TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

聞き手を笑わせるには?

プレゼンをする時に、
だいたい先が読めていることや、
決まっていることの繰り返しされると
聞き手の脳は飽きてしまいます。

単調なものや、義務感、興味がそれている時は、
いくら話しても内容は素通りします。

話術が匠であれば、相手の様子を見て、
適度にジョークや笑い話をはさみながら
興味を惹きつけることができます。

omori_180612.jpg

なので、笑い話があったり、ユーモアがあると
興味を持って話を聞いてくれるわけです。

実際、笑うと脳が活性化して意識がはっきりとします。

子供の頃の授業を思い出したらわかると思います。
興味深い授業をする先生は、
教科書通りというよりも、
その先生の体験談が面白かったり、
笑いが起こっていたはずです。

ただしこれは、高等な話術なので、
なんの練習も無しに闇雲にジョークを言っても、
白けるだけです。

私も以前は、自分では面白いと思っていても、
いざ話したら、会場がシーンとなることだらけでした。

身内ならば、おこってた笑いも、講演会で初めての人を相手にすると
誰も笑いません。

一体何故、相手が笑わないのかが分からず、
笑いの仕組みと技術を研究することにしました。

漫才、落語、コント、フリートーク、コメディ、喜劇
日本の笑いと、欧米の笑いの違い、
などを学ぶうちに、だんだん笑う仕組みがわかってきました。

センスもあるのかもしれませんが、
何年もかかって、ようやく爆笑が起こるようになったのです。

プロである芸人さんたちは、
その技術を10年くらい探求しても、
若手ですと紹介される世界ですから、
実は「笑わせる」のは結構なハードルがあります。

そんな技術が無くても、相手の興味を引いておけないものか?

そんな時にパワポの中に、
ちょっとした遊びを入れておくワザがあります。

それは、どうするのかと言いますと、
1枚だけ面白いスライドを入れておきましょう。

例えば、変な表情をした赤ん坊や、猫の画像などが鉄板です。

このワザは、事前にスライドを提出して了承を取るような、
相手の場合は、TPOを考えて避けておいた方が無難ですが、
大抵は問題なく使えます。

話の流れと関係なく、突然、そのスライドを映します。
一瞬、何が起きたのかわからずシーンと
なりますが、誰かがスライドに気づいて笑うと、
それにつられて、下を見ていた人も思わず前を向いてスライドを見ます。

自分は、スライドについては、
一言か、あるいは何もふれずに、
そのまま何事もなかったように話を続けます。

すると、相手は次はいつ変なスライドが出るのか気になり、
脳が活性化され、話を聞こうと意識が向けられます。

ある先生は、プレゼンの冒頭でいきなり女性の写真を映して一言
「ボクの彼女です」
といって、次から普通にプレゼンテーションを始めました。

その後、二度とその話題にはふれませんでした。

何年たっても覚えているくらいインパクトがあります。
しかし、これもTPOをわきまえて使いましょう。

過ぎたるは及ばざるがごとしです。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2018年6月12日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う