TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

誰にでも伝わる言葉とは?

こんにちはインターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

私達の言語には、視覚的な言葉、聴覚的な言葉、
体感覚的な言葉があり、個人により反応しやすい系統の言葉があります。

例えば、視覚的な言葉とは、
「見えました」
「話がよく見えない」
「明瞭に理解した」
「これで問題がクリアになった」

と、まるで見ているような表現をします。

聴覚的な言葉とは
「聞こえました」
「よく聞こえない」
「響かない」

といった表現をします。

体感覚的な言葉とは
「飲み込めた」
「つかんだ」
「納得がいった」
「重い」

という表現をします。

どの言葉であっても、日本語ですから意味は理解できます。
しかし、同じ事を言うにしても、
人により感覚がフィットする言葉が違うのは興味深いですね。

あえて、3つの表現をすると

1.よく周りの人の話を「観察して」下さい
2.よく周りの人の話を「聞いて」下さい
3.よく周りの人の話を「感じ取って」下さい

何気なく使っている言葉から、
その人がどの感覚が優位なのかが分かるはずです。

omori_181226.jpg

この話をすると、よく聞かれる質問があります。

「では、プレゼンテーションをする時は、
どのタイプに向けて話したら良いのでしょうか?」

というものです。

不特定多数の人がいる場合、もちろん感覚のタイプがバラバラ。
これでは、ある感覚だけに偏った話し方をしていたら、
置いていかれる人が出てしまいます。

たまに、
「その場の様子を見て、視覚が多かったら視覚にする」
などと答える講師を見かけますが、本当にやれているのか怪しいと思います。

実はオールマイティに通じるものがあります。

この話し方は、どの感覚優位にも影響されずに伝えることができるので、
覚えておくとよいでしょう。

内的な対話で使う「聴覚デジタル」と呼ばれる言葉があります。

「気づく」
「分かる」
「動機づける」
「挑戦する」
「改革する」

このような言葉は、特定の感覚にアクセスしません。

つまり、不特定多数の人に向けて話す時には、
デジタル聴覚と呼ばれる言葉を多く使うことで、話がよく伝わるようになるのです。


アウトスタンディングな人生を。

--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2018年12月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う