TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

やる気をアップする秘訣

こんにちは、インターナショナル・スピーカーの
大森健巳です。

先日は、浅田真央ちゃんの母校、
名古屋の中京大学で「伝え方の極意」について
講義をしました。

ビジカレブログ画像_191112.jpg

19歳や20歳といった、これからの日本を背負って
立つ若者たちに、話をするのは、とても楽しい体験
でした。

私の講座には、40代以上の参加者が多く、
「もっと若い時にやっておけばよかった」

という姿をたくさんみているので、
転ばぬ先の杖のような老婆心で、
アレコレと伝えてきました。

そんな中で、質問をされたのが、

「モチベーションってどうすれば上がりますか?」

という質問です。

ちなみに質問者は、真面目そうで、細くて、自信の
無さそう。

こうなると経験上、ほとんどの場合、
母親との関係が今の自信の無さに悪影響を
出しています。

モチベーション以前に、本当にやりたいことを
制限されていて、自分が本当はやりたくない事を、
やりたい事としているからやる気が出ないのです。

と、いきなり言われても面食らうだけなので
的意識について伝えました。

フルマラソンの42.195Kmは何故走れるのか?

普通に考えて、ただ走るだけなら10mだって
走らないでしょう。

・ひまだから。
・なんとなく、走ってみたいから。
・新たしいシューズを買ったから試してみたい。

どうでしょう?

こういった理由で走る人はまずいませんよね。

しかし、42.195Kmの先にプロポーズする彼女が
待っているとしたら。あるいは、走ることで、夢が
叶うとしたら。

這ってでも行こうとするでしょう。

つまり、何が目的なのかによって、全然
モチベーションが違います。

何のためにそれをするのか?(目的)
何故それをするのか?(理由)

この2つを、単なる理屈を頭で考えるのではなく、
心の中心から考えるようにするのです。

それによって、本当の理由が出てきます。
なるべく多くの理由を作ってみましょう。
やらざるを得ない理由です。

これによりモチベーションが高まります。


アウトスタンディングな人生を!




--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------


投稿者:大森健巳|更新日:2019年11月13日

詰め込まれるより、自分で詰め込む人が、成長する。

親愛なる君に

「勉強には、詰め込み教育がいいんですか、
ゆとり教育がいいんですか」
と、聞かれました。
僕自身は、詰め込み教育世代ですが、
詰め込まれた記憶はありません。
詰め込まれはなかったけど、自分で詰め込みました。
詰め込んだというより、吸い尽くしたのです。
もう一度、学生時代をし直しても、
やっぱり、吸い尽くします。

彰宏より

P.S.
【中谷塾】塾生が吸い尽くせるように、
授業の中身を、ぎゅうぎゅうに詰め込みます。

ビジカレブログ画像_191111_2.jpg

※こちらの記事は中谷先生の2019年5月7日のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2019年11月11日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (192)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。
今日は、
「11月にしたいこと(体調管理)」という話。

本当に忙しくなる12月に備えて、
11月に積極的に対策をしておくと、

とても平和な年末年始を、
過ごすことが出来るようになります。

今日から暦の上では「立冬」ということで
冬を迎えます。

もう街中でも、コートを着て歩いている人を
見かけるようになりました。

本格的に寒くなり、風邪やインフルエンザも
流行り始める時期です。


12月はどうしてもスケジュールも忙しくなり、
また外食等の機会も増えますから、つい体にも
負荷をかけてしまう。

お世話になっている人からのお誘いは断りづらく、
また楽しいお食事の席で、ダイエットなどを
気にして、自分ひとり楽しめないの残念なことです。


11月の間に、体調管理については、風邪予防などを
心がけておく、食事については、食べる量や栄養
バランスを好ましい状態に整えておくなど、

12月に多少の乱れがあってもすぐに回復できる、
元々の健康状態の基盤づくりをしておくと良いのでは
ないでしょうか。


お酒を飲む量が、お付き合いなども増えて頻繁に
なっていたので、11月中、思い切って完全に飲まない
ようにしてみました。

温かいお茶がとても美味しく感じられ、周囲の人も
私がお酒を飲まないことに、だんだん慣れてきて
くれているようです。

忘年会・新年会ラッシュが始まる前に、大切な
仕事仲間とゆっくり食事をする機会を設けました。

薬膳なのでこれなら体にも良さそうです。

ビジカレブログ画像_191108_4.jpg


<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━


投稿者:アズ直子|更新日:2019年11月 8日

【第3章その10:内なる敵】

―自傷的態度を改善する―

「時にやりたい事がある、やるべき事がある、なのに
『止めた方が良い』と囁いたり、良い事があったのに
『大した事ないよ』という、そいつが小さな声だ」
――国際的セールストレーナー、ブレア・シンガー

「大したことない」
「絶対に欲しいものは手に入らない」
「達成したことがあること全て、価値がない」
こういった思考を取り除き、自分を傷つける行為を
止めることは可能です。

内なる声(小さな声)が自分を馬鹿にしたり、自信を
なくさせたり、自分を疑わせるようなものだったら、
これらは自分のスキル修得を困難にさせたり、
影響力を下げ、仕事の成功率を下げることになります。

成功したい、結果を出したい、影響力を上げたい、
伝えたい事がちゃんと伝わるようにしたいなら、
以下の事を対処しなければいけません。

【自分は有能である!と見えるようにする】
心理学では自己効力感と言われるものです。
無力感の逆であると思ってください。
しかし、ただ「私は有能だ!」と思えば信じられる
ようになれるほど簡単な話ではありません。

有能である、自己効力感がある人達の多くは、
以下の事を真実だと信じている節があります。
1.結果に対しての原因、コントロール権は私にある。
 (健康的な、罪悪感なき自己責任)
2.成功するための資源(人脈、情報、経験、資産、
 など)は既に保有している、認識できる範囲で
 私は常にベストを尽くしている。
3.つまり、失敗したならば、気づいていなかった
 既に持っている資源の何か(問題や異常、異変
 など)に気づくチャンスであり、学びの機会である。
4.故に、人生に失敗は無い、改善のためのフィード
 バックだけだ。
5.柔軟性が高い者が場を支配する!

無力感、無能であると感じている人は、逆に以下の
口癖か思考を保有しています。
1.結果は、ランダムか私にはコントロールできない
 ものである
2.貧乏だ、〇〇が足りない
3.失敗した、最悪だ、終わりだ
4.この方法・やりかた・見方・考えが絶対に正しい!
 (頭が固い)

【自分の反応に自己リフレーミングをする】
リフレーミングとは、言った事に対して異なる見方を
提案したり、異なる状況だったら意味が変わる事を
認識することです。例えば、「今の会議、下手を
打った・・・」と思ったら「良い勉強になった」、
「本当あいつ、どんくさい」と思ったら「今年の
忘年会の一発ネタかボケ役にピッタリだ!」と
思い直すことです。ポイントは、どうやったら
もっと自分に有用な考えに変える事ができるか、
ということです。

【自分を許す】
1.必要がない比較をしない
 a.例えば、ハリウッドスターに比べて私は「太っ
  てる」「不細工だ」「貧乏だ」など(自分がハリ
  ウッドの俳優、女優で、ライバルと比べている
  場合を除く)。
 b.例えば、1年目の私はこの道30年の経験がある
  上司より仕事ができない(当然、年数が足りない)
2.自分の弱さを認める
 a.心理学の研究では、「勇気=弱さを見せる行為」で
  あるとを定義づけています。
 b.完璧な人間はいない。いるとしたらフィクションや
  映画、アニメ、その他の見過ぎ、読み過ぎである。
 c.弱さを認めれば改善できるし、状況や場面が変わ
  れば強みに成り得る。
3.先ず自分の勝ちを祝い、ご褒美をあげる
 a.どんな小さなことでも、良かったら意識的に祝う。
  「良くやった私!」(頭の中で、声に出すのでも
  良い)
 b.カレンダーのスケジュールも、お金が入ってきた
  ときも、どっちも先ず自分の事を優先させる。

【自己効力感を育てる】
1.修得経験:仕事でもなんでも完成や完了を目指す。
 そのプロセスの中で学習し、スキルが上達する。
 多くの人が未完了なものを持ちすぎている(例、
 仕事、本、掃除、整理整頓など)
2.社交的モデリング:他人が問題を解決したり技術を
 習得するのを視ることで、自分が見えていなかった
 可能性を大きくする。
3.社交的説得:周りからフィードバックをもらうことに
 より、自分が得意な事、改善しなければいけない
 事を明確にする(ただし、聞く相手は慎重に決める。
 良い事ばかり言う人、問題点ばかり指摘する人、
 アドバイスしかしない人、バランスよくいう人
 など)。
4.選択肢のプロセス:どんな状況でも、選択肢はあり、
 改善できる事を認識する。設定した目標やゴールも
 変える事を良しとする。(例:1年以内にエベレストに
 登ると目標を立てたが、富士山を登ったらあまりにも
 難しい事がわかり、a)5年以内にエベレストに
 登るに変えたか、b)1年以内にキリマンジャロに
 登るに変えた)

では次の【第3章その11:インポスター症候群】
―自分のスキル、能力を受け入れる―
でお会いしましょう。

ビジカレブログ画像_191107_2.jpg

***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、
shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加して
みたい方は、上記リンクのイベントページより日程や
詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない
「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************



投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年11月 7日

茶の湯とプレゼン

こんにちは、インターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

茶の湯というと、静かに儀式めいたもののイメージがあるので、
プレゼンテーションとはまるで逆の印象を持つのではないでしょうか。

実は私、セミナールームを茶室とみなして、
考えることがあります。

すると、なんとも共通点がたくさんあることが分かります。

千利休の伝わっている逸話で、茶室に加藤清正が訪れた際の話があります。
お茶の最中、加藤清正は、お茶ではなく、ずっと利休の顔を見ていたそうです。

そのことについて、同席していた連客が訪ねたそうです。

「利休殿のお点前ではなく、顔をずっと見てらしたのはなぜですか?」

すると、加藤清正は
「私は茶の湯のことは一切わからぬが、始めから最後まで万事ずっと
穏やかな利休どのの顔をみていた。あのような心構えはなかなか
できるものではなく、武芸においても必ず高名を上げただろう」

と答えたと伝わっています。

練習とは、上手にやってみせるのではなく、
心を収めるように練習をすることが大事となります。

先日、4日間に渡るプレゼンテーション合宿を行いました。

ハイパープレゼン&マインドブレークスルーというタイトルをつけていますが、

プレゼンテーション=もてなし
マインド=心得を旨としたのです。

ビジカレブログ画像_191105_2.jpg


今回もどのような心得でプレゼンテーションをするのかを学びました。

心を静めて、おもてなしをするという考え方をすすめると
緊張という考えが無くなります。

上手下手という次元を超えて、
ともにいるというセンスが磨かれるのです。

とはいえ、なかなか心を修めることは簡単ではなく、
探求の道は続くのです。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------





投稿者:大森健巳|更新日:2019年11月 6日

アドバイスとは、 「何かを足すことではなく、整理して、片づけること」だ。

親愛なる君に

「頭の中のごちゃごちゃが、
一気に、片づきました」
と、【個人レッスン】に来た人が、
スッキリした顔で言いました。
頑張っている人ほど、インプットが多いので、
頭の中が物であふれています。
あふれたまま、まだまだ詰め込むので、
大混乱になっています。
頑張ってないから、行き詰まるのではありません。
「あと、何を足せばいいのですか」と考えがちです。
片づけることが大切なのです。
整理して、片づけることで、
その人にしかできないものを
生み出していくことができるのです。

彰宏より

P.S.
【個人レッスン】は、頭と心の「かたづけ士」ですね。
一緒に、片づけましょう。

ビジカレブログ画像_191104_2.jpg

※こちらの記事は中谷先生の2019年5月5日のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。



投稿者:中谷彰宏|更新日:2019年11月 4日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (191)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。
今日は、
「11月にしたいこと(かたづけ)」という話。

仕事場も学校も、家庭も忙しくなる12月に備えて、
11月の間に前もって雑務を済ませておくと、
本当に忙しい時期をとても楽に過ごせます。

いよいよその11月になりました。

まず真っ先に浮かぶのは片付けのことですよね。


11月の間に、
大量に溜まった書類や雑誌類の整理や、
ずっと置きっ放しになっている大型のゴミなどを片付けておけると、

場所も広く使えるようになりますし、
ものを探すことがなくなります。

大掛かりなことを済ませておいて、
12月は現状維持を心けるだけで済めば、
こんなに楽なことはありません。

忙しい12月のパフォーマンスが上がると、
周りの人の評価も上がるのではないでしょうか?

家庭でしたら、
暖房を本格的に使う前のエアコンの掃除や、
換気扇やお風呂の徹底掃除など、
大掛かりなことから始める。

あとは、毎日使う部分を汚れたら綺麗にする方式で維持すれば、
今からすぐに気持ちよく過ごすことができます。

実は私の住まいはすでにそういう状態に常になっていて、
必要最低限の片付けを毎日こまめにすることで、
とても快適に暮らせているのです。

これは、「片付けられない」が代名詞の、
発達障害者としては奇跡的なことです。

コツは、大掛かりな片付けを済ませたら、
あとは"その日暮らし"を心がけることです。

買いだめをしない、
つくりおきをしない。

その日に使うものだけを少量買ってきて、
その日のうちに使い切ります。

もしかしたら冷蔵庫すらいらない生活かもしれません。

そして、そうしたミニマム生活をするときに、
必ず心配になるのは、
災害が起きたときにはどうするのかということなので、


防災用の備蓄は、別にきちんと収納してあるのです。

ちょっと買いに行く手間を我慢するか、
いつも片付けのことを気がかりにしているか、

どちらが良いかを考えて、
私はその日暮らしに踏み切りました。

それはいいなあと思った方がいらっしゃったら、
ぜひ2019年の大掃除を最後に、
片付けの心配がない生活に切り替えてみてください。

先日、大型の台風が関東を直撃しましたが、
最低限備蓄と少しの買い足しで問題ありませんでした。

養生テープが売り切れだと話題になっていましたが、
会社で使っている梱包資材を窓に貼って備えました。

ビジカレブログ画像_191101_2.jpg


<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━


投稿者:|更新日:2019年11月 1日

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う