TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (102)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「待っていろ、新生活!」という話。

通勤があまりにも辛く、
体調不良が仕事にまで影響してきたので、
思い切って、仕事場の至近距離にマンションを借りました。

贅沢なように思うかもしれませんが、
発達障害の影響で、
電車から降りるとぐったりとしてしまい、
すぐに仕事を始めることができません。

往復2時間の通勤時間に、
回復時間が数時間かかると、
なんのためにオフィスに通っているのかわからなくなります。

先日、
ハンディがある方のための就労支援について、
講演をさせていただきましたが、

心よりも先に、
体の方が疲れ切ってしまい、
離職せざるを得なかったという声をたくさん聞きました。

発達障害者だけではなく、
心身に過敏症を抱えていると、
通勤が大きな負担となります


自分が過敏であることに、
気がついていないケースも多く、
理由も思い当たらないまま、疲労困憊していくことが、
通勤や通学の妨げになっていくのです。

通勤時間だけを見ていると、
通えそうな気がするかもしれませんが、
自分にとって、通勤がどのくらいの負担になるのか考えて、

近くに勤めるなどの工夫をすると、
続けることを難しく感じていた仕事などが、
息を吹き返して、取り組めるようになることがあります。


心身が辛く、苦しいときに、
そのまま過ごしていくのはとても辛いことです。

方法を変える、
環境を変えるなど、

根本的な生活の見直しをすると、
驚くほど楽になることもあります。


進学や引越しなどの節目があるときばかりではなく、
いつでも、「新生活」を求めてみると、
意外な発見があるかもしれません。


私もこれからの新居の準備がとても楽しみです。

azu_10201.JPG

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2018年1月19日

マイク一本で世界に影響する力

こんにちは。
インターナショナルスピーカーの大森健巳です。

今年も、3ヶ月で表現力がアップし、
ビジネスを加速させる講座。
「バリュー・スピーカー養成講座」がスタートしました。

ちょうど去年のこの時期、
TSUTAYAビジネスカレッジさんと開催したときは、
「バリュー・プレゼンター養成講座」
というタイトルでしたが、今年はより「スピーカー」
という職業に意識を向けて行います。

omori_180116.jpg

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー3」
のワンシーンで、ドクとマーティの会話から、
当時の日本がどういう印象だったのかが分かります。

1955年のドクは言いました。
「この回路が故障したのも不思議じゃないな。
メイド・イン・ジャパンって書いてあるだろ」

1985年のマーティ
「どういう意味?ドク。
メイド・イン・ジャパンは最高じゃないか。」

1950年代には、
日本製=粗悪品

1980年代~
日本製=世界最高

わずかの間に、世界的に日本の印象が大きく変わったのが分かります。

かつて私は、エクセレント・カンパニーの著者 
トム・ピーターズから、

「あなたを見て、日本人観が変わりました」

と言われたことがあります。

なぜなら、私のファシリテーションが、
彼が何十年と見てきたどの日本人とも違い、
素晴らしかったというわけです。

大先生から称賛をされて喜んだ私は、
もっと世界に通じる講演家を育てようと思っていました。

しかし、今は更に考え方が変わりました。

なぜかといいますと、

「日本人観が変わった」
と言われて喜んでいる場合ではないと気づいたのです。

つまり、逆に考えてみると、
日本人は長年、講演が下手だと思われていたということです。

だから私は、そもそも日本人は講演が上手いのだと
世界に認識をさせようと思ったのです。

講演もメイド・イン・ジャパンは凄い。

話力をアップさせる表現をもっと行いましょう。

改善はお手の物です。

私達はもっと表現をすることが求められています。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2018年1月16日

本が次の自分を導いてくれる。

親愛なる君に

2017年マイベスト本」を、1年で読んだ1214冊から選びました。

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』(山口周/光文社新書)
わらう春画』(オフェル・シャガン/朝日新書)
日本軍の小失敗の研究/現代に生かせる太平洋戦争の教訓』(三野正洋/光人社)
忍者「負けない心」の秘密』(小森照久/青春文庫)
呪術がつくった国 日本』(上田篤/光文社)
悪魔の勉強術』(佐藤優/文春文庫)
人生を面白くする「好きになる力」』(山田五郎/海竜社)
美術館の舞台裏』(高橋明也/ちくま新書)
ILLUSTRATION MAKING&VISUAL BOOK』(マツオヒロミ/翔泳社)
金魚養画場』(深堀隆介/文芸社)
島村信之画集』(求龍堂)
パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ』(鹿島茂/角川ソフィア文庫)
安藤忠雄の奇跡 50の建築×50の証言』(日経アーキテクチュア/日経BP社)

本が次の自分を導いてくれますね。

彰宏より

P.S.
振り返ると、美意識に傾倒していっているのが、わかりますね。

※こちらの記事は中谷先生のレター2018年01月12日分より許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2018年1月15日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (101)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「20年続けていること」という話。

成人式のニュースが目に入りました。

20歳の成人の皆さまの姿も晴れやかでしたが、
それ以上に親御さまたちが、
きっと感慨深いだろうなと思い見ていました。

我が家にも18歳になる娘がいます。

稽古事にしても仕事にしても、
何かを長く続けることは、
こんなにも大変なのかと思うことが多いのですが、

育児については、
新成人の数だけ、20年間の親業を、
成し遂げた方々がいらっしゃるということです。

「絶対に続けなければならない。」

この環境は人を大きく成長させます。

全ての成功と、全ての失敗を経験できます。
時代の流れとの兼ね合いも経験できます。
試行錯誤のために、時間を置くということもできます。
数年経ち、ようやく本当の答えがわかることもあります。

20年経っても、できないことやわからないことが、
まだこんなにあるとわかり、
謙虚さという気持ちを学ぶこともできます。

最近は、速成流行りだなと感じることが多い中、
多くの方が、当たり前のように20年を学んでいることがわかるのが、
私にとっての成人式の見方となりました。


個人事業から数えると、
今年のバレンタインデーで、私の起業も20周年となります。

まだまだ、
できないことやわからないことだらけですが、
続けさせていただけていることに感謝の気持ちが尽きません。

azu_10101.jpg

みんな大きくなりました。

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2018年1月12日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ㊾

【経済的成功をしたいなら財務諸表(PLBS)が絶対に書けて読めなければいけません】

別に私も自分ではやっていない、Dr.遠藤です。


財務諸表、
つまりProfit(収入)ーLoss(支出)=利益(Net Profit)の収支計算書
及び、
Balance Sheet(BS)貸借対照表/財産残高一覧表は
Asset(資産)-Liability(負債)=純資産(Pure Asset)
そして、Cash Flow (C/F) キャッシュフロー計算書、使える現金の量です。

著者・ロバート・キヨサキ曰く
「貧乏人は利益を増やすために収入を増やしたり、支出を抑えようとする。
しかし、金持ちは常に最終的に負債を消滅させる方法で資産を増やそうとする。」

糖尿病を治したかったら、現在の血糖値を計り、それを減らしていけばよい。
早く走りたかったら、現在のスピードを計り、それを早くしていけばよい。
金持ちに成りたかったら、現在の現金を知り、それを増やせばよい。
(*本当は現資産を知り増やすですが)

ここまでは誰しもが一度は考える事です。


しかし、糖尿病のケースでも血糖値さえ下げれば良いというわけではありません。
専門家(医者)は他の数値を把握し、それらの関係を知った上で適切な処置をします。
早く走るのも、足の回転数や、血中酸素濃度などの要素が絡みます。

当然経済的成功も、ただ1つの数値ではなく多くの数値が絡みます。

社会に出てからの本当の成績表は履歴書ではなく、
財務諸表(PLBS)です。

資産が0でも、貯蓄が0でも構わないんです。
先ずは書き入れる事で明確にしていくのが大事なのです。

財務諸表(PLBS)を毎月書き、
その数値を自分が見たい形に変えていく努力をするだけで
経済的成功に近づけるのです。

ですので、最初の一歩をとってみてください。

まずは
財務諸表(PLBS)書き方
または
財務諸表(PLBS)テンプレート」と検索してみてください。


**********************************
販売開始1週間で重版決定!

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
drtaka@takaendo.com
**********************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2018年1月11日

登壇者が複数人いるイベント

こんにちは。
インターナショナルスピーカーの大森健巳です。

先日は、毎年恒例1年の目標設定をするイベント
ザ・アウトスタンディングを開催しました。


このイベントはいつも、ゲストのスピーカーは1名なのですが、
今年はたくさんのスペシャリストに登場していただきました。

本田健さん、ピョートル・グジバチさん、ロッキー・リャンさん。

私も含めると4名が登壇したわけですが、
短時間でどんどんスピーカーが交代してゆきます。

このようなイベントスタイルを、
「マルチスピーカー・イベント」と言います。

だんだん日本でも増えてきていると思いますが、

大事なことは、テーマとの一貫性です。

寄せ集めのように人を並べてしまうと、

「なんであの人が出ているの?」

と思われてしまい、イベントの質が下がってしまいます。

世界観を守り、質を高くしたいのなら、
ゲストスピーカーの選定にこだわりましょう。

逆に自分が、ゲストスピーカーとして呼ばれたのなら、
自分の話はイベントのテーマにそっているのかを考えましょう。

今回の登壇者の一人、ピョートルさんは、
控室で、私の講演を聞きながらテーマと現場の空気感を読み。
登壇直前まで、スライドの内容を微調整していました。

このような、調整が一つ加わるだけで、全体の満足度がぐっと上がります。
それぞれの登壇者がこのように、力をあわせることで、
素晴らしいイベントが出来上がっていくのです。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2018年1月 9日

教える側と教わる側が覚悟を共有すると、リラックスできる。

親愛なる君に

こんなに先生に教えていただいているのに
なかなか成長が遅いような気がして、
申し訳ない気がします
と、ある人が申し訳ながっていました。

教える側は、一生、付き合う覚悟で、教えています。
教わる側が、一生、付き合う覚悟で教わるのと同じです。

学ぶとは、教える側と教わる側が、覚悟を共有することです。
覚悟を共有する間柄には、
お詫びも遠慮も要りません。
覚悟というと、力が要るようですが、
覚悟を持つことで、リラックスできるのです。

彰宏より

naka_180101.jpg

P.S.
2018年も、覚悟を共有できるのが、うれしい。

※こちらの記事は中谷先生のレター2018年1月1日分より許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2018年1月 9日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う