TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ⑪

「怠惰な脳みそに支配され続ける限り、
成功の余地はない。」―遠藤K.貴則

誰もが自分の思い描く、成功や幸せを掴みたいと思っています。
目標は達成したいし、成りたい自分もあります。

その、重要なカギとなるのが【習慣】であると、どんな自己啓発系統の本も講義もいっています。

「意思が決断を促し、決断が行動を促し、行動が習慣を作り、習慣が人格を作り、人格が運命を左右する」と言われています。

しかし、誰もが習慣化に失敗するのは、常にシステム①という怠惰な脳みそが我々を支配し、システム②という長考する脳みそになっていないからです。(詳しくはノーベル賞受賞者のダニエル・カーネマン博士を調べてください)

 

講義や本でも語るのですが、このシステム①の脳みそが私たちの日々の決断をコントロールしています。それは怠惰でいつも通りを好む習性を持っています。

今までやっていたやり方を素早く選択して、考えもせず行ってしまうのです。

つまり、「早起きしよう!」と考えても、システム①の脳みそは遅く起きるのに慣れているために、新しい選択をとろうとしません。

対処としては毎日意識的に何をやるかを考えるという事を続けなければいけないのです。
具体的には6週間前後続ければ新たな習慣がつくと言われています。

しかし、決断力は脳の力を使うので、決断の回数が多ければ多いほど、起きてから時間が進めば進むほど弱くなります。

人々が妥協しはじめるのも午後から夜にかけてが多いのもその結果です。
朝一に昨日決めたダイエットをいきなり「やめる!」とは言わないのです。

故に、朝一に自分が今日やろうと決めている事を確認し、
一日の決断の回数を減らすのが大事になっていきます。

つまり、実は朝一で何をやるかよりも、昨晩つぎの日のための準備をちゃんとやったかどうかが成功の鍵になります。

例えば、朝に運動するなら運動着で寝るとか、
出勤用のカバンの中身を整理しておくとか、
着る服を事前に決めておくとかです。
寝る前に何時に起きる!と脳に伝えるなど。

夕方になればなるほどシステム①の支配力は強まりますので、
新しい事をするなら起きてすぐと覚えておいてください。
そして、6週間は続けないと習慣にならないことも覚えておいてください。

**********************************
販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
info@mind.life
**********************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年4月19日

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う