TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

一流の人が実践している自分を変える50のメソッド【井上裕之ブログ】第25回

質問上手になる

子どものころ、分からないことや疑問点があると、親や学校の先生、あるいは周囲の大人に「なぜ?」「どうして?」と聞いて回って困らせたことはあなたにもあるはずです。好奇心が旺盛なので、疑問に思ったことはすぐに解決せずにはいられなかったのです。

幸か不幸か、そうした質問をするときはたいてい大人が忙しかったりすることが多く、「そんなことどうでもいいでしょ」「いちいち人に聞かないで、自分で調べなさい」と邪険に扱われてしまうものでした。そのときあなたは、「つまんない」「意地悪」とガッカリしたはずです。

そういうことが度重なると、「質問するのはよくないことだ」とインプットしてしまって、いつしか誰に対しても質問しなくなっていきます。こうして多くの子どもは、好奇心の芽を摘まれてしまいます。

疑問に思ったこと、分からないことを「なぜ?」「どうして?」と質問しないでいると、どうなるでしょうか。「分かったつもり」になる大人になっていきます。

「会社の業績がよくないのは、景気が悪いからだ」と言われると、「それは仕方ないよね」と分かったつもりになってしまう。よく考えれば分かることですが、そもそも売り上げ低迷と景気には、なんの因果関係もありません。

景気が悪くても、業績を伸ばしている会社はあります。「会社の売り上げが伸びないのはどうしてだろう?」と疑問に思うようにならなければ、「新規開拓をしていない」「主力商品が顧客に飽きられている」といった根本的な問題はいつまでも放置されたままです。疑問に思ったことは「なぜ?」「どうして?」と突き詰めて考えていかなければ、問題が起こったときに切り抜けることはできないし、成長することもできません。疑問点をそのままにしていては、何1ついいことはありません。

分からないこと、疑問に思ったことはクリアにしていかないと、自分で自分の首を絞めることになります。とはいえ、子どものようになんでも「なぜ?」「どうして?」と質問すればいいわけではありません。大人と子どもでは、質問の仕方が異なります。大人には、大人の質問の仕方があります。

分からないことを聞く。それは、子どもの質問です。大人の質問は、そうではありません。自分がするべきことを遠回しに聞いていきます。

これにはちょっとしたコツがありますが、誰でもすぐにできることなので、身につけてしまえば、一生モノのスキルとなります。どういうふうに質問していくのがいいのか、例を挙げて、説明しましょう。

たとえば、あなたが営業のノルマをクリアしたにもかかわらず、給料が上がらなかったとき。自分より稼いだ人もいたので、「その人のように上げてほしい」なんて強欲は言いませんが、それでも部内では平均以上の成績でしたから、自分では「給料は上がってしかるべきだ」と思っていました。

ここで部長に「どうして私の給料が上がらないのですか?」と聞くのは、子どもの質問です。会社にも総人件費を抑制する方針があり、苦渋の決断で給料を据え置いたという事情がありますから、そういう質問をするのは部長の顔に泥を塗るようなものです。ここは大人の質問をして、給料を上げてもらえなかった理由を遠回しに探っていきます。

「部長が考えるいい営業マンの条件とは何ですか?」
「部長は平社員時代、ビジネスパーソンとしてどんなことを心がけていましたか?」

こういう質問をしていくと、部長が営業マンや部下に求める本音を引き出すことができます。その答えが、「クライアントのところには頻繁に顔を出す」「クレームには真摯に向き合う」「残業や休日出勤をしない」「後輩の面倒を見る」「間接部門の人に感謝する」といったことだとしたら、自分はいくつ満たしているか、逐一照合していきます。その中で自分ができていないものがあれば、それが「あなたの給料が据え置かれた原因」だと判断していいでしょう。部長が求める営業マンの条件、ビジネスパーソンの条件を満たしていないのですから、給料が上がらなくても当然です。

もし「給料が上がるためには、どうすればいいですか?」と正面切って部長に聞いても、「そんなことは自分で考えなさい」と言われるのがオチです。それでも質問の仕方をちょっと変えると、相手の本音を引き出すことはできます。

それは、今のあなたに足りないものであり、今のあなたがするべきことです。タダで答えをもらえたのですから、ある意味ではこんなありがたいことはありません。もちろん、自分にとって耳の痛い答えが出てくることもありますが、「良薬は口に苦し」と思って、黙って飲み込むしかありません。

大人の質問は、ストレートに聞くことではありません。間接的に相手の本音をサラリと聞き出していきます。相手のニーズを引き出す上手な質問ができるのが、大人なのです。

できるビジネスパーソンは、質問上手です。あなたも質問上手になれば、相手のニーズを満たすビジネスパーソンとしてグングン成長していきます。

【最新刊!好評発売中!】
inoue_20140922_01.jpg 

【近日発売予定】
inoue_20140922_02.jpg


投稿者:井上裕之|更新日:2014年9月22日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う