TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に脳科学マーケティグを用いたセールス方法についての書籍を出版予定。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
2017年4月には自身初の書籍が出版される。

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

「成長する」とは、今までの自分が恥ずかしくなることだ。

親愛なる君に

「今までの自分が、恥ずかしくなりました」
と、【個人レッスン】を受けた人が言いました。

成長するとは、今までの自分が恥ずかしくなることです。
今まで、よくこんな服装で、外を歩いていたな。
今まで、よくこんな姿勢で、電車に乗っていたな。
今まで、よくこんな話し方で、気取って話していたな。
と、感じるのが、成長です。
成長しなければ、恥ずかしさを感じることはありません。
同じレベルの集団からは、カワイイ・カッコイイと言われます。
レベルの上の人から、みっともないと思われるだけで、
指摘されないので、不具合はありません。
成長して、恥ずかしさを感じるか、
成長しないで、恥ずかしさを感じないか、
好きなほうを選べます。

彰宏より

P.S.
恥ずかしさを感じることで、さらに成長していきます。


※こちらの記事は中谷先生のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年3月27日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (59)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「全ての準備はできている。」という話。

東京で桜の開花宣言が出ました。

渋谷区広尾の私のオフィスの目の前は、
明治通りという大きな道路沿いの桜並木。

2階なので、
毎年ちょうど目の高さに、

満開の桜が広がります。


昨年から一眼レフカメラに懲りだし、
顕微鏡を覗くように植物の写真を撮り、
それを楽しんでいます。

咲いている花も綺麗ですが、
それ以上に私は「芽」が好きなのです。

寒い間は、毎日撮影してもあまり変わりません。

固く茶色い殻に覆われている姿は、
昨日も今日も同じです。


それが、いつ変わるのか、
ワクワクしながら待つのが好きなのです。


1月くらいから、毎日観察を続けていた桜の芽が、
ここ数日、膨らんで緑の部分が見えてきました。

間も無く花が咲くでしょう。

ずっとずっと変わらなかったのに、
変化が見え始めると、そのあとはあっという間です。

桜が咲いてから散るまでの展開の速さは、
多くの方がイメージできるのではないかと思います。

一見、つまらない姿、
長い間頑なに変わらない姿は、

人にいい印象を与えないかもしれません。

桜のお花見は大好きでも、
芽を見て喜ぶ人はあまりいません。

でもあの小さな目の中に、
葉っぱも花も、全てがきちんと準備されていて、

あとは一番良いタイミングを待っているだけなのです。

人もそうかもしれません。

変われないことを気にやむ人、
変われない人を責める人がいますが、

全ての準備は整っていて、
あとは自分が思う最適なタイミングに、

一気に変われるものなのかもしれません。

来週は満開でしょうか。
楽しいお花見をしましょう。

azu_5901.jpg

azu_5902.jpg


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年3月24日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ⑦

自分を癒す時間を大事にしましょう。

「ハワイで休養をしている」、Dr.遠藤です。

身体だけではなく、魂も、心も、癒える時間を必要とします。

定期的に自分を癒しましょう、燃え尽きてからでは遅いのです。

2016年は248回のライブ・イベント(セミナー、研修)を行い、2300時間以上私は喋りました。でも、ただ我武者羅に働いていたわけではありません。

今回のような長期的な休みもとっていました。


常にこのような働きかたをしていたわけではありませんし、出来たわけではありません。

2007年の研修生時代は5つ仕事をかけ持ちして、学業、研修、仕事で週119時間働いていました。休憩は日曜の午後7時過ぎからでした。

そんな働きかたを7年続けた2014年に私は燃え尽きました。
今までやってきた事がいやで何のプランもなしに独立し、
仕事もないので、考える時間だけはいっぱいでき、
強制的な休息をとらされた、そんな2014年。

結局やるべきこと、やりたいことの答えが出たのは2015年の中旬。
友人に助けられ、答えを出し、前以上にパワフルに復帰しました。

その時に学んだことは

全力で休息をとり、全力で仕事に打ち込むことです。

でなければ、身体は自然と燃え尽きるということであなたに休息を強制します。
中には鬱になって、死ぬ人もいます。

なので、休息は定期的に、スケジュールしましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
Mind Life Solutions, K.K.代表取締役 
遠藤K.貴則博士

▼公式フェイスブックページでは動画も配信中!

4月7日発売決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』
▼ご予約はこちら
------------------------------------------------------------------------------

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年3月23日

相手の記憶に残るプレゼンテーションの秘訣

あなたが、プレゼンテーションをする事になったとします。

発表の日に向けて、内容を作り込みます。

ポイントがうまくまとまり、
発表の練習もバッチリ。

『これは良い内容だぞ』と密かにほくそ笑む

そして、そのとおり、
当日は聴衆から拍手喝采をもらい大成功!

さて、成功したのですから、
当然、聴衆はあなたが話した内容を覚えているものだと思いますよね。

ところが、残念ながら、内容をほとんど覚えられていません。

あなたら大事な内容を盛り込んで、
印象的に10個や20個伝えられたとしても、

聴衆が、笑顔で前のめりになって聞いてくれていたとしても、
やっぱり覚えていません。

ワンポイントでも覚えてくれていたら良い方でしょう。

これは、別に聴衆が悪気があって忘れるという事ではなく、
そもそも人間の記憶とはそういうものなのです。

ですから、スピーカー側の心構えとして、

「聴衆はほとんど忘れるものだ」

という前提で、プレゼンを設計する必要があります。

スピーカーは、伝えたい内容をよく知っているので、
一回でも言ったら、全部伝わったと思いがちですがそれは間違いです。

ポイントを理解してもらうためには、
5回や10回は繰り返して伝える必要があります。

連続して繰り返すのではなく、
話の中で一貫して訴え続けるという表現の方が正しいかもしれません。

その際に聴き手に「同じ話をしている」と思われてしまうと、
聞いてくれなくなるので、表現を変えるように工夫しましょう。

例えば、今回のポイントであれば、

「プレゼンテーションは繰り返しが大事」
という事ですから表現は、

1.プレゼンテーションは繰り返しが大事。
2.話を忘れらないように繰り返しましょう。
3.一回で覚える人なんていませんよね。
4.何度も同じことを言われると覚えます。
5.壁塗りも重ねて塗りますよね。(比喩表現)
6.大事な主張は繰り返しましょう。
7.反復して伝えることがプレゼンには重要です。
8.何度か伝えてようやく伝わる話もあります。

この様に、バリエーションを作って伝えれば、
同じ話をしているとは思いません。

そして、キーフレーズだけは繰り返してもOKです。

つまり「プレゼンテーションは繰り返しが大事」という事です。

こうして、ようやくワンポイントが記憶される可能性が高まるのです。
これだけ、あてにならないのが人間の記憶です。

ですから、もう一つの重要なポイントは、

覚えておいて欲しい内容は、相手の記憶力に頼らず、
プリントアウトして渡すようにしましょう。

これで、記憶を補完することができます。



アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年3月21日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (58)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「天才って言わないで 」という話。

生まれつきの脳の発達の偏りによって、
心身に強い個性や弱さが生まれる「発達障害」。

正式な診断名ではないのですが、
その中でもこだわりが強く、
特に人間関係の構築が苦手なアスペルガー。

私はそのアスペルガー症候群を持っている経営者です。

ハンディなので、弱さがフォーカスされることが多いのですが、
中にはその個性を発揮して大きな功績を残す人もいます。

発明王のエジソンや、
レオナルド・ダ・ヴィンチ、
私が憧れるココ・シャネルなどが、

アスペルガー症候群ではないかと憶測されている人たちです。

発達障害の診断には綿密なプロセスが必要なので、
自分からそうだとカミングアウトしていない限り、
本当にアスペルガーかどうかはわかないのですが、

こうした偉大な人たちのおかげで、

「アスペルガー=天才」という、
イメージが広く持たれていることは事実と感じています。

アスペルガーの特性の一つに「過集中」があり、
周りの音も聞こえないくらい、
長時間何かに没頭することがあります。

私は原稿を書くときがそうで、7~8時間、
トイレにも行かずに書き続けることもあります。
何日にも何ヶ月にもわたるケースもあります。

そうすると、
さすがに大きな成果として褒めていただけることが多い。

ただ、その間、そのこと以外は見えなくなるわけですから、
他の仕事も家事も全て止まります。

そしてハッと気がついた時には体がボロボロに痛んでいる。
1日過集中でパソコンに向かった後は、

体がガチガチになり、痛くて横になることもできません。
頭痛、吐き気、眼の痛み。

それはひどいものです。

集中力は神がかっていても、
身体は人並みです。
酷使すれば、そのぶん痛みます。


「過集中」はコントロールすることができません。
いつのまにか起こり、終わります。


お子さんが「発達障害」と診断されることは、
親御さんにとってはショックの大きいことです。

一方、偉大な人がたくさんいるのだから、
うちの子がなんとか「天才」として生きる道を見つけたいと願います。

でも私は、

「天才」と思われている出来事のほとんどが、
この「過集中」が関係しているのではないかと思っています。

天才のようになることの陰には、
間違いなく体がダメージを受けることも知っていただき、

そればかりを求めないでほしい。

突出するというのは良いイメージですが、
実際にそういうキャラクターを持って生まれると、
バランス感覚がある方が生きやすいように感じます。


最近、体の不調がひどく、
電車に乗ることが大変困難になって、
ほんの隣の駅の病院や治療院に行かれなくなっていました。

何かのきっかけで、駆け込んだ、
私のオフィスの向かいの治療院の先生が、

「発達障害のことを勉強して治療にいかします」と、
治療法の研究を始めてくださったのです。

もともとスポーツ選手のケアに実績があるところで、
一流アスリートのために、
最新の情報や機器を導入しているところでした。

私には、触られることに大きなストレスを感じるという、
触覚過敏という、治療家泣かせの特性があります。

それを、ほとんど触らず、強い圧をかけず、
催眠術のようにあっという間に楽にしてくれ、

なんと私は再び電車に乗れるようになりました。

顔を見れば、休めか寝ろしか言わない先生ですが、
多分、一流の治療家として、
スイッチを切ることが必要と理解してくれているのでしょう。


価値観は一つではありません。
良いと思われていることが、
実はリスクをはらんでいたりもするのです。


azu_5801.JPG


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年3月17日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ⑥

スキマ時間なにしていますか?
これの答えだけでほぼあなたの年収が予測できてしまうとしたら?

「私にスキマ時間なんてものは無い!」、Dr.遠藤です。

今回は成功へ導くスキマ時間の使い方についてお伝えします。


ズバリ「何か価値がある事をする」です。


オウチーノ総研が行った調査では年収700万円以上と以下で大きな違いがあると発見されました。

taka_0601.png

 
年収700万円以上は新聞やビジネス書など情報の収集や知識の吸収を行っていて、

年収700万円以下は「何もしていないか、寝ている」、そうです。

しかし、私の友人達はどちらもしていない

大成への答えは「スキマ時間なんてない」です。
年収1億円以上の人達はスキマ時間を作らず、
「自分達が社会に価値を提供するために最適な行動」しかしていないのです。

つまり、アポ取りであったり、
スタッフへの指示出しであったり、
マーケティングであったり、
広報活動であったり、
営業活動であったり、

圧倒的に無駄はなく、何かしら意味のある行動が多いのです。

あなたはどう、スキマ時間を使っていますか?
どう、スキマ時間を使っていこうと思いますか?


参照:オウチーノ総研「スキマ時間の過ごし方」

-------------------------------------------------------------------------------
Mind Life Solutions, K.K.代表取締役 
遠藤K.貴則博士

▼公式フェイスブックページでは動画も配信中!

4月7日発売決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』
▼ご予約はこちら
------------------------------------------------------------------------------

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年3月16日

相手に向かって話すとは?

先日、3ヶ月にわたり行われてきた
バリュープレゼンター養成講座が無事に修了しました。

皆さん別人のようにスピーチが上達して、
自信に満ちていたのが印象的です。

omori_170314.jpg

そこではスグに使えるプレゼン技術を伝えているので、
どんどん技術的に上達をとげるわけですが、

3ヶ月修了後の感想として、
最も多くでてきたものが、

「相手を見る事が大事だと分かった」

というものでした。

これは、単純にスキルというよりも、

「どのような態度か?」

という部分も含まれているので、
講師として嬉しい感想でした。

なぜなら、この「相手を見る」ということが出来ると、
話し方やコミュニケーションだけではなく、
ビジネスの考え方まで大きく変わるからです。

「相手を見る」

ただ、形だけ見るのではなく、
心を込めてみているのか?
により、意味が全然かわってきます。

心を込めて見ることが出来たら、
相手とのコミュニケーションの質が変化します。


では、あなたは仕事中、誰かに話しかけられたら、
相手にどの様な態度をとることが多いですか?


1.パソコンやスマホ等に向いたまま返事する
2.目線だけ向ける
3.顔も話し手に向ける
4.手を止めて身体ごとそちらを向きなおす
5.立ち上がってその人を見る

この態度によって、
その人をどの程度重要に扱っているのか分かります。

立ち上がって、その人を見るところまでやるのは、
かなりの上役や、お客様のレベルだと思います。

ですから、日常的にそこまで多くはないですよね。

そこで、日常で、すぐに実践できて、
ワンランクアップできるのは、

4.手を止めて身体ごとそちらを向きなおす
のレベルではないでしょうか。

もしこのレベルで相手を見たら
「私はあなたを大事にしていますよ」
という強いメッセージとなるわけです。

また、これは、作業を止めて、身体を向けることで、
精神的にも、相手にフォーカスを向けることになります。

つまり心の態度としても、相手を見てることになるのです。

周囲の人と、いつの間にか機会的に接していたりはしていませんか。
親しい人ほど、当たり前の空気の様に接してしまう傾向があります。

この手を止めて相手を見るというレベルを実践してみて下さい。
自分が人と会話をしているのだと、意識ができるようになります。

すると、相手に笑顔が浮かぶことに気づけるでしょう。



アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年3月14日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う