TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

一流の人が実践している自分を変える50のメソッド【井上裕之ブログ】第23回

メモをしながら人の話を聞く

 

人の話をよく聞きなさい――。子どものころに親や学校の先生からよく言われたことですが、大人になってどれくらい実行できているかというと、とても心もとないものです。

 

人の話を聞くのは大事なことだし、当たり前です。それは誰もが理解しているのに、ビジネスの現場でも「言った」「言わない」の応酬や連絡ミス、誤解といったコミュニケーション不全は日常茶飯事です。

 

たとえば、役員や部長がスピーチをする朝礼の内容を、夕方まで覚えている人はどれくらいいるでしょうか。細部にわたって記憶している人は、少ないはずです。

 

人の話を聞くのは大事なことですが、その間は受け身の姿勢を強いられるから、つらい部分もあります。最初の1、2分はしっかり聞いていても、3分、4分と経つと、集中力が切れて、ほかのことを考え出すようになってきます。

 

言っていることが左の耳から入って、右の耳から抜けていく――。自分では聞いているつもりではいても、次第に「聞いていない」のと同じ状態になっていきます。

 

夕方になって、あなたが日報を書いているときに、部長に呼び出されました。あなたは「別に何もしていないのに、問題でもあったのだろうか」と不審に思いながら、部長のところに行くと、「今日は夜に部長会議があるから、『いつもより30分早く日報を提出しろ』と言っただろう。俺の話を聞いていなかったのか」と一喝されてしまいました。このとき初めて、「ああ、そんなことを言っていたったけな」と思い出しますが、後の祭りです。

 

こうなってしまうのは、あなたに集中力がないからでも、またスピーチする上司の話が下手だからでもありません。ただたんにあなたが「話を聞く態勢」になっていなかったからです。

 

人の話をただ黙って聞いているのは、意外としんどいものです。長ければ長いほど、また興味がない話であればあるほど、苦痛になってきます。

 

だからと言って、ちゃんと話を聞いていないと、自分が損をすることも不利益を被ることもあります。最初から最後まで一字一句覚える必要はありませんが、ポイントだけは押さえておきたいものです。

 

その「話を聞く態勢」というのが、メモしながら相手の話を聞くことです。相手の話を耳で聞きながら、頭の中で要約して、なおかつポイントをメモ書きして、それを視覚して記憶にとどめていきます。

 

ただ話を聞くだけだと聴覚を使っているだけです。話を聞きながらメモを取ると、聴覚・触覚・視覚と3つの感覚を使うことになるので、より記憶に残りやすくなります。

 

記者会見では壇上の人の話を記者の人が熱心に話を聞きながら、発言を逐一メモしています。それを見ると、「間違ったことは言えない」「うかつなことは言えない」とプレッシャーに感じるものですが、同時に真剣に聞いてくれるので、話をすることの心地よさも味わえます。

 

聞いている人が一生懸命メモを取っていると、話しているほうは気分がよくなって、「喜んでもらえる話をしよう」と思うようになるものです。もっとも、気分がよくなりすぎて、話が余計に長くなる嫌いはありますが......

 

それはさておき、あなたがメモをしながら話を聞いていると、話している人に対して「私はちゃんと聞いていますよ」というアピールになります。同時に話している人も「聞いている人がいるんだ」という安心感が得られます。

 

メモを取っているので、視線は下向きになりますが、話し手からすれば、相づちを打っているのと同じような意味を持つので、よりよい話を引き出すことにつながります。あなたがメモを取れば、「この人は真剣だ」「話をしっかり聞こうとしている」と相手が思ってくれるので、それだけで好感度を上げることになります。

 

いいことずくめのように思えるメモ書きですが、もちろん難点もあります。それは、メモをしているときに話を聞き逃してしまうことです。

 

速記ができる人なら別ですが、書くことに集中してしまうと、話を聞き逃す場面も出てきます。「聞く」と「書く」を同時進行で完璧にできる人はめったにいませんから、それは仕方ないことです。

 

メモを取るときは、できるだけ「キーワード」を書くようにします。また言ったことをそのまま書くのではなく、自分の言葉に翻訳して書いてもいいのです。

 

もし聞き逃してしまった場合、「何だっけな?」と気をとられてしまうと、余計に発言内容が頭には入らなくなります。分からないところはひとまず「?」と記しておいて、そのまま話を聞きながら、メモを取り続けます。そうして相手の話が終わったところで、確認をするのです。

 

「先ほど聞き漏らしてしまったのですが、もう一度説明してもらえますか?」

 

そう素直に聞くのも悪くはありませんが、ここはこう言ったほうが相手の気分を損ねることもありません。分からないところは自分で推測しながら、全体のまとめを兼ねた質問をしていきます。

 

「お話のポイントは3つですね。私の理解では、コレとコレとコレになるのですが、それでよろしいでしょうか」

 

こう聞かれたら、話し手は「この人は自分なりに理解してくれようとしていたんだ」と納得して、イヤな顔をせずに答えてくれます。合っていれば「そうですよ」と言ってくれるし、間違っていれば、さらに踏み込んで説明してくれます。どちらにしても、あなたの理解が深まるのですから、確認の手間を惜しむことはありません。

 

聞きながらメモをしておけば、「あのとき何の話をしたんだっけ。思い出せない」とパニックになることもありません。相手の印象もよくなるし、記憶力もアップしますし、備忘録にもなるので、仮に忘れたとしても困ることもありません。何でもないことですが、実は優れたテクニックでもあるのです。

20140805.jpg



投稿者:井上裕之|更新日:2014年9月 9日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う