TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

生きづらいあなたが幸せになる基本的な方法 発達障害経営者アズ直子ブログ(85)

こんにちは、アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「いつも"学ぶ"というステージにいる」という話。

暑さも落ち着き、
台風も過ぎて、
体調がだいぶ落ち着きました。

家事も仕事も、
私の場合は、お天気との相談がいつもついてまわります。

私のように過敏なセンサーを持っていると、
人間も自然の中の一部だと、
身を以て実感します。

さて、
現在、出版について書籍や講座などで、
基礎から学びなおしています。

もっとお客様が喜んでくださる本を書けるように、
出版社の方々と円滑にコミュニケーションが取れるように、
自分の仕事を客観視してみたかったのです。

学んでみると知らなかったことがたくさんあります。
大勢のご学友との交流で、
様々な専門分野の話も聞くことができ、
世界が広がる思いです。


学んだことを、
すぐに仕事に生かして、どんどん進化していきます。

そうしていることが、
私のハンディをとても補って、
心地よく暮らせる鍵だと考えています。

私にとって学ぶということは、
もっと楽に、もっと効率的に、
望むことができるようになるための手段だから。

仕事に関わること、
家庭生活のこと、

簡単なことでよいので、
ぜひ常に「学んでいる」というステージにいるといいです。

それは人生の質をとても高めてくれるあり方です。


現在も1冊出版が進行しており、
年内にコミックエッセイが完成します。

発達障害でもそうでなくても、
誰にも自分の不器用さを打ち明けられず苦しんでいる人が、
この本を読むことで、
なんとか自力で仕事や家庭のことを乗り越えられる。

そんなサポート本を目指しています。

楽しみに待っていてください。



<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年9月22日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ㉝

【やってできないがそれでもやる子になる!】

小さいとき「この子はやればできる子なの」や「私はやればできるの!」などの台詞を聞くたびに
「じゃ、やればいいじゃないか?」と良く思っていました。Dr.遠藤です。

そしてその「やればできる子」は一生やらずに終わるようです。

私や私の友人達、師匠達は【やってもできない子】でした。
全力でやって当時の自分の限界を理解し、それを突破する術(すべ)を考え、改善し、また全力で行動する。

真実は【やってもできない】が当たり前であり。
失敗を良しとしなければいけないのです。

失敗が受け入れられない大人や親ほど【やればできる子】を生産するのです。
大成は【やってできない】事をあえて、やる理由を持って、コミットして、全力でやった人達にのみ渡されるものなのです。

故に、完璧を求められず、改善したならば加点される【ゲーム】ばかり今の時代の子供達は上手くなるのです。

自分が学ばなければいけないことや、改善点をゲームのようにやれたならば、
失敗もそのプロセスの一部と思い受け入れられるでしょう。

目標【やってできないがそれでもやる子】になる事です。

taka_3301.jpg

**********************************
販売開始1週間で重版決定!

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
drtaka@takaendo.com
**********************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年9月21日

これが欠けると売れません

こんにちは。
インターナショナルスピーカーの大森健巳です。

今週は、世界トップレベルの催眠療法の博士をお招きして、
ワークショップを開いています。

40年以上、世界の第一線で活躍している先生なので、
聞けば聞くほど、教科書に出てくるような、
有名な人たちとのエピソードがサラリと出てきて驚かされます。

お話を聞いていると、こちらの心の在り方が
どんどんと浄化されるような感覚を覚えます。

その話は、おいおいまとめてお伝えしたいと思いますが、

今日はプレゼンテーションが下手な人や、
売上が上がらない人には、
共通して欠けているものについてお話します。

足りない。あるいは全く無いもの。

いったい何だと思いますか?

こたえは、
「ベネフィットがない」
ということです。

omori_170919.jpg

ベネフィットとは何かといいますと、
相手が得られる「恩恵」です。

もっと簡単にいうと、
「相手になんの得があるのか?」
ということです。

ほとんどの人は、ベネフィットについては考えず、
商品やサービスの「特徴」を話してしまいます。

例えば、デジカメをプレゼンテーションすると考えてみてください。

・最新型です
・小型です
・電池が○時間持ちます
・軽いです
・世界初です
・画素数が高くてキレイです

こんな話ばかりです。

すると相手の反応は
「へー」
以上です。

なぜならば、これらは単に商品の特徴を並べているにすぎないからです。

それよりも考えなければならないのは、
ベネフィットなのです。

どのような、結果が得られるのか?
もう一歩先を考えることが大事です。

それは、
「だから、○○になれる」
「だから、○○ができる」
「だから、○○がわかる」

この○を埋めると考えやすいでしょう、

そして、プレゼンテーションで最も良い伝え方は
"特徴+ベネフィット"

の形で、伝えるのです。

・最新型です、だから、時代に敏感な人になれます。
・小型だから、持ち運びが簡単です。
・電池が8時間持つので、バッテリーの心配がありません。手間取らせません。

このように、特徴+ベネフィットの形で伝えると、
魅力がぐっとアップしたのが分かりますよね。

特徴だけでなく、もう一歩ふみこんでベネフィットを
沢山考えるようにしましょう。

そうすれば、あなたの話はいつも魅力に満ちたものになります。


アウトスタンディングな人生を!

-------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年9月19日

生きづらいあなたが幸せになる基本的な方法 発達障害経営者アズ直子ブログ(84)

こんにちは、アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「毎年忙しい時期は前倒しで準備」という話。

"繁忙期"という言葉がありますが、
障害福祉関係の世界にいると、

その繁忙期は11月から12月にかけてかもしれません。

12月9日は、1975年に国連で「障害者の権利宣言」が採択された日。
そして、障害者基本法では、
12月3日から9日までが「障害者週間」と定められています。

4月に発達障害啓発週間もあるのですが、
全体的な「障害」について考える、
12月の方が催しが多い気がします。

昨年も、全国から講演のご依頼をいただき、
11月~12月はとても活動量が多くなりました。

とてもうれしく思うのが、
年々、障害福祉の専門分野だけではなく、
一般の学校などに呼ばれることです。

もともとハンディに興味があまりなかった方々に、
わかりやすくお伝えすることを心がけています。


充実しているとともに、
準備などで慌てることも多かったので、

今年は今から前倒して、
基本的な資料などを作っています。

毎年の傾向がわかれば、
備えておくことはとても生活を楽にしてくれます。

人一倍不器用な私が仕事を人並みにこなすには、
色々な面で工夫が必要です。


azu_8401.jpg

診断名などのルールがよく変わるので、
いつも最新情報を確認するようにしています。




<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年9月15日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ㉜

【一事が万事】

誰かと5分一緒にいる時間をください。
私はその人が大成するかしないか、現在の経済的状況ですら当てる事が出来る。
―ミリオネア・マインド 大金持ちになれる人―お金を引き寄せる「富裕の法則」著者T.Herv.Eker(ハーヴ・エッカー)

全ての状況において一時が万事かと言われると疑問に思いますが、学びについてはそう思う、Dr.遠藤です。

習慣と言うものは怖く、私達がやっている研修やトレーニングには不思議な習慣を身に着けて参加してくる人々が多くいます。

その最たるものは「全力を出さない」人達です。
所詮、短期間の研修やトレーニングと思い全力を出さないみたいです。
ですが、研修部屋で行うことと全く同じ事を仕事場や家族と行っているのです。

他にも「できない!無理無理!」のマインドセットで事に当たる人や、
「こんなの意味がない」という人達です。

どちらにせよ、彼ら(彼女ら)は成功をするための習慣や情報ファイルが足りなさ過ぎて、不平不満のある人生をおくる習慣しかないのです。

普段の生活を見て、悪い習慣が一瞬でも出たならば、それは【一事が万事】なので
それを意識的に変え、一つずつ習慣を変えていけば良いのです。

そうすれば、大成に近づくのです。


**********************************
販売開始1週間で重版決定!

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
drtaka@takaendo.com
**********************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年9月14日

ターゲットは誰か?

こんにちは。
インターナショナルスピーカーの大森健巳です。

先日は、TSUTAYAさん主催にて、
「あなたが最短で収入を上げ、幸せな人間関係をきずく最先端のシステム」

というテーマで講演を行いました。

会場は、950席が満席となり、
遅れてやってきた人が立ち見になるという大盛況なイベントとなりました。

omori_170912.JPG

若い層が多いためか、普段ならちょっとした笑いで終わるような話が、
毎回爆笑するという、やけに反応の良い会場でした。

これは一長一短で、
無反応の聴衆よりも、反応の良い聴衆の方が良いのですが、
反応が良すぎると、逆にやりづらいこともあります。

なぜなら、毎回毎回、話の途中で大盛り上がりするため、
再び話を聞ける状態になるのを待つ必要があるからです。

そんな時に必要なのは、
質問の間と呼吸の調整です。

オーケストラのように、
講演しながら、テンポが違う聴衆とつながり、
一つのリズムへと巻き込んでいくのです。

質問をタイミングよくなげかけ、
お互いに合わせるように、
反応を調整します。

ここが、今回の技有りポイントでした。

プレゼン=プレゼントです。

では、彼らには、一体何をプレゼントしたら良いだろうか?

控室で、共に講演をする遠藤博士とミーティングをしました。

ターゲット層を明確にすることで、
何をプレゼントしたら良いのかが浮かび上がってきます。

例えば、
東京ディズニーランドに誘うときを考えてみましょう。

子供を誘うのか、高校生カップルを誘うのか、
おじいちゃんおばあちゃんを誘うのか。
相手によって、それぞれ誘い方が違いますよね?

聞き手には、いかに当事者意識を持って聞いてもらえるのかが大事です。
私達は毎回、話の内容を微調整して変えています。

そこで考えないといけないのは、

・地域
・年齢
・職業
・興味
・能力
・特徴
・抱えている問題

この辺りの情報を整理します。

彼らの悩みは何なのか?
いちばん気にしていることは何なのか?
解決したいことは何なのか?

そうやって同じテーマでも、
微妙に強調するポイントを変えるのです。

ちなみに今回、一番会場がどよめいたのが、
遠藤博士が放った

「セールスが下手だと、結婚できません」

という一言でした。

面白いくらい、会場中に動揺した声が響き渡り、
「だから、セールスを勉強しましょう」

という提案はとても説得力がありました。
これを既婚者の集まりで言っても、

「まぁ、ね」

という反応になるのは明らかですよね。

ターゲットを明確にすることで、
鋭く相手に刺さるメッセージを作ることができます。


アウトスタンディングな人生を!

--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------


投稿者:大森健巳|更新日:2017年9月12日

生まれ変わったら、それが体験をしたということだ。

親愛なる君に

「【個人レッスン】に行って、生まれ変わりました。
今まで、何をしていたのかなという感じです」
と、【個人レッスン】を受けた人からメールをいただきました。
これが、体験です。
体験とは、その後、生まれ変わることです。
【個人レッスン】とは、体験です。
生まれ変わりがなかったら、ただの作業にすぎません。
「これから、生まれ変わります」
という人は、体験をできなかった人です。
体験だったかどうかは、
生まれ変わったかどうかでわかります。

彰宏より

P.S.
「生まれ変わり祭り」だね。

※こちらの記事は中谷先生のレター2017年06月26日分より許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年9月11日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う