TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

海外でのセミナーで注意をする9つのこと

こんにちはインターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

先週はタイで初となる私のセミナーを開催しました。

10_23_1.jpg

セミナーは逐次通訳で行われましたが、
満足度も高く、二日間のセミナーが終わった頃には皆さんしっかりと、
私の提唱する交渉学の基本を得ていただきました。

最初はついて来れるのか心配をしましたが、
クオリティ的にも日本で行うのと、
ほぼ変わらないものを提供できました。

今回の参加者は、全員が実業を持っていて、
ビジネス規模もそこそこ、中には海外展開も行っている方もいたため、
優秀な参加者だったのだろうと思います。

ありがたいことに参加者の何名かは、今月と来年、
私が日本で開催するイベントにも、
タイからやって来ると言ってくれました。

また、タイのテレビ出演の話も進んでいますので、
セミナーの反響は良かっのだと言えます。

今回はどのようにタイイベントを成功に導いたのか、
特に私が注意した9つの点をお伝えします。

1.現地の文化を理解すること
2.タイ人の気質や価値観を理解しておくこと
3.タイ語をなるべく使うこと
4.様々な国での事例を出して説明すること
5.非言語での表現を豊かにすること
6.通訳者の品質にこだわること
7.主催者やスタッフからのフィードバックを細かくうけること
8.会場設定を任せっきりにせず、自分の目で確かめること
9.尊敬と感謝の念を持って接すること


1と2は、聞き手を理解することです。

相手の理解は、日本でも当然やる必要があることですが、
海外の場合、思わぬ文化・習慣の違いに驚くことがあります。
特に私の場合は、セミナー中に、参加態度や心構えの部分で、
強く参加者を叱る場面も出てくるので、
失礼の無いように、ことさら慎重に行う必要があります。

3の「タイ語をなるべく使うこと」
これは、つたない言葉でも、言い間違っても、
その国の言葉を話そうと努力する姿勢が大事です。

私はお決まりの儀式的な場面では、タイ語を使うようにしました。
ここは、多少間違ってもご愛嬌です。
一方、コンテンツの説明は日本語で、すべて通訳者にまかせました。

4の「様々な国での事例を出して説明すること」
コンテンツを普遍的な法則として理解をして欲しいので、日本とタイの事例だけでなく、アメリカやイスラエル、中国といった複数の国の事例で説明をしました。

5の「非言語での表現を豊かにすること」
ニュアンスは言葉よりも、話す様子や声の調子の方が伝わります。

面白いのは、日本語の「ありがとうございます」は、
タイ人が理解できるということです。

なので通訳者が、その部分を抜かして訳そうとしたので、
私はあえて通訳者に「コップンクラッ(ありがとうございます)」を、
毎回訳してもらうように依頼しました。

なぜならば、スピーチにはリズムと間が大事だからです。
これも非言語の大切な部分となります。

6の「通訳者の品質にこだわること」
通訳者は超重要人物です。
通訳者の言葉のチョイスひとつで、全く印象が変わってしまいます。
今回、通訳をしてくれた人は、アンソニー・ロビンズのセミナー通訳をしている人でしたので、ベストな人材でした。

7の「主催者やスタッフからのフィードバックを細かくうけること」
は、参加者は、外国から来た講師に失礼の無いように、ニコニコして頷いていたとしても、内心では違う可能性があります。
どういう印象なのか、どう受け取ったのか、
中立の立場の意見と、個人的な意見の両方を教えてもらう必要があります。
主催者は立場的に分からないことでも、スタッフの目線であれば、見えるものがあります。
それにより、リアルな生の反応を手にすることができます。

8.「会場設定を任せっきりにせず、自分の目で確かめること」
何度もやっている会場だから大丈夫だ。と言われても、鵜呑みにしてはいけません。
私は必ず自分の目で確かめます。
今回も、集中力の邪魔になる場所に、スタンドタイプの旗があったり、
椅子にかけてある白いクロスが、一部汚れたものが使われていたり、
左右逆に縁台が置かれていたりと、細かくいったらキリが無いくらいオーダーとのズレがありました。
スタンダードが違うので当然です。
たとえ映像や写真で送ったとしてもズレるものです
なので、必ず自分の目で確かめる必要があるのです。

9.「尊敬と感謝の念を持って接すること」
違うから面白い。違うからエネルギーが生まれる。
違いをどれだけ楽しめるのか。
こちらが、尊敬の念を持っているのか、感謝の念を持っているのかは、
雰囲気ですぐに伝わります。
違う文化や習慣にリスペクトをすることで、日本の文化や習慣にもリスペクトをしてくれます。
そして、お互いの信頼をつないでいくのです。

10_23_2.jpg

講師だから、コンテンツを話すだけで良いというモノではありません。
このようなポイントを行うことにより、大成功となったのです。


アウトスタンディングな人生を。


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------


投稿者:大森健巳|更新日:2018年10月23日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う