TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に脳科学マーケティグを用いたセールス方法についての書籍を出版予定。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
2017年4月には自身初の書籍が出版される。

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ⑫

【人を呪わば穴二つ】

行動の意図は常に良い、Dr.遠藤です。

何故私が大成できたのか?
上手く行っているのか?

これを人に質問したところ、

「裏表がないから」
「事実しか述べないから」
「人の悪口を言わないから」

と私は言われました。

確かに私は人の悪口を滅多に言いません。

【自分を守るためや、保身のために感情的になることがない】そうです。

つまり、恐怖よりも、愛から感情を出すのが常だそうです。

別に、苛立たないわけでも、怠惰にならないわけでもありません。
人間なので、イラっと来ることも、メンドクサイと思うこともします。

世の中には他人の悪口や人生への悪口(愚痴)を言う人が多いです。
心理的にこれらをして、大成することはほぼあり得ません。


人は人のことを悪く言う人を本質的に信用しないし、警戒する傾向があります。
それは【いつか自分も悪く言われるのじゃないだろうか?】と思っているからである。
 
taka_1201.jpg

私が今の仕事を出来ている理由は、多くの人に助けられているからです。
そして、私が知っている達成者たちや成功者たちは誰しもが誰かの助けや応援があって成功できたと言います。
そして、人は「ネガティブであったり、悪口をいう人」と付き合いはしないし、応援もしないのです。

「陰口を言う人はどうなんだ!?」と思うかもしれません。

面白いことに陰口であったとしても、それを言う人の表情や雰囲気は良い物でありません。人の脳はそれを察知して、避ける能力を持っているのです。

人であれ、物であれ、環境であれ、状況であれ、人生であれ、
それらに恨み言、呪み言を言ったのならば、それらがあなたの欲しい結果を得るための助けになることはあり得ません。

そんな暇があるならば、誰かを褒めて、評価し、賛美していた方があなたを大成へと導いてくれます。

**********************************
販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
info@mind.life
**********************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年4月27日

毎回話が違う理由

今週も拙著『なぜあの人の話すと納得してしまうのか?』(きずな出版)に関する、
トークイベントのため、福岡のTSUTAYA BOOK STORE TENJINに行ってきました。

振り返ってみると、今月は「交渉」という共通したテーマで、
8箇所でトークイベントをしたことになります。

omori_0425.jpg

そして、実は各会場ごとに違う話をしてきました。

これは面白いと思いせんか。
なぜ、同じタイトルなのに、毎回違う話をするのでしょう?

その答えは・・・

「聞く人が違うから」

となります。

人が違えば知りたい部分も違ってきます。

なるべき聞き手の役に立つ話をして、
細かく対応したいと思えば、
話す内容が違ってくるのは当然だろうと考えています。

実際に今回も聞き手の傾向が会場によって異なりました。

ある会場では、若手のサラリーマンが大多数集まってきました。

また、ある会場では、7割近くが起業家で年齢層も様々です。

となると、聞き手は、同じ「交渉」と言っても
どこで使えるのか、なぜ学びたいのか?

動機や興味、関心がまるで違ってきまよね。

だから、私の感覚では、
同じ話をしろという方がムリがあると思うのです。

これは講師によって主張が別れるところだと思います。

講師によっては、アドリブは一切無し。
同じシナリオを毎回同じように話すことを勧めます。

私はこのスタイルを「劇場型」と呼んでいます。

認定講師の講座や、企業研修・説明会など、
毎回ある一定の品質が求められる人には、
オススメのスタイルです。

一方、私は、会場に行ってその場で、
聞き手が何に興味があるのかを確認します。

もちろん事前に主催者から傾向を伺いますが、
やはり自分の目でその場で確かめるのです。

そして、聞き手が何に価値を感じるのかを把握して、
相手にあわせてカスタマイズした話をします。

これは聞き手と話し手がコラボした「即興型」と呼んでいます。

結果のアンケートをとると、毎回ほぼ、満足か大変満足を頂いているので、
私はこの方式が気に入っています。

このスタイルは、職人気質な講師におすすめします。
毎回、出せるベストを提供し、毎回品質をアップさせているので、
成長型のコンテンツとも言えます。

メリットは、WindowsやMacのOSや、facebookのように、
市場の反応を見ながらどんどんバージョンアップを
させることが出来るので、講師自身も早くレベルアップできるわけです。

柔軟性と広範な知識を要求されますが、
その分、やり甲斐や満足感もあります。

では、どのようにして、同じテーマは同じでも、
相手に合わせて変えたら良いのでしょうか。

その秘訣は「なぜ」の部分にあります。

つまり、
「なぜ、あなたがこの話を聞くべきなのか?」
を考えるのです。

例えばサラリーマン向けであれば

「知っていますか?会社の時間で1時間あたり24分が人を動かすことに使われているんですよ。だから、交渉を学び、よいコミュニケーションを取りましょう」

と伝えます。

起業家向けなら、
「ビジネスとは交渉であると言えます。コストをダウンしたり、取引を有利にするには交渉を学ぶ必要があります」

と伝えます。

こうすると、相手は自分にとって意味のある話だと思いますよね。

なので、会場に到着して集まった人を見たら、
「私の話は、この人達にどう役に立つだろう?」
と考えるようにするのです。

プレゼンテーションはプレゼントです。

相手に役に立つ、知識、経験について語り、
相手が一つでも試してくれたら大成功。

そう思って、話を提供していきましょう。

アウトスタンディングな人生を!
--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年4月25日

ファミリーは、どんなことがあっても、続いていく。

親愛なる君に

中谷塾が、2017年4月で10年目に入りました。
あっという間の10年です。
その間には、蕁麻疹も、インフルも、帯状疱疹もありましたが、
一度もお休みは、ありませんでした。
「10年も、凄いですね」と言われるけど、
10年続けて通っているみんなが凄いです。
塾は、どんなに教える人がいても、
一緒に学ぶ人がいなければ、成り立ちません。
「なぜ、続くんですか」
続くのは、ファミリーだからです。
生徒と先生ではなく、ファミリーなのです。
ファミリーは、忙しいことがあったり、
転勤があっても、続いていきます。
同じ価値観の下、一緒に成長していくのが
ファミリーなのです。

彰宏より

P.S.
ファミリーが、勉強する勇気を持ち続けることができますように。

※こちらの記事は中谷先生のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。 

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年4月24日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (63)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「 我慢8割の生き方」という話。

次の出版が決まり、
企画書作りや打ち合わせなどが始まりました。

これで5冊目の著作となりますが、
いつもこのスタートの作業では心が踊ります。

私の講演会に来てくださる多くのお客様は、
強烈なニーズを持っています。

なんとなくいいことがあったらいいなではなく、
この生きづらさを今消したいと、
強く強く願っている方がほとんどなので、

本という形で、考えをまとめたものをお届けできることが、
大きな喜びとなるのです。

今回は、
「我慢の仕方」にフォーカスさせてほしいという言い方をしました。

発達障害と診断されると、
強い個性が現れるので、

「自由に」「あなたらしく」という指導をされがちです。

ところが本当にそうしていいかというと、
全くそうではなくて、
周囲の多くの人が、「なんとか普通になってほしい」と思い、
そうなることを毎日待っています。

私が発達障害者として、本当の気持ちを言えば、
家から一歩も出たくありません。

もしも学校に通う子がそう言い始めたら、
「不登校」という問題になりますし、

一家の大黒柱がそう言い始めたら、
「働き手がいない」という大問題になります。


ですから、ありもしない夢は見ないで、
嫌だけれども、少しでも楽に我慢できる方法を書きたいのです。

8割の我慢の向こうに、2割の爆発的な喜びがあるのです。


植物を見ていると、
1年の8割を固い蕾のまま過ごすものがいます。

そしてある時タイミングを迎えると、
一気に葉を伸ばし、花を咲かせます。

自然の摂理として、そんなことを表現したいと思っています。


「いい本になる」と、スタートで確信できています。
楽しみに発売を待っていてください。

azu_6301.jpg

azu_6302.jpg


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト
http://asnaoko.com

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/asnaoko/

━-━-━-━-━-━-━


投稿者:アズ直子|更新日:2017年4月21日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ⑪

「怠惰な脳みそに支配され続ける限り、
成功の余地はない。」―遠藤K.貴則

誰もが自分の思い描く、成功や幸せを掴みたいと思っています。
目標は達成したいし、成りたい自分もあります。

その、重要なカギとなるのが【習慣】であると、どんな自己啓発系統の本も講義もいっています。

「意思が決断を促し、決断が行動を促し、行動が習慣を作り、習慣が人格を作り、人格が運命を左右する」と言われています。

しかし、誰もが習慣化に失敗するのは、常にシステム①という怠惰な脳みそが我々を支配し、システム②という長考する脳みそになっていないからです。(詳しくはノーベル賞受賞者のダニエル・カーネマン博士を調べてください)

 

講義や本でも語るのですが、このシステム①の脳みそが私たちの日々の決断をコントロールしています。それは怠惰でいつも通りを好む習性を持っています。

今までやっていたやり方を素早く選択して、考えもせず行ってしまうのです。

つまり、「早起きしよう!」と考えても、システム①の脳みそは遅く起きるのに慣れているために、新しい選択をとろうとしません。

対処としては毎日意識的に何をやるかを考えるという事を続けなければいけないのです。
具体的には6週間前後続ければ新たな習慣がつくと言われています。

しかし、決断力は脳の力を使うので、決断の回数が多ければ多いほど、起きてから時間が進めば進むほど弱くなります。

人々が妥協しはじめるのも午後から夜にかけてが多いのもその結果です。
朝一に昨日決めたダイエットをいきなり「やめる!」とは言わないのです。

故に、朝一に自分が今日やろうと決めている事を確認し、
一日の決断の回数を減らすのが大事になっていきます。

つまり、実は朝一で何をやるかよりも、昨晩つぎの日のための準備をちゃんとやったかどうかが成功の鍵になります。

例えば、朝に運動するなら運動着で寝るとか、
出勤用のカバンの中身を整理しておくとか、
着る服を事前に決めておくとかです。
寝る前に何時に起きる!と脳に伝えるなど。

夕方になればなるほどシステム①の支配力は強まりますので、
新しい事をするなら起きてすぐと覚えておいてください。
そして、6週間は続けないと習慣にならないことも覚えておいてください。

**********************************
販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
info@mind.life
**********************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年4月19日

会場の設定に気を配る

先日、私の新刊本「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」
(きずな出版)が出版されました。

それに伴い、先週から全国の蔦屋書店でトークショーをしています。

omori_0418.jpg

このような形で自分で開催するではなく、
お呼ばれをして話す場合には、
運営のルールや会場の勝手が違いとまどうことがあります。

対策として私の場合は、手慣れた自社の運営のスタッフを連れていき、
会場の設定から司会までカバーしてもらうようにしています。
なので現場で困ることはほとんどありません。

ですが、多くの方は運営のプロを連れていくことは無いと思いますので、
事前に先方の担当者に、要望・確認事項のリストを渡して、
お互いにチェックすると良いでしょう。

最低限のチェックとして
・プロジェクターの接続
・机や椅子の並べかた
・マイクの種類や本数
・ホワイトボードやフリップチャート
・音響・照明

このような項目の確認が必要となります。

講師を読んで講演をすることに
慣れている人であれば問題は少ないと思いますが、

司会者が紹介するための講師プロフィールも用意しておきましょう。

相手方に用意してもらうと、どうしてもポイントが外れた紹介をしがちです。
なので、原稿を読み上げてもらえれば良い状態にしておきましょう。

そして、抜けてしまいがちなのは、受付から席への誘導の依頼です。

これは何かといいますと、

講師の目の間の席は、遠慮して座りたがらないことが多く、
そのまま放っておくと、ポツンと前の席が空いている状態で話すことになります。

これでは、話しづらいだけではなく、見栄えも悪くなってしまいます。

講演にはエネルギーが必要ですが、
空席があるとそこからエネルギーが抜けていくのです。

そうならないように、受付をしたら前方席からお詰め下さいと
誘導してもらうように依頼しておきましょう。

また、ちょっとした小技ですが、
10人申込があったら、10席用意するのではなく7席だけにしておきます。

そして、7席が埋まってから残り3つの椅子を出すようにするのです。
こうすることで、スムーズに前方席から埋まります。

もし、そのように誘導ができずに、虫食い状態のような席の取り方をしていたらどうしましょう。

こうなったら、最後の手段です。

「皆さん、遠いですね!どうぞ遠慮せずに、もっと前に詰めてください」

と言って、席を移動してもらいましょう。

席が一杯の状態でスピーチをするのと、空席だらけでスピーチするのでは
エネルギーがまるで違います。

そこは妥協せずに、セットアップをしましょう。

会場のセッティング一つでぐっとしまった素晴らしい講演ができるようになります。



アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年4月18日

湯船にお湯を満タンにしないと、あふれさせることはできない。

親愛なる君に

「結果がなかなか出ないんですけど、
どうしたら結果が出るようになりますか」
と、聞かれました。
結果とは、湯船からあふれるお湯のことです。
1リットル入れたから、1リットルあふれるわけではありません。
湯船が、満タンになるまで入れないと、あふれません。
あふれないからといって、やめてしまうと、
あふれる直前だったかもしれません。
中谷塾は、湯船にお湯を入れることをしているのです。

彰宏より

P.S.
一緒に、湯船にお湯を入れよう。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年4月17日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う