TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (137)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「まとまった時間があるときに取り組むといいこと」という話。

私自身が体調不良から回復する過程を、
振り返る形で書いています。

うつ病と猛暑で、
今年は激ヤセしてしまいました。

自宅やオフィスでのんびりし、
ジムもお休みしてほとんど外出をせずに過ごしていたら、
1時間車を運転しただけで、
アクセルとブレーキを踏む右足が筋肉痛になりました。

それくらいしっかり休養したので、
地方の講演会などもまたこなせるようになりました。


病気などから回復するときに、
注意しなければいけないのは、

ちょっと良くなったときに、
すぐに元のペースに戻ろうとすると、
またすぐに不調に戻ってしまうことです。

無理をしたから調子が悪くなった事を肝に命じて、
生活を見直しつつ、時間をかけて復帰するのがいいのだそうです。

休養時間という、
「まとまった時間」を手に入れたら、

そのときこそ、
コツコツと簡単な雑務をこなしていくくらいがいいのです。

忙しいときには手をつけにくい、
優先順位の低いこと。

例えば、
写真や本の整理や、書類の整理。
丁寧な掃除や片付けなど。

私は、オフィスに顔を出したときに、
文房具をコツコツ整理して、とても喜ばれました。
本当は普段からしておけばよいのですが、
忙しいときには後回しにしがちなところでした。

毎日、1時間くらいかたづけを続けていたら、
オフィスも自宅もとてもきれいになり、

かたづけられないことで有名な発達障害者ですが、
かたづけがとても得意になりました。


その時の自分に出来ることが、
後からとても役立つこともあるのです。


<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2018年9月21日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ82

【大成から最も遠い物】

放置していると、自分も自然とそれになっている、Dr.遠藤です。

あまり有名ではないですが、成功の心理学や自己啓発に多大な貢献をした方で、アレン・ウォルターという人がいます。

彼は人間の状態を4色のゾーンで分けて説明したのです。
下からレッド、イェロー、グリーン、ゴールド。
これを知ることにより、的確に自分はどこにいて何処を目指せばよいのか?
課題は何なのかを知ることができるのです。
 
endo_180920.png

レッドゾーンにいる人は被害者か加害者です。
" 〇〇があったから私は○○なんだ "と原因の追究を他者や他の物、イベント、環境に求める愚者です。
何故なら、全ての事柄には複数の因子があります(正確には色々な事柄が絡み合った結果のせい)。
例えば、交通事故にあった場合、車、日本憲法、道路、歩道、視界、天候、運転手、そして自分という風に。
ぶっちゃけ、ブルース・リーなみに鍛えていれば避けれますからね。私も時速40㎞で走行中のタクシーから脱出して、受け身をとって無事でしたから・・・。
全ての事柄に共通する因子(要因)が一つあり、それが"あなた(自分)"です。そこを変えないことには人生は好転しないのです。

加害者は、自分に起きた現象やネガティブな感情を誰かに腹いせとして体験させようとする人間です。
加害者は、被害者を作ります。
基本的にはアクティブに怒っている(罵詈雑言を言い、殴ったり、批難中傷をする)か、パッシブに怒ります(無視や、いじめ行為、など)。

両方の共通点は過去に囚われている事であり、結果を「どう変えようか?」にフォーカスが当てれば容易く脱出できます。残りのゾーンは来週に持ち越しますので、来週のブログを楽しみにしてください。

*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

【マインドライフソリューションズのfacebook page 】
Neuro Marketing のビデオや最新セミナー情報などが見れます。

販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたいかたは以下のリンクより日程確認及びご参加できます:

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2018年9月20日

横浜で講演会を行いました

こんにちはインターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

先日は、私の育った街、横浜で講演会を行いました。

横浜に戻るのは、拙著「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」(きずな出版)
の全国講演会で、TSUTAYA 横浜みなとみらい店さんに行って以来です。
ですから、とても久しぶりな感覚がしました。

omori_180918.jpg

講演会はてっきりハマっ子の集まりかと思いきや、
集まった方に聞いてみると、意外や意外、
横浜だけでなく、東京都内、群馬や茨木、
横須賀と、関東周辺各地からわざわざお越しいただいていたことが分かり、
とても光栄でした。

おかげさまで講演会は大盛況に終わりましたが、実はこの日、
会場に向かう途中、珍しく頭の中がまとまらず、
焦る感じがしていたのです。

普段なら、目を閉じて、成功している状態をイメージし、
話しているところの、ポイントを順をおって確認するのですが、

どうも気が散ってできないのです。

どんどん講演の時間がせまっています。

「ちょっとまずいな・・・」

と思っていました。

そして、、、
このような時に頼りになるのが、パワーポイントのメモ書き機能です。

パワーポイントには、「発表者ビューモード」というものがあり、
スライドのアンチョコを書くことができる機能があります。

話の全体の流れは、既に作ってあるスライドの順番通りに話せば良いので、
構成は問題ありません。

あとは、メモをチェックしながら、
その瞬間、その瞬間に集中をして話せば良いのです。

普段の私は、この構成通りに話さないことが多いのですが、
キッチリと構成にそって話したことで、

逆に良い効果となったのか、過去最高の盛り上がりとなりました。

パワーポイントはこのように上手く使うと、
スピーカーを助けてくれる素晴らしいツールとなります。

日頃からセッティングをしておきましょう。

アウトスタンディングな人生を。




--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2018年9月18日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (136)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「ひとつだけの小さな習慣」という話。

もしもあなたが、
今の私のように病気などで不調になって、
お仕事を休む状況になったら、

いつか復帰するために、
こんなささやかなことが、
"きっかけ"になるということをお伝えしたいと思います。

病気は「これ以上無理をしたら、心身が壊れてしまうよ。」というサインです。

休むべきときにはしっかりと休んだ方が、
回復も早いのですが、

急に休息時間や自由時間が増えると、

自分だけ取り残されてしまうのではないか、
このまま病気が治らないのではないかという不安に駆られがちです。

楽になる方向でも、
生活に変化が起きることに、
ストレスを感じてしまう人もいるのです。

私は、雨でも台風でも、
朝、カフェでコーヒーを飲むことにしています。

1杯のコーヒーを飲みながら、
ノートに、思いやアイデアなどを書き留めていく事を、
人と会話をするような楽しみにしています。

仕事のこととは限らないので、
気楽に書けます。
こんな暮らしが出来たらいいななど、
夢を描いてもいいのです。


この小さな習慣だけは、
雨でも台風でも、
どんなに忙しくても、病気になっても変えません。

そうすると、
自分がどうなってしまうかわからないような、
大きな不安に陥らなくて済むのです。


一行日記を書くという習慣でもいいと思います。
洗濯物はその日のうちに畳むという習慣でもいいと思います。
財布と一日の終わりにレシートなど抜いて綺麗にするのでもいいと思います。
丁寧に歯磨きをするという習慣でもいいと思います。


どんなにライフスタイルが変わっても、
変わらないことが一つでもあると、
人は安心できるのです。

最近、元気になってきたら、
ノートへの書き込みが増えました。
言葉も前向きに変わり、
これから取り組みたいことをたくさんかけるようになりました。


何をしたら良いかわからなくなってしまいそうなとき、
戻るところがあると、
気持ちのリセットにとても役立ちます。

azu_13601.jpg

<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2018年9月14日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ81


【本当は成功したくない】

友人と共に、人々の収入の桁を3日半で2~3ケタ上げる合宿をしている、Dr.遠藤です。
(本についているDVD参照)

結果からいうと、売ったことない人は売れるように全員がなりました。
普段、数十万から数百万売っている営業マンや個人事業主は数億円~数十億円を売るようになり、
数千円から数万円しか売っていなかった新社会人は、数十万円から数百万円売るようになります。

「Dr.遠藤!何を教えているんですか?」と良く言われますが、
強いて特別なことはそこまで教えていません。

各受講生に必要なことしか教えません。
そして、それらは全てグーグルで検索して、動画や、本から時間をかければ学べることです。

最も大事なことは「責任を取るという事の本当のこと」をやってもらうことです。
【責任を取る】と皆言いますが、それの本質(エッセンス)が理解できて体現できる人は少ないです。
それは、以下のことをしない人です。
①恥ずかしいと思うこと
②諦めること
③否定すること
④正当化する言い訳を言うこと
⑤責任の擦り付けをすること(自分のせいじゃないと言うこと)

父は私が子供の時にこう言っていました。
「自分が出来る100%をするまでは誰のせいにもできない」

子供ながら思ったのが、「つまり誰のせいにもできない」です。
何故なら、私たちが思う100%は思い込みで常にその上があるからです。

例えば、あなたにやってもらいたい事があります。
「今出来るだけ、高く手を上げてください!」

・・・
「もっと、今よりも高く!」
・・・
「更に、高い位置になるように!」


こう言うと、あなたはジャンプするか、椅子か物の上に立って手を上げているのではないでしょうか?
質問は「何故それを最初にやらなかった?」かです。

私たちの脳みそは、余力を、まるで明日には氷河期が来るかの如く残そうとします。
100%全力であることはそうそうないのです。

つまり、100%全力の本気じゃない。
常に言い訳を残し、「私はやればできる子」を演出し、「ああすればよかった、こうすればよかった」と後悔するのです。
100%だったなら後悔は一切ありません。

デフォルトで私たちは、自分達の成功に100%責任を取る気がないのです。
怠惰な脳みそがそうさせます。
しかし、それを知ったうえであなたがやらないと行けないのは、もし成功が約束されるとしたなら、どうやったら100%責任がとれるかです?

大成は簡単ではないですが、シンプルです。

*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

【マインドライフソリューションズのfacebook page 】
Neuro Marketing のビデオや最新セミナー情報などが見れます。

販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたいかたは以下のリンクより日程確認及びご参加できます:

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2018年9月13日

億の取引をするカンタンな方法

こんにちはインターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

先週は遠藤博士と一緒に39Ultimet Infulence Camp(究極の影響力の合宿)というセールス・トレーニング・プログラムを行ってきました。

omori_18091101.jpg

遠藤博士は主に、販売戦略とトークスクリプト
私は主に、表現力とマインドセットを担当して二人で行います。

このプログラムは、年に一回だけ開催されるものですが、
毎回参加者の成長っぷりにいつも驚かされます。

誰かにモノを売ったことが無い、
または売ることに抵抗感を持っている人でも、
4日間の間に、0円から実際に億単位の売上を上げてしまうのです。

今回も10人の参加者がセールスを行い、
3億3千万円の売上を上げました。

なぜそんな事が可能なのか?

多くの人が疑問に思って聞きますが、
私達は疑問には思っていません。
毎回必ずそうなります。

何事にも法則というものがあるからです。

お客様のニーズにあったものをプレゼンテーションしたら売れます。
とてもシンプルですよね。

世界中で毎日、毎時間10円の単位から億単位まで、
様々な取引が行われています。

基本的に販売は、価値と貨幣を交換することで取引をします。
だからより価値の高いものを扱ったら、
金額も自然と大きくなります。

大きな単位といっても、実は人間同士の会話なので、
100円も1億円もそう変わりません。

大根を売る感覚で、船を売っている人がいます。
自分もその仲間に加わり、
1000万単位から億単位の会話をしたら良いのです。

知り合いから知り合いに紹介をしてもらったら、
そのような単位の話はそこら中に転がっています。

しかし、ほとんどの人は、
このような簡単な仕組みにもかかわらず、
やろうとしません。

なぜなら、
自分に大きな単位を動せるイメージが無いからです。

想像もつかないと言います。

しかし、考えてみたら、単なるイメージなので、
いくらの取引をイメージしても自由なはずです。

大きな価値を動かす、自己イメージが無いのは、

自分の価値を低く考えています。

では逆に価値を認めたら何が起こるでしょう。

数日で億単位の取引が可能となるのです。

本来の自分らしくあれば物事はうまくいきます。


アウトスタンディングな人生を。



--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2018年9月11日

いい人なのに、書き方で損をしているのは、もったいない。

親愛なる君に

読まれる文章の書き方を教えてください
と、よく聞かれます。
特徴的なのは、
職業として書いている編集者や作家の方から、
聞かれることです。
職業ではなくブログを書いている人からだけではないのです。
プロも、書き方に悪戦苦闘しています。
プロだからこそ、悪戦苦闘しているとも言えます。

プロフィールの書き方を教えた時、
神戸から参加していたイマチュウが、急いで帰りました。
終電かと思ったら、
少しでも早く帰って、
サイトのプロフィールを書き直したくなったから
とのことでした。

彰宏より

P.S.
『1秒で刺さる書き方』(ユサブル)できました。
書き方で損をしている人が、もったいないなと感じます。

※こちらの記事は中谷先生のレター2018年7月21日分より許可を得て特別に寄稿いただいております

投稿者:中谷彰宏|更新日:2018年9月10日

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う