TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ86


【お金は汚染されている】―経済学者リチャード・ダンカン
【金持ちはマネーのためには働かない】―著者・ロバート・キヨサキ

「お金持ちに成りたいですか?
だったら、お金について詳しくなる必要があります。
皆さんが働いているのはお金ではなく通貨ですから」―Dr.遠藤K.貴則

私が子供のころ、駄菓子屋がまだ残っていました。
私は100円玉を片手に、ワクワクしながら行きました。
何故ならそれで5個から20個の駄菓子が買えたからです。

これを母に言ったら、彼女が子供の時は10~20円でそれだけ買えたと言っていました。
何銭という単位が、まだ株式市場や外資取引だけでなく、日常で使われていたころの話です。

それを聞いた私は子供として、何故そうなるのかが気になりました。
何よりその時代だったら、100円玉持っていたらどれだけ買えただろうと夢見ました。
と同時に、じゃあ今のうちに買っておくかと思いました。

それが本当なら、私の握りしめていた100円玉も何時か価値が薄れてしまうからです。
知ってか知らずか、若干はき違えている気もしますが、子供のころ、父は常に「金のために働くな」と私に言っていました。

あなたは小学校で「金」という漢字を学んだころを思い出せますか?
それを学んだ時、わたしは何故100円玉を「金」でもないのに皆「金」と呼ぶのかが不思議でたまりませんでした。同じく「銀」を預けていないのに「銀行」というのも何なんだろうと?

この時、もう少し考え、質問すればもっと早く金持ちに成れた気がします。
しかし、その謎が解けるのは十数年後、現在の師匠達に会った時でした。
ロバート・キヨサキ氏、ブレア・シンガー氏、マット・ジェームズ博士、皆それぞれ素晴らしいビジネスを持ち、投資家としても成功していた彼らが口々に言ったのが、お金の概念をしっかり理解しろという事でした。

ロバート・キヨサキ氏は、現在の「マネー(MONEY)」と呼ばれているものがその定義を大きく変えたのは、1971年にニクソン大統領が「ゴールドスタンダード」から「マネー」をした時だ、と言いました。
1971年より前は、「貨幣」を銀行に持って行ったら「金」と交換してくれていたのですが、現在はその定義がありません。
故に、政府は好きなだけ【借金】をしてお金を刷り、日々その価値は減少していく一方です。
何より、市場のお金の殆どが「借金」です。
故にダンカン氏は「お金は汚染されている」と言っているのです。
元々の定義の「金」から遠く離れたもの、羊頭狗肉の状態が現在、それが正義だと言わんばかりに各国で行われているのです。

キヨサキ氏は「金と銀だけが神の金(ゴッズ・マネー)だ、法定紙幣(FIAT)は政府の金で、仮想通貨は人々の金である。」「お前は誰のために働く?神か政府か人々か?」
故に彼は一般的に言われる「お金(貨幣:マネー)」のためには働かないと言います。

それでも、ある程度はそのマネーを稼がなければいけない。
それなら、それが発生する瞬間を作れる人物でなければならない。
マネーの必要性が発生するのは「交換時」だけである。つまり商品やサービスとの交換を行う瞬間、「セールス」と呼ばれる事が発生する時だけである。故に「セールス=収入」、セールスこそが唯一最も自由に生き残るのに必要な技術であると、ブレア・シンガー氏に教わりました。

そして、マット・ジェームズ博士は「通貨(Currency)」は元々「Current(流れ)」という言葉から来るように、貯めずに、別の所に流して、人のために動くこと、働かせることによって増えると私に教えてくれました。

全員の教えを纏めると、
「セールスを行い銀行や投資家から借金(マネー)を手に入れ、
それを人々のためになる場所で働かせて(投資)、
得た不労所得で神の金(金と銀)を買い、貯蓄して、
使う分だけの人々の金(仮想通貨)を買う(かそのテクノロジーに投資する)」
という方程式になります。

これが金持ちになる、道筋になります。
故に第1ステップのセールスの本を私は書いたのです。

これらを知って、あなたはまだ【偽物のお金】のために働いてそれを貯めますか?
2才児の私の娘が大人になるころには、100円玉で駄菓子は1つも買えない状態になっているでしょう。

*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

【マインドライフソリューションズのfacebook page 】
Neuro Marketing のビデオや最新セミナー情報などが見れます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたいかたは以下のリンクより日程確認及びご参加できます:

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2018年10月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う