェッショナルでした。

そんな父に育てられる私も、
何かとフリなのかを探り、ネタなのかを疑い、オチを着けたくなる性分になってしまいました。
例えばセラピー/カウンセリングの時、相手が「私、鬱なんです」と言ったら「ユアーネーム、イズ、ウツ、ミス・ウツ、ナイストゥーミィートュー」とか返答してしまったり。
「先生、彼女が私の話を全く聞かないんです!」と言われたら「宣誓!話を全く聞かない人を他人と言います!そもそも、彼女である証拠はあるんですか!?」と言ってしまう。

ビジネスの場面でさえ、同じようにツッコミを入れたくなる事が多々あるのですが・・・
それを堂々と、恐れずに言っているのがコンサルタントとして成功している理由なのかもしれません。
誰もが分かっている問題を、気分を害さない方法で、当事者を責めないように表面上に笑いを使い明らかにするのが特殊なようです。

その上で、父が常に大事にした事が、笑いに「愛」を入れる事です。
人を非難したり、否定したり、見下さないこと。
他人を馬鹿にして笑いを取るくらいだったら自分が馬鹿になるというものでした。

結果、誰もが聞いていて気分良く、受け入れられている感覚を作る。
そんな、笑い、「笑愛(わらいあい)」をして暮らしてみてください。

笑う門には福来る。
大成するのに必要な要素が辛いときほど、笑えば福があなたの周りにも集まってくるでしょう。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
2019年1月8日火曜日に、父の四九日(七七日)の法事を行いました。
親族、親友を含む小さな法事でしたが、やはり笑顔と笑いに溢れるものでした。

ブログ:あなたが大成するまで残りー1分も98回となり、残り2回の100回目を終えたら。
方向性を変え、もっと成功の心理学に近づいた内容になりますので、ご期待ください。

父の学びの追憶するために書いた7回分のブログお付き合いいただきありがとうございます。
引き続き遠藤K.貴則のブログを応援してください。

―2019年1月9日水曜日、遠藤K.貴則

*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

【マインドライフソリューションズのfacebook page 】
Neuro Marketing のビデオや最新セミナー情報などが見れます。

販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたいかたは以下のリンクより日程確認及びご参加できます:

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年1月 9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う