TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

一流の人が実践している自分を変える50のメソッド【井上裕之ブログ】第21回

出会った人すべてを師匠にする

特別な知識やスキルを持っているわけでもないのに、なぜか各界の第一人者と通じている「出会いの達人」と呼ぶべき人がいます。あなたの周りにも、そんな不思議な人がいるかもしれません。

その人はごくごく普通の人に見えます。本人もそれをよく自覚しています。

「なんでこの人が、あんな有名な人と知り合いなんだろう?」

そう疑問に持ったとしても、その人は特別なことをしているわけではありません。その秘訣はと言うと、出会った人をすべて「師匠」と思っていることです。

縁あって出会った人に、自分より秀でた部分があると、その人から素直に学んで、自分に取り入れていく。少しずつでも成長していくと、必然的に出会う人のレベルが上がっていきます。さらに自分より秀でた部分を持つ人に出会って、その人に学んで成長していく――。

こうした成長の無限ループに入った人が、出会いをつくって活かすことができます。出会いの達人とは、「成長のホップ・ステップ・ジャンプ」ができる人です。

これだと分かりにくいかもしれないので、もう少し説明しましょう。出会いを成長に結びつけるコツと言うべきもの――。出会いの達人は、それをよく知っています。

ビジネスパーソンであれば、取引先を含めて、仕事でいろいろな人に会う機会に恵まれます(内勤の人は社内の人物に目を向ければよいでしょう)。出会った人の中で、自分にはない知識やスキルを持っていたり、単純に「スゴイ!」と思う人が何人かいるはずです。

そのスキルや知識を自分も「学びたい、身につけたい」と思うのであれば、その人に「どこで身につけたのですか?」「教えてくれませんか?」と率直に聞いてみます。たとえ取引先の人であっても、遠慮する必要はありません。言われたほうは、素直にうれしいものです。ただし、社交辞令で聞くくらいなら、最初からそんなことはしないほうがいいです。

相手が「Aさんに学びました」「Bさんから教わりました」と教えてくれたら、可能ならAさん、Bさんを紹介してもらいましょう。それが難しければ、一緒に取引先の人と学んでもいいでしょう。もしかしたら、取引先の人と深く結びついて、ビジネスが拡大する副次効果もあるかもしれません。

それはともかく、せっかく紹介してもらったら、一生懸命学ばなければ、取引先の顔を潰すことになります。ビジネスに直結しますから、真剣にならざるを得ません。逆にそこまで真剣に学ぶ気がなければ、最初から聞かないほうがいいのです(社交辞令と同じで、失礼に当たります)。

こうして身につけたいと思っていた知識やスキルを会得していくと、自分自身の能力がアップしていきます。ひととおり身につけても、続けて学びたいと思ったら、さらにレベルの高い人を紹介してもらって、学んでいく。

こうして自分自身をレベルアップさせていくと、いつしか第一人者から直接学ぶ機会を得ることもできます。世間で名の通った人の弟子になることが可能になります。こうなると、職場の周りの人に「なんで、あの人と知り合いなの?」と驚かれることが実際に起こります。

きっかけは、取引先の人に「どこで身につけたのですか?」「教えてくれませんか?」と聞いたことです。ここから「すごろく」のようにドンドン進んで(上達していって)、最後は第一人者の弟子になって、自分の能力を大いにアップさせるという「上がり」にたどり着く。気がつけば、同期や同年代の人たちから抜きん出た能力と人脈を合わせ持つようになっています。

出会いの達人になるコツは、前述したように、「教えてください」と素直に言えること。もう1つ、相手を先入観で見ないことです。

多くの人は、会った相手を地位や肩書、あるいは所属する組織で判断しがちです。地位や肩書がないと、あるいは大きな組織に属していないと、「この人とはつながらなくていい」と判断することが少なくありません。

しかしながら、「脳ある鷹は爪隠す」ではありませんが、その人が世間で名の通った人に通じていることは大いにあり得ることです。その人が第一人者の弟子であるのに、役職がないというだけでスルーしてしまったら、たんに「人を見る目がない」ことにすぎません。

地位や肩書、組織という目に見えるもので人を判断するくらいなら、自分が「スゴイ!」と思った、その直感を信じたほうがいいのです。実際にそういう人は、それなりのバックグラウンドを持っているものです。その人と知り合い、学び成長していくことによって、第一人者とも親しくなることはあり得ます。

出会いの達人とは、たんに人脈を持っているだけでなく、自分自身を成長させることができる人です。「人脈と成長」の一石二鳥を得る人が、本当の出会いの達人なのです。

また出会った人の中には、「こんな人にはなりたくないな」と思う人もいるでしょう。そういう人も師匠にすることができます。「反面教師」という名の師匠に......。

正真正銘の師匠とするか、反面教師にするか。どちらにするかは、あなた次第ですが、出会った人すべてを師匠にすることができる人は、グングン成長していくことだけは間違いありません。

20140805.jpg

投稿者:井上裕之|更新日:2014年8月26日

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う