TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に脳科学マーケティグを用いたセールス方法についての書籍を出版予定。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
2017年4月には自身初の書籍が出版される。

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (55)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「 ただ休むだけでたくさんの不満が消える」という話。

発達障害の特徴をこまめに書くようにしています。
 
実は発達障害の特徴と言われる、
音や、光、匂いや触れることへの過敏さ、
気質の特徴などは、

ほかのことが理由でも同じように現れることがあります。

発達障害は生まれつきの脳の機能障害ですが、

うつ病になっても、
認知症になっても、
重い貧血になっても、
育てられた環境によっても、

同じように生きづらくなります。
 
ですから、もしもご自分が何らかの理由で苦しくなった時に、
私のブログを思い出して、役立ててもらえたらと考えています。
 

立春を過ぎる頃、毎年気をつけているのは、
季節の変わり目に大きく体調を崩さないようにすること。
 
年末年始などの疲れがどっと出るのと、
寒暖差や気圧の変化などで、
気をつけていないと、倒れてしまうほどの体調不良や、
気分の浮き沈みが起こります。



そう知ってると、
人に対して嫌な気持ちになっても、
仕事で嫌なことがあっても、
 
大騒ぎをせずに、
「毎年のこと」と冷静に受け止められます。
 
長く仕事をしていると、

本当の価値観のぶつかり合いや、
人生をかけて議論するようなことは、

あまりないように感じています。
 

ただ疲れていたとか、

ただお腹が空いていたとか、
 
ただお金がなくて困っていたとか、
 

そんなことで人はとても弱るし、おかしくなる。
 

誰も悪くない、

最悪のことなんか起こっていない、

「ただ疲れているだけ。」と思えると、
誰とも喧嘩をする必要がなくなります。


ふと、調子が悪くなりそうな予感がしたので、

仕事が山積みのところ勇気を出して、
都内のホテルで1泊してきました。


本当に近所なので、珍しいものもなければ、どうしても食べたい名物もない。
ひたすら部屋で休むことができます。
 

私には「光過敏」があり、
自然の光も、人工的な光もとても強い刺激と感じます。

夕焼けの空など、まるで映画を見ているように、
ドラマティックい見ることができるのです。



夕焼け、日没、

そして夜になり、

朝を迎える。



そんな風景を見ただけで、元気になることができました。


ただ休むだけで、たくさんの不満は消えます。

それもうまくやっていくための工夫です。

azu_5501.jpg

azu_5502.jpg

azu_5503.jpg

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年2月24日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ③

受けた恩を返しに行くこと。

感謝が多い人がビジネスでも、人生でも大成をはたします。

 

ご無沙汰しています、Dr.遠藤です。

 

前の記事では師匠に恵まれていると話しました。

 

本当に今のわたしを形成しているのは師匠(メンター)たちです。

 

つい先日20171月に、わたしの書道の師匠である、

柳田流4代目書人・柳田泰山先生に恩返しができる機会に恵まれました。

taka_301.jpg


今自分が生業にしているニューロマーケティングを使い、師匠のブランディングキャンペーンを行いました。

 

縁というものは不思議でいつどこで巡り廻って帰ってくるかわかりません。

 

私の生徒さんにもお手伝いいただき、自分の師匠に返せる。

これほど嬉しいことはありません。

 

仕事をしている時にイキイキと楽しくやっている自分がわかります。

そして、面白いことにこういうことほど多くの人々からの応援が得られるのです。

 

そして、それがまた違う縁をつなぎ、

人の価値と価値が交換され続ける。

 

これが、ビジネスであり人生なのでしょう。

 

心からの感謝をこめてできる仕事はありますか?

 

***************************************
■遠藤K.貴則フェイスブックページ
***************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年2月23日

交渉をするなら食前・食後?

こんにちは。
インターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

私は、交渉や、パブリックスピーチのトレーニングなど、
人間関係に関わる仕事を行っています。

その中から、ビジネスの拡大に使える考えや、
テクニックを紹介させてもらいます。

あなたは"パワーランチ"

という言葉を聞いたことありますか?

これは80年代にアメリカで生まれた言葉で、
忙しいビジネスマンが、
食事を取りながらミーティングをすることをさします。

私もよく、パワーランチをすることがありますが、
食事をすることで、時間の節約だけではなく、
ほかにも素晴らしい効果が得られるのです。


1.一緒に食べることで、共通の意識が生まれやすい。
2.考えることに必要なブドウ糖が補給される。
3.食事により脳内の快感物質を出して、
  ポジティブな雰囲気になる。

私達の脳は、何かを判断をする時にには、
たくさんのエネルギーを消費します。

その時に、ブドウ糖が不足していると
頭がボウっとして良い判断ができません。

ハードな決断をした後に、
どっと疲れを感じたりするのは、
脳のエネルギーを大量に消費したからです。

食べながら話すことで、
エネルギーも補給されるので
時間にも脳にもとても効率がいいのです。

omori_201.jpg

心理学者のジャニスらの実験によると、
人は何かを食べながら説得をされると、
最大20%も説得に応じる人が増えました。

つまりパワーランチは、お互いにポジティブな雰囲気で
何かを生み出すにはもってこいということになります。

交渉をするには、話の内容もさることながら、
「場の設定」というものが大事です。

さっそくパワーランチをつかって、
どんどん商談を決めましょう。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年2月21日

嫌われ役の寵姫がいないと、王妃が嫌われ役になってしまう。

親愛なる君に

見てきました。

マリー・アントワネットが王妃として嫁いだルイ16世は、
真面目でいい人だったために、
寵姫(ちょうき=側室No.1)どころか、側室も持ちませんでした。
世間は、寵姫が悪いんだと思うことで、
代々、王様も王妃も嫌われることがありませんでした。
寵姫がいなかったために、嫌われ役になったのが、
王妃のマリー・アントワネットだったのです。

太陽王ルイ14世が、王は神であるという証しに、
すべて公開制にしました。
食事も、着替えも、出産さえも公開制でした。

この2つだけでも、
マリー・アントワネットが悪女でないことがわかり、
ストレスがどれだけ大きかったかもわかります。
そういうことを踏まえて、見にいくと面白いですね。

彰宏より

P.S.
実家のオーストリアから取り寄せたバスタブが面白いです。
当時、フランス人は、お風呂に入る習慣がなく、
ルイ14世ですら、生涯でお風呂に入った回数は、数回です。

※こちらの記事は中谷先生のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年2月20日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (54)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「 学ぶことでご縁がつながる」という話。
  
教育関係の分野で、全国で講演を行なっていますが、
その際には学校で学ぶ子たちの素朴な疑問に触れることがあります。

その中の一つ、

「どうして勉強しなくてはいけないのだろう?」

これは誰でも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。


私が抱えるハンディ、発達障害があると、
学校での勉強が辛くなることがとても多いので、
 
出来るだけ、勉強をするとどんないいことがあるかを、
楽しくお話しするようにしています。


一つ私の経験では、

学校でも英語の授業がありますし、
外国語を学ぶととてもいいことがあります。
  

"外国語を学ぶ"ということは、とても魅力的なことです。
 

私は大学生の時に中国語を熱心に学びましたが、

そのおかげで、

「中国を旅行してみよう」という気持ちが起こり、

旅行をしてみたら会話がなんとか出来るようになったので、
「チャレンジで、留学してみよう」という気持ちになり、
 
留学してみたら、
同じ方向性に興味がある人たちとたくさん出会うことができ、
北京で知り合った駐在員と結婚をしているのです。

それが今の夫です。

夫は今でも、企業の中の中国担当部門におり、
この春から2度目の上海駐在が決まり、赴任していきました。
 
両親ともに中国に親しみ、中国語を話すので、
子どもも自然と中国に興味を持ち、
 
一人娘も、中学生の時に2年半、本人の希望で上海で暮らし、
今はオーストラリアに留学していますが、
 
オーストラリアでも中国語圏の友達が何人かできたようです。


学生時代の、ふとした「中国語を勉強してみよう」という気持ちが、
人生をとても豊かに楽しく形作る大きな助けとなってくれました。


外国語を学ぶと、自然とその言葉を話す国や、
そこで暮らす人たちに興味が向かいます。

同じような学びや活動に興味がある同国人とも話しが合い、
こうしてご縁が繋がっていくのです。

友達が欲しいな、
パートナーが欲しいな。

そんな風に、「人」に向かっていくことも悪くはありません。

でも他の方法として、
何かを学ぼうという熱意を持つと、

それもご縁がつながる力になります。

ですから、学校でも色々勉強するといい。


得意なことばかりではなくても大丈夫。
何が好きで、何が苦手かわかることに意味があります。

好きなことがわかると、
ともに楽しめる仲間ができやすい。

春は学びのスタートにはとても良い季節。
ぜひ希望を持って、何か始めてみてはいかがでしょうか。


azu_54.jpg



━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年2月17日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ②

他人がやらない困難をあえてやる。
それが合法的、モラル的、倫理的に正しいのならば
それは、あなたを救う。

はじめまして、
心理博士
ニューロ(脳科学)マーケティングトレーナーのDr.遠藤です。

わたしの同期の誰もが人を救おうと思い、勉学に励んでいましたが、
何の因果かわたしが今同期の中でもっとも皆さまのお役に立てています。

何故か?

昔からわたしは困難と思う事に立ち向かうクセがありました。
「できない」「ムリ」と言われ、自分が緊張し、口が渇き、鼓動が早くなるものほどやりたくなる性格なのでしょう。

ちなみに「ダメ」とか「やってはいけない」とは違うのでご注意ください。

結果、過酷な現場での交渉、カウンセリング、ビジネスをさせていただきました。

物理学の世界ではプレッシャー(ストレス)を整った環境でうまくかければ物体は強固になるそうです。

ちなみに、サポート(応援)がない環境で只々プレッシャーをかけても物は破壊されるだけです。

自分には頼れる家族、友達、師匠、同僚、仲間がいたおかげでうまく成長できました。

2017年10月にわたしは往復18日間かけてエベレストのベースキャンプ(5300m)まで行って帰ってきます。

 


それは、また仲間と一緒に成長をするための旅です。

皆さんは自分が大成できるために何を今年行いますか?


***************************************
■遠藤K.貴則フェイスブックページ
***************************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年2月16日

食べるマナーのいい人は、楽しそうに食べる。

親愛なる君に

「どんな女性が好きですか」
と、聞かれました。
一緒に、ご飯を食べてて、楽しい女性です。
一緒にご飯を食べてて楽しい女性とは、
楽しそうにご飯を食べる女性です。
たとえ、サービスがイマイチでも、
たとえ、料理がイマイチでも、
たとえ、食べたいものが売り切れでも、
たとえ、飲み物がこぼれても、
たとえ、行列に並ばなければならなくても、
楽しそうに食べる女性です。
食べるマナーのいい人は、
楽しそうに食べています。
『楽しく食べる人は、一流になる。』(秀和システム)でも触れています。




彰宏より

P.S.
楽しく食べるというのが、
最高のマナーですね。

※こちらの記事は中谷先生のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年2月13日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う