TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に脳科学マーケティグを用いたセールス方法についての書籍を出版予定。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
2017年4月には自身初の書籍が出版される。

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (56)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「 わかりやすくて困る人はいない」という話。

2017年2月22日、
江戸川区の小学校で、3年生を対象に特別授業をしてきました。

全国の保健室の先生が読む『健』という専門誌に、
発達障害に関わる記事を連載してきたことから、
保健室の先生からいただいた企画でした。

3クラス、100人近い小学生。
年齢は9歳とのこと、確かちびまる子ちゃんと同い年です。

障害がある方や、高齢の方など、
様々なコンディションの方が講演会にいらっしゃるので、

「わかりやすいように」ということは、
普段から気をつけていますが、

まだ習っていない漢字が読めなくて困ることがないように、
資料をは全て書き換えて、
楽しく学べるように工夫をしてみました。


「クラスに障害がある子がいても、
自分たちと変わらないということが理解できるように。」

・・・という先生の願いがありました。

クイズ形式にして、こんな風に聞いてみました。


・頭がいたい

・ねぶそくでだるい

・服が苦しい

・わすれもの

・かたづけられない

・友だちとケンカ


「こんな経験を1度でもしたことがある人?」


もちろん、全員どこかでは手があがります。


みんなが困るのは時々かもしれないけれど、

発達障害者は、毎日のように、
こうしたことで困っているのですという説明で、

よくわかってもらえたようでした。


私自身、
小学生の頃に見聞きしたことはよく覚えているのです。

ですから、人の記憶に長く残ることをよく考えて、
普段以上に慎重にお話ししました。


子どもたちの反応はストレートで、
とても話がしやすかった。

興味を持てば騒ぐし、
わかれば納得した顔をします。

先生の指示はよく聞けていて、
騒いでもしばらく待てば、静かになります。

何を考えているかがわかりやすいのが、
空気が読めない私にはありがたいことでした。


子どもたちへの授業の後は、
保護者と先生方への研修でしたが、

子ども用のスライドをそのまま使いました。

「お子さんが見たものをそのまま見て、
家で是非話し合って見てください。」と。

わかりやすく、簡単に書いても、
しっかりと理解を得ることができました。

むしろ、このくらい噛み砕いた説明が難しかったので、
今まで困ることが多かったのではないでしょうか。

わかりやすくて困る人はいませんが、
難しくて困る人はたくさんいます。

小学生に通用することがわかったので、
今後はぜひ、子ども相手の講演をたくさん受けたいと、

新しい希望を持って帰ることができました。

azu_5601.jpg

私の作る資料は、
初めは視聴覚障害者のために字幕様になり、
ついに子ども用に進化しました。

azu_5602.png

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年3月 3日

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う