TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

一流の人が実践している自分を変える50のメソッド【井上裕之ブログ】第42回

時計の針を5分進める

あなたが身につけている腕時計、家に置いてある時計、あるいは職場にかけられている時計はいつも時間どおりピッタリ正確でしょうか。そう聞かれて、「YES」と答えた人は、残念ながら、一流のビジネスパーソンではありません。あえて断定しますが、あなたは、ごくごく普通のビジネスパーソンにすぎません。

時間に正確。そういう意識が徹底するのはいいことなのですが、それだけではダメなのです。当たり前のことをしているのにダメ出しされるのは、納得いかないかもしれませんが......。

時間に正確に行動することはできて、当然のことです。一流のビジネスパーソンはみなそうしています。それに加えて、彼らは行動が速い。その秘訣はどこにあるかというと、常に前もって時間よりも早く行動していることです。冒頭の質問に対して、一流のビジネスパーソンなら、こう答えます。
「いえ、私の時計は合っていません。5分早く進んでいます」

5分前に行動する。それが、一流のビジネスパーソンのあり方です。人より先に行動して、人より早く終わらせる。いつもテンポよくスピーディーに仕事をこなせていられるのは、時計の針を5分早く進めているからです。

前もって行動するようになれば、連鎖的にそのほかのすべてが変わっていきます。たかが5分ですが、されど5分です。1日単位、1週間単位ではその差は感じられないかもしれませんが、おそらく1カ月もすれば、5分早く行動するか・しないかの違いは、圧倒的なアウトプットの差となって表れるはずです。

時計の針を5分早めることには、有形無形のメリットがあります。それは、次の2つです。

1つは、余裕を持てる。常に早め早めに動くので、「ヤバイ。このままでは間に合わない」と慌てたり、走って約束の場所に駆けつけることがなくなります。約束の時間に遅れることもありません。

たった5分早く行動することで、精神的に余裕を持てるようになるので、はたからは「あの人はいつも落ち着いている」と見られるようになります。あなたの印象が自然によくなっていきます。言い換えれば、信用がつきます。

もう1つが、仕事の質が上がる。スタートが早いので、たとえほかの人と同じことを同じ量だけこなしたとしても、当然のことながら早く終わらせることができます。その余った時間を見直しやチェックにあてれば、「不備がないか」「もっと工夫できるところはないか」考えることができます。その改善しようとする思考習慣が、5分早く行動することで身につきます。

毎日毎日、改善する思考をして、それを実際に行動に移せば、仕事のクオリティーは格段に上がります。1カ月もすれば質がグーンとアップして、その他大勢とは明らかな差をつけることができます。

同じような仕事をしていても、ほかの人とはクオリティーに違いがあるので、上司からも「あいつはきちんとしている」と評価するようになります。やがてあなたには、大きい案件が回ってくるようになり、そこできちんと結果を出せば、次々と重要な仕事を任されるようになります。

一流のビジネスパーソンと言えども、最初から飛び抜けた存在だったわけではありません。その他大勢と一緒の横並びのスタートでしたが、人より5分早く行動することを徹底しているうちに、いつの間にかほかの人が追いつくこともできないくらい差を広げていきました。そのきっかけは、「時計の針を5分早く進める」ことでした。

時間どおりに行動するのは当たり前のことです。ただし、それは守るべき必要最低限でしかありません。また時間どおりに行動するだけでは、その他大勢から抜け出すことができません。成果を出そうと思うのなら、それ以上のことをしなければならないのです。と言っても、特別なこと、苦痛になるようことをする必要はなくて、たかだか5分早く行動するだけです。

時計の針を5分早く進める。それだけで意識が変わります。続いて行動が変わります。やがて成果が表れるようになります。

もしあなたがすでにリーダー的存在だとしたら、思い切って職場にかけられている時計の針を5分進めてみましょう。それだけで職場全体の意識が変わって、行動も速くなり、仕事の質が上がっていきます。おそらく1年、2年と経つうちに同業他社とは明らかな差をつけるようになっていくはずです。
たかが5分、されど5分。決して5分の力を侮ってはなりません。

【最新刊】
inoue_20150127.jpg

投稿者:井上裕之|更新日:2015年1月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加
母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う