TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

目を見て話すとは?

あなたは子供の頃、こんなことを言われませんでしたか。

「相手の目を見て話しなさい」


スピーチをする時におこりがちなのは、

目を見て話すことができない。

大勢の人から見られていると緊張してしまい、
天井や壁、パソコンやスライドに向かって話しかける姿です。

これは、不安の現れの一種です。
私達は本能的に人の目を直視するのを避けてしまいます。

よく猿の目を見てはいけないとか、
野生動物の目を見てはいけないと言われますが、
なぜでしょう?

実は目を見るのは、敵対しているサインとなるからです。

不良学生が「ガンをつけた」といってケンカになったりするのは、
まだ、精神が未発達で、目を見る=敵対している
となっているからです。

つまり、私達は目を見て話すことに抵抗感があるのは
生き物として自然な反応なことだと言えます。

でも、スピーカーは「目を見て話す」が求められます。
これは本能に逆らったことをするので大変ですよね。

ちなみに、人間の場合目を見るのは、敵対心だけではありません。
親愛の情のサインとしても機能するのです。

ですから、スピーチをする時には、
新愛の情で目を見る事が大事です。

しかし、一対一なら目を見るのは分かりますが、
一体多数の時はどうしたらいいのでしょう?

どれぐらい見ていたら良いのか分かりづらいですよね。

ここで、素晴らしく使いやすい基準がります。

「相手の目の色が分かるくらい」

です。

普通は、パっと目があった時に、なんとなく目をみていると思いますが、
そうではなく『目の色は?』と確認して下さい。

すると、相手の様々な感情や状態が伝わってきます。

そうしたら、次の人を見るのです。

私はこれを「コネクト」と呼んでいます。

目を合わせることで、親愛の情のサインとして、
大勢の人とのつながりをつくること。

会場のいろいろな位置の人に、コネクトをしながら話すと、

その会場全体がコネクトした、とても心地よい空間になって行くのです。


もちろん一対一の会話でも有効です。

相手の目の色を確認したら、スッと視線を外し、
また見る時は目の色を確認する。

これで相手とのつながりが増していきます。

シンプルな習慣を心がけましょう。



アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年5月23日

足のマメがなくなると、金運も恋愛運も上がる。

親愛なる君に

「塾に参加して、足のマメが取れました」
と、【中谷塾 セミナー】に参加した人が言いました。
【姿勢服装塾】だけでなく、どんなテーマで話す時も、
姿勢を教えます。
「ここに、マメがあるね」
と指摘すると、
「どうして靴を履いたままなのに、わかるんですか」
と驚かれます。
姿勢が悪いと、足にマメができます。
「どこにできるマメが、よくないマメですか」
いい姿勢でいると、どこにもマメはできません。
マメは、削っても、姿勢をよくしないと、すぐできます。
足にマメができると、痛さをかばって、
ますます姿勢が悪くなって、ますますマメができます。
姿勢がよくなると、マメはウソのようになくなります。
マメがなくなったというのは、
正しい授業の聞き方ですね。

彰宏より

P.S.
足のマメがなくなると、仕事運も恋愛運も金運も、上がります。

※こちらの記事は中谷先生のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。  

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年5月22日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (67)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「お母さんにあげたいコミュニケーション能力」という話。

岐阜大学サテライトキャンパスで、
講義をするという仕事をいただきました。

公開講座なので、
主には社会人の方が対象です。

私の専門分野は障害福祉なので、
教員、相談員、支援者などの職業の方が多くいらっしゃいました。

そしてその中に混じり、
障害を持つ当事者や、
お子さんにその診断が出ているお母さんも数人ですがいらっしゃいました。

発達障害は、
一人一人に強く個性が出るので、

症例などでくくることが難しい領域です。

ハンディのことで悩んでいる人の、
困っていることや、
解決法は千差万別なので、

質疑応答の時間を必ず設けて、
できる限りでですが、一人一人への対応を心掛けています。

質疑応答の時には、
質問者のコミュニケーション能力が露わになります。

聞きたいことをまとめる力。
周囲に対しての配慮。

限られた時間で、さっとそれを成し遂げるのは、
高いコミュニケーション能力を求められることだと思っています。

自分の生い立ちから始まってしまい、
話を短時間にまとめられない人。

感情失禁を起こし、
泣いて泣いて話せなくなる人や、
怒りがおさまらなくなってしまう人。

考えをまとめたり、
人前で話す機会のあまりない、
育児に今専念しているお母さんは特にそうです。

この場では、私がうまく対応できるので、
大きな問題にはなりません。

でも、こうしたことが、
家庭や学校でも繰り返されているとしたら、

ハンディがある上に、
誰の応援も得ることができない辛い状況が予想されます。

まずは、落ち着いて。

深呼吸でも、
手をグーパー握ったり離したりしてもい。

できるだけ、伝えたいことと感情を切り離して、
淡々と話せるといい。

泣いちゃったあの人に、
コミュニケーション能力をあげたい。

お子さんを育てるという、
一番大切な役目なのだから、

コミュニケーション能力も交渉術も、
人一倍、学べる機会があるといい。

私の講演でも研修でも、
一番力を入れているのはその点なのです。

azu_6701.jpg

azu_6702.jpg

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年5月19日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ⑮

あなたは凄い!このブログを読んでいるから、詰り成長をしたいと思っているから!
あなたは素晴しい!他の人達が、口にするだけでやらない事を実際に実行するから!
あなたは大成する!平均や平凡とは違うし、まぁまぁな人生では物足りないと思っているから!

「突然なんだ?」

と思った人?

人の凄い所を発見するのが好きな、Dr.遠藤です。

人間の脳は無意識に褒められるのが好きであり、褒められたことを強化しようとする作用があります。つまり、褒められて人は成長し大成するのです。

他人を褒められる人は他人の凄い所、才能を発見するエキスパートと言えるでしょう。
この人は問題の改善策や、人と人とを繋げることが極端に上手い人で重宝されます。

私たちは基本自分のことにしか関心がなく、他人の良い点を発見するのを苦手としています。なのに、相手から褒められたいと願っている矛盾があります。

なら自分が褒めることをやりましょう。
人から好かれる魅力的な人物になります。

そして、褒められたなら堂々と受け取りましょう!

このように:

taka_15.jpg

本当に多くの5つ☆レビューありがとうございます!

受け取らないとことをするのが人間の脳の自然な反応です。
これはあなたに変わって欲しくないです。

大成している人達ほど、人々からの賛美を心から感謝し受け取ります。

【人を褒め、褒められたなら、「ありがとう!」と言って受け取れる】そんな人物になればあなたも大成できます。

**********************************
販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
info@mind.life
**********************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年5月18日

あなたの話は喜ばれている?

「ノーニーズ・ノープレゼンテーション」

この言葉は、ブライアン・トレーシー先生から習いました。
ニーズの無いところに、プレゼンテーション無し。

もし、ニーズが無いところで、勝手にプレゼンテーションをしたら
どんなに良いものでも、押し売りになってしまいます。

だから話し手が最初にやらないといけないのは、
聞き手のニーズを喚起することです。

ピントがボケた話になるのは、
聞き手のことが理解できていないことによります。

そこでどのようなセンスが必要になるのかと言いますと、
マーケティング的なセンスをもって、
話を決めるとピタッとはまります。

マーケティングには様々なフレームワークがありますが、
ニーズからズレないために、オススメしたいのは。

リサーチで使う
BDFフォーミュラーです。

これは、
Belief(信念)
Desire(欲求)
Feeling(感情)

の頭文字です。

この三つで考えると、実にいい感じのプレゼンテーションになるのです。


①Belief(信念)
これは、聞き手がもっている思い込みや信じている事です。
業界の常識、本人の思い込みは何か?

例えば、
「自分はスピーチがヘタ」
「大勢の前だと緊張する」
「上手い人は、最初から上手い」

相手の思い込みを、ちゃんと分かったら距離感が縮まります。

②Desire(欲求)
聞き手は、何ができたら良いと思っているのか、
何がなくなれば良いと思っているのか。

例えば
「上手く話せるようになりたい」
「緊張しないで話せるようになりたい」
「頭が真っ白になるのはイヤだ」
「恥ずかしい思いをしたくない」

これは、特に不満が何かを考えれば、欲求が見えてきます。


③Feeling(感情)
どんな感情を感じているのか。

例えば
めんどくさい、うれしい、たのしい、ワクワク
悲しい、感謝、怖い

あなたの話を聞く前には、どんな感情で、
話を聞き終わったら、どんな感情になっているのか。

ビフォアー・アフターで考えます。

聞く前には、不安、緊張、怖い
聞き終えたら、楽、嬉しい、期待感

といったようにします。

このように、BDFを意識できたら、
聞き手にとって意味のある話ができるようになります。


BDFを知るためには、質問をしてもいいし、
自分の体験などを通じてでもいいです。


組み合わせると、相手のニーズにピッタリの話ができます。

こんな感じです。

「あなたは、大勢の前に立つと、緊張したり、上手く話せるか不安になったりしませんか?

ほとんどの人は、そう思うのですが、間違った思い込みがあります。

スピーチは練習すれば、誰でも上手くなります。

なぜなら、日本の国語教育では、
正しいスピーチのトレーニングを受けていないはずです。

ですから、ちょっとした手ほどきを受けるだけで、
スムーズに話せるようになります。

例えば、どの順番で、どう話せばいいのかを知れば、
何を話せばいいのか?という余計な不安はがなくなります。」

このように、BDFを意識して話すと、
ぐっと相手にとって意味のある話となるのです。

聞き手のニーズを喚起できたら、
プレゼンテーションを半分成功したようなものです。

BDFを意識してみましょう。


アウトスタンディングな人生を!

--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------


投稿者:大森健巳|更新日:2017年5月16日

成長し続ける人が、恋人と長続きすることができる。

親愛なる君に

恋人ができても、長続きしないんです
と、相談されました。
続かないのではありません。
続けようとしていないのです。
ちょっと、すれ違ったら、先に降りてしまっているだけなのです。
「続けるには、どうしたらよいですか」
続けるには、工夫が要ります。
「どんな工夫をすればいいんですか」
工夫は、勉強と体験で身に着けていかなければなりません。
身に着けることができるのです。

『あの人はなぜ恋人と長続きするのか』(主婦の友社)できました。



彰宏より

P.S.
続く人は、成長し続ける人です。
成長し続けなければ、飽きられるのは当たり前ですね。

※こちらの記事は中谷先生のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。 

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年5月15日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (66)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「文章は鍋の前で考える」という話。

よく、
「アズさんはどうしてそんなに文章を書くのが早いのですか?」と聞かれます。

確かに早いかもしれません。
会社の人たちと比べると、
2倍、3倍の速度で書き上げ、

「もういいです」

・・・と言われるくらい頻繁にメールマガジンを配信し、
ブログも更新します。

理由のひとつは、
アスペルガーの特性である「過集中」だと思います。

何かに集中すると、
他のことには目もくれずに取り組む傾向が強いです。

いいことのように聞こえるかもしれませんが、
時間が過ぎるのを忘れてしまったり、
他のことを一切しなくなるので、

周りの人は大変な特性だと迷惑に思うこともあるようです。

もう一つは、

妻母社長なので、
どうしても苦手なマルチタスクに取り組むことになります。

母親歴18年の間に工夫を重ね、
時間の節約に努めているからではないかと思います。


例えば、ブログでも本でも、
文章を考えるのはパソコンの前ではなくて、

煮込んでいる鍋を見張りながらや、
通勤の電車のなか、
お風呂に浸かっている時などです。

パソコンに向かうのは、
もう書くことが決まっていて、

あとは打ち込むだけなので早いのです。


アスペルガーは不器用だといいますが、
18年も練習すればできることもあります。

ぜひ、細切れの時間を探して、
仕事に役立つ考え事に使ってみてください。





考えて、

azu_6601.jpg

書く

azu_6602.jpg



━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年5月12日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う