TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

本は、買うものではない。手に入れるものだ。

親愛なる君に

「お宝本を狙ってるんですが、
サイトに出ると、いつも売り切れになります。
お宝本を手に入れるコツはなんですか」
と聞かれました。
「お宝本になる前に、手に入れておくことです」
と、お宝本を持っている人が言いました。
本は、いつまでも存在するわけではありません。
時間が経過すると、倉庫にも存在しなくなります。
これが、お宝本です。
いきなりお宝本になる本は、ありません。
お宝本を持っている人は、
見かけたら、手に入れているのです。
目に入るというのが、神様からいただいたラッキーです。
本は買うものではなく、手に入れるものです。
僕は、見かけたら、読んだか読んでないか分からない本でも、
とにかく買います。

彰宏より

P.S.
「お宝本を手に入れる最高のコツは、
本が出たら、新刊のうちに手に入れることです」


※こちらの記事は中谷先生の2019年4月2日のレターり許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2019年7月22日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (177)

こんにちは、

アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、

「ひとつずつ確実に」という話。

 

自分も本を書く人なのに、

こんなことではいけないのかもしれませんが、

 

心身が弱っているときに、

書店に行くと圧倒されることがあります。

 

これも発達障害者の特質なのかもしれませんが、

 

・料理をしよう 

・片付けよう

・キレイになろう

・運動しよう

・勉強しよう

 

・・・・と、様々なテーマの本が並んでいると、

全部それを読んでやりぬかなければならないような気持ちになってしまうのです。

 

そして、

 

がんばれとリラックスしようが混ざったりしていると、

もうどうしたらいいかわかりません。

 

もしも書店だけではなく、

たくさんの商品を一度に見ると、

頭がぼんやりしてくる人がいたら、

それは視覚がとても鋭い証かもしれません。

 

目から見た全ての情報が、

取捨選択なく脳に刻み込まれてしまうのだそうです。

 

以前はたくさんの本を眺めて、

知らなかったジャンルの本を見つけると、

とてもうれしく感じていました。

 

こんな風に情報に触れる時の反応の仕方でも、

自分のコンディションがわかることがあります。

 

それでも、本屋さんが大好きだった自分に戻りたく、

こんな工夫をしてみました。

 

書店の入り口には、

テーマごとに、人気の本や評価の高い本が積まれています。

 

11テーマ」で、

そこだけを見るのだと決めると、

圧倒されることはありません。

 

むしろ、1つのテーマについて、

様々な角度から書かれた本を読むことは、

とても勉強になります。

 

「一度に全部」が辛い時には、

「ひとつずつ確実に」で取り組んでみましょう。

 

私の本は、

教育や福祉、心理といったテーマのところに置かれています

asbook.jpg



<私のハンディについて>
ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2019年7月19日

【第2章その7:GRITの力】

【第2章その7GRITの力】

―忍耐力を作る―

 

「明日欲しい!すぐ欲しい!・・・それをアマゾン・プライム病という」

―マット・ジェームズ博士

 

調子の良い時にできて当たり前である。

力を試されるのは疲れ、困難が立ちはだかり、

勇気をなくしたときである。

そして、何よりも結果が出るまで、

時間はかかる物である。

 

リジリアンスという単語が、

アメリカ心理学会で有名に成り始めたのが、

2001年の911テロ以降である。

意味は回復力、反発力を意味します。

 

グロース・マインドセットの開拓者で

心理学者カロル・ドゥエック(Carol Dweck)いわく、

リジリアンスを挑戦に対して適切な行動、

態度、感情の全てを示すそうです。

 

リジリアンスを保有している人物は、

問題や障害に対して挑戦であると捉え、

失敗しても、次はどうやってうまくやるかを、

考えているそうです。

 

2002年の研究で、

スタンフォード大学の学生たちは、

研究者たちに脳は柔軟性を持ち、

新しい脳神経は、

新しい挑戦に対して作られると教わりました(※脳神経心理学的に本当です)。

その学生たちは、

それを教わらなかった他の生徒達よりも、

成績がよくなったそうです。

ドゥエックいわく、

自分が新しい能力を身につけ、

知識を学べると信じる事が、

苦難を突破するのに必要な要素だそうです。

 

この精神を持ちながら、

GRIT(胆力、気骨、度胸)は培われます。

アメリカ心理学者アンジェラ・リー・ダクワース(Angela Lee Duckworth)は、

この分野に大きく貢献している方です。

彼女の言うGRITは、

妨害やチャレンジがあっても、

自分の道を歩み続ける力。

柔軟性は大事だが、頻繁に興味を変えていたら、

何も前には進んではいないのです。

ダクワースいわく、

「何かにおいて上手くなければいけない」、

それは「長期的情熱」から来る。

 

リジリアンスを保有するためには、

ポジティブなマインドセットと、

明確な長期的ゴールが必要になります。

何か自分に意味がある物に注目して、

情報と知識を集めれば、

自然と成功できるようになるのです。

 

【タクシー運転手の矛盾】

GRITの著者、アンジェラ・リー・ダクワースは、

タクシー運転手が最も稼げる日に、

最も運転しない事に気づきました。

雨が降る日に多くの人が、タクシーをとります。

しかしタクシー運転手は、

雨の日に早く家に帰ります。

何故なら普段の稼ぎを、

早い段階で達成しているからです。

何か大きな報酬や事を成し遂げたければ、

雨の日に注意しなければいけないのです。

その日こそ、アクセルを踏みこまないといけないのです。

 

【「私がやったこと」VS「私は・・・」】

リジリアンスを保有し、

GRITに至る人は責任が取れる人です。

しかし、失望を感じないのです。

以下の二通りの態度を見てみてください。


 0718endo.png


行動は行動であり、

人間性ではないのです。

行動を変えて、自分は認めないことには、

GRITは手に入りません。

 

忍耐力を持ち、諦めず、

前に少しずつ前進して、

目的を達成してみてください。

 

「成功するためには、

不可避の障害と人生の不平等さに向かい、

自己効力感と互いにリジリアンスを持ちつつ、

闘争しなければいけない。」

-心理学者、社会的認知理論提唱者、アルバート・バンデラ(Albert Bandura

 

では次の【第2章その8:平穏無事なマインド】

―マインドフルネス、瞑想、明確さと確信―

でお会いしましょう。



*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから

https://ameblo.jp/drtakaendo

updateに時差がある場合があります。


【株式会社アハハナのfacebook page

https://www.facebook.com/ahahanainc/

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたい方は、上記リンクのイベントページより日程や詳細確認ができます。


販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年7月18日

真面目に努力しているとハマる罠

こんにちは、インターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

先日は、プレゼンテーション講座のレベル2
ハイパープレゼン&マインドブレークスルー ステージ弐を行いました。

0716.jpg


この中でレクチャーしていたことから抜粋してお伝えします。

講座ではプレゼンテーションの技術を教えていますが、
そもそもの心構えが間違ってしまうとナカナカ上手くなりません。

そして、今回特に指摘をしたのが、

"セルフイメージ"

ほとんどの人は、プレゼンテーションする前に、
頭の中に良くないセルフイメージを持ってしまっています。

発言的には、

「私はプレゼンが苦手なので、頑張って上手になりたいと思います」

一見、前向きで良いことを言っていますが、

このスタートの考え方が間違っています。

どういうことかと言うと、

自分=プレゼン下手というイメージを作ってしまっているので、
下手な自分が練習をしても、うまくやっても下手だと思いつづけるのです。

講座中もよく見かけます。

習ったことを活かし明らかに、かっこよくビジっと背を伸ばし、声も出ていて、
ボディランゲージもできて、発言もしっかりとしているいにも関わらず、

「全然ダメです」という人がいます。

こういう人は、「まだまだ教育」
という古い教育の賜物だと思います。

まだまだダメ、全然ダメと意識しないと、
上手になれないと思いこんでいるのです。
ずっとダメ出しをしている様な状態になります。

セルフイメージで、下手な自分ときめているので、
たとえ、上手に話していても、
上手くいってない部分を探し出していつまでも自分を認められません。

その結果、もっとこうしなければ。
もっと、ああしなければ。
でも、出来ないから自分はダメ

と、真面目に努力をしている結果、
皮肉にも、出来ない自分を証明するために頑張ってしまうことになるのです。

その場合、まずやらなければならないことは、
技術を繰り返し練習することよりも、
セルフイメージそのものを変えることが大事です。

自分=話せている

というイメージを持ち、
「最初から話せている自分が、より上手になるためにやっている」

という前提で練習をしてみましょう。

生真面目につめるというよりも、
遊び心をもって、そんないい加減な、と思うくらいで良いです。

こうすると。楽しんで話せるようになり、
技術の向上も喜びながら行えます。

直接的に脳に影響し、セルフイメージを変えてしまう方法は、
講座の中で提供していますが

そうで無かったとしても、日頃から良いイメージをもって
練習をするようにしましょう。

この原則は、素早い技術の向上に役立つので、
プレゼンテーション以外の場所でも使えます。

ちなみに、私はいま英語の学習でこの方法を使っています。
セルフイメージを高く持ちましょう。

アウトスタンディングな人生を!



--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>

投稿者:大森健巳|更新日:2019年7月16日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (176)

こんにちは。

アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、

「体調管理は息長く」という話。

 

仕事をするためにも、

学ぶためにも、

 

体調が優れなくては、

何も上手くはいきません。

 

上手くいっても、

痛みや苦しさを抱えていては幸福感が全くない。

 

体を壊すほど仕事をがんばって、

倒れてしまっては意味がないですよね。

 

私のようにハンディを持っており、

過敏な体質であればなおさらのことです。

 

昨年の夏、大病をして体重が大きく減りました。

周囲の人が心配するほど、

どんどん痩せてしまったのですが、

 

病気が治って今度はどうなったかというと、

眠れるようになって、

食べられるようになって、

そして療養生活ということで極力外出もしないでいたら、

 

どんどん太って、

「そろそろ運動しましょうか。」と言われるまでになりました。


去年の夏は激やせで、

今年の夏は激太り。

"リバウンド"とはそういうものなのだそうです。


以前は、毎朝ジムに通って、

食事も健康ブームに乗って、

オーガニックやスーパーフードに凝ってみたりもしていましたが、

 

今、心がけているのは、

 

病気でも元気でも、

いつでもできる運動を毎日少しずつすること。

 

仕事が終わったあとに夜の散歩と、

時々ジムに行くくらいにしています。

 

私の住まいからは、

恵比寿ガーデンプレイスや六本木ヒルズ、

ちょっと頑張れば泉岳寺など、

素敵な散歩コースが数多くあります。

 

歩いてみて初めて発見することもあり、

楽しみながら体調管理をしています。

 

極端なことはしない。

息長く続ける方が大事。

 

「散歩番組」が流行っているそうですが、

同じ気持ちの人がたくさんいるのかもしれません。

 

六本木ヒルズ。


as1.jpg

 


恵比寿ガーデンプレイスです。

as2.jpg



<私のハンディについて>
ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2019年7月12日

【第2章その6:思考の深海へ】


【第2章その6:思考の深海へ】

―内部の自分を理解する―

 

「他者を知ることは知恵。自分を知ることは悟り」―老子

 

1999年、アメリカ心理学者ジャスティン・クルーガー(Justin Kruger)と、

デビット・ダニング(David Dunning)は、とある論文を発表した。

後に、ダニング・クルーガー効果と言われるものである。

彼らの発見は、私達がとある分野で、

上手くならないといけないと感じることと、

その分野で、どれだけ自分が上手いかを評価する能力が、

一緒であるという事である。

 

つまり、一定水準以下の能力を持っている人には、

自分がどれだけ下手であり、

無能なのかを知る力が無い。

 

傲慢とかではなく、

新しいものを学んでいる時に、

それがどれだけ複雑なものであるかを、

殆どの方が理解していない。

 

私達は正確なデータが欲しいのか?

 

自分の事になると、

殆どの方が、正確な自己採点が欲しいと述べます。

故に、客観的なテストや測りを使います。

しかし同時に、ポジティブな楽観的な結果も望むのです。

研究曰く、若干強調されたり、

誇張された自己像を持つ人の方が幸せで、

人望が厚いようです。

つまり正確なデータと、

周りに認められたいと思う感情の、

調律をとらないといけないのです。

 

知っておかないといけないのは、

私達の脳みそは、賛美に素早く反応し、

批判を長く覚え続けることです。

人々に、大事なできごとを思い出してくださいと頼むと、

平均で1のポジティブな記憶ごとに、

4つのネガティブな記憶を思い出すようです。

 

デビット・ダニングと、ジャスティン・クルーガーが調べたところ、

人々の自己判断力に関して以下の事が分かったようです。


0711endo.png

 危険なのは、平均以上できていると思っている事程、

全く知らない事になります。

なので、「できない」事をどうにかするより、

「できている」と思っている事を改善する方が、

良かったりするわけです。

 

自己の能力を判断するベストな方法は、

周りの人が、あなたについてコメントする事をかき集めて、

総合的に何を言っているかを把握することです。

これにより、「本当に得意」なことが、

テーマとして浮上してきます。

そのものが、

①空気を吸うぐらい当たり前なことか、

②自分は不得意であると勝手に思っている事かもしれません。

 

自己を深いレベルで知る事は、力となります。

自己の能力を評価する時、

タスクが以下の通りであればあるほど、

正確な評価ができます。

 

・客観的である:具体的に明確にやるべきことを、述べることができる。

・親しみのある技術や、能力に対して行われる

(※知識や経験が少ないとフィードバック自体を理解できない)

・シンプルである:必要であった場合、細かいタスクに分ける

 

そして、賛美を探します。

これは、伸ばさないといけない能力を、理解するためにです。

2005年のハーバード・ビジネス・レビューでは、

以下の事が推薦されています:

 

・メールで信頼できる人。友人や同僚に、正直な自分の強みの評価を貰う。

・パターンを把握する。同じテーマが、違う方法で出てくるはずです。

・自画像を作る。人々が言った事と、自分がどう自分を見ているかを組み合わせて、

絶好調時の自分が、どんな感じなのかを把握する。

・人生計画と仕事を、自分の強みを伸ばすように計画する。

 

人生で最も長く付き合わなければいけないのが、

【自分】です。

その自分を深く理解するのに、

時間を割かない理由はありません。

是非、思考の深海へと深く潜っていてください。

 

では次の【第2章その7GRITの力】

―忍耐力を作る―

でお会いしましょう。



*****************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから

https://ameblo.jp/drtakaendo

updateに時差がある場合があります。


【株式会社アハハナのfacebook page

https://www.facebook.com/ahahanainc/

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたい方は、上記リンクのイベントページより日程や詳細確認ができます。


販売開始1週間で重版決定!
購入は大手書店でお願いします。

*****************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年7月11日

集中力を持って参加してもらうために必要なこと

こんにちは、インターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

これまで、私のセミナー受講者でもっとも若い子は13才の中学生でした。
今回はさらに若く、なんと11歳の小学生が参加をしました。。

0709.jpg

参加したセミナーは、私の看板セミナーである
「ハイパープレゼン&マインドブレークスルー」です。

内容はキッズ向けのものはなく、
れっきとした大人向けのトレーニングです。

あらかじめ、子供だからといって特別扱いをしないこと、
もし、分からないことがあったら何でも聞くことを約束してのスタートでした。

小学校の授業は1コマ45分に対して、
私のセミナーは1コマ90分ですすみますので、
それだけでも大したものです。

しかも1DAYで一気に教える、11時間ほどのセミナーですから、
気力も体力も使います。

そんな中、ワークをしっかりこなし、
最後まで元気にしっかりとノートを取って、大人顔負けの発言をしていました。

むしろ大人よりも私のジョークに反応してくれていたくらいです(笑)

もっとも、その子は、ワールドクラスパートナーズのメンバーの息子さんなので、
ちょっと普通ではないのですが。

それにしても子供の集中力や吸収力をバカにしてはいけません。
私も子供のころ、テレビゲームや楽しい遊びをしていたら、
何時間でもあっという間に過ぎてしまったことを思い出しました。

講師側の状態や熱意、飽きのこないワークや構成をすることで、
長時間でも何の問題もなく、大人と同じように学ぶことができることを証明してくれました。

最近の小学生では、授業中にちゃんと座れずに歩きまわる子がいたり、
集中力が続かないと問題になっていますが、
それは教師側の講師力不足という要素が大きいのではないかと思います。

なぜなら、クラスや先生によって全く子どもたちの反応が違うからです。

プレゼンテーションは相手とのキャッチボールが必要です。

重要なことは、ただ単に、用意したコンテンツを披露すれば良いのではありません。
聞き手のステート(心身の状態)を良い状態にしながら進行をする事です。

私の先生の、アンソニー・ロビンズも朝から夜中までセミナーをやりますが、
その際にずっと気をつけているのが、ステートの管理です。

反応の様子を見て、
・もっと強調したほうが良い。
・早く進めた方が良い。
・じっくり考える時間をとった方が良い。
・飽きてないか
・疲れてないか
・混乱していないか

こういった会場の雰囲気やエネルギーをよみとり、
緩急自在に勧める必要がります。

一番カンタンなのが、水を飲んだりストレッチをすることです。
私の場合は、アクティビティと呼ばれるゲームを多数いれます。
良いアクティビティのやり方はまた今度にゆずりましょう。

まずは、会場の状態をしっかりと観察するようにしましょう。


アウトスタンディングな人生を!



--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>

投稿者:大森健巳|更新日:2019年7月 9日

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う