TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ㉕

【自分のピットクルーを手に入れろ!】

F-1カーのようにスムーズに走る、======Dr.遠藤です。

あなたには頼れるチームメイトはいますか?
F-1カーのドライバーのようにあなたはあなたが得意な事だけをできるようにしてくれるクルーは存在しますか?

いたとしても、何人いて、どんな練度で、どれだけ過多な仕事をさせてますか?
チームがいるが練度が低い状態と高い状態のサンプルは以下の動画で見れます、
【F-1ピット作業1950年vs2003年】



あなたが必要なチームメイトを発見するには先ずあなたの天才、能力、才能が
何なのかを知らないといけません。

あなたが一番価値を提供出来る事は何ですか?
(例:エンジニアリング、プログラミング、簿記、会計、カスタマーサービス、会話、プレゼンなど、など)


私の才能は:


あなたが、やらなくても良い、任せられることは何ですか?

1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.

これらの事を何人の人に任せられますか?
任せられる人はもういますか?

社長になってから秘書がつくのではありません。
秘書がいた人が社長になるのです。
大成してからチームメイトができるのではないのです。
チームメイトがいたから大成できたのです。

**********************************
販売開始1週間で重版決定!

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
drtaka@takaedo.com
**********************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年7月27日

原稿無しで長いスピーチに挑戦する

こんにちは大森健巳です。

今日は講演会で博多に来ています。
こちらは曇りですが、気温が35度と真夏日です。

hakata.jpg

移動時の汗をかいたまま話すのがイヤなので、
私はいつも移動用とは別に講演用の服を持って歩き、
現地で着替えるのが定番です。

講演会は2時間なので、
今日もパワーポイントを使いながらお話をします。

これはとても便利ですよね。

紀元前106年、ローマ時代の末期に、
マルクス・トゥッリウス・キケロという
偉大な政治家・哲学者がいました。

とても雄弁なスピーチをするので、
西暦2017年の現在にもその功績が伝わっています。

彼は、3時間にもおよぶ演説を、原稿と一文字も違えず、
しかも「原稿を見ないで」やれたそうです。

でもどうやって、それだけの長文を間違えずに
覚えることができたのでしょう?

キケロ曰く、記憶するのはトレーニング次第で可能だということです。
そして、記憶は「場所」と「像(映像)」
で組み合わせるのが秘訣だったのです。

これはメモを見ずにバシッと話したい時に使えるので
コツを覚えておくと良いでしょう。

キケロは話をするときに、
話の構成をブロックごとに分けて作り、
それを部屋の柱とむすびつけ、
「どの柱を見たら何を話すのか?」
を決めいたのです。

一本目の柱をみたら、これ
二本目の柱をみたら、これ

というように、柱ごとに話すべき内容を決めておき、
本番では柱を見て、思い出しながら話すことで、
長いスピーチでもメモを見ずに、
スラスラと語ることができたそうです。

現在では、メモどころか、パワーポイントという
便利な文明の利器がありますから、
内容を覚えなくても話せます。

ですが、ここ一番という時には、
パソコンを離れて語りかけてみて欲しいと思います。

そんな時に、この方法を思い出してもらえると嬉しいです。

会議室では柱は無いと思いますので、
壁の面や、部屋の角、時計、などに
場面を思い描いておくと良いでしょう。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年7月25日

うつむいている人の顔を上げるために、花火が生まれた。

親愛なる君に

「今年は、【花火塾】はあるのですか」
と、毎年、【中谷塾 ワークショップ・花火塾】に
参加している塾生から聞かれました。

【花火塾】は、花火大会の告知が直前なので、
塾のスケジュールにハマるかどうかが第1の運。
ハマっても、部屋が人気なので、抽選に当たるかどうかが、第2の運。
【大阪校】の「なにわ淀川花火大会」はハマらなかったけど、
【東京校】の「神宮外苑花火大会」は、
2つの運をいただいて実施します。

浴衣可。食べ物持ち寄り。
13階の窓いっぱいの花火を満喫しましょう。

彰宏より

P.S.
「一瞬の輝きが、上を向く時間をくれる。」という
JTのCM「日本のひととき」シリーズの「花火篇」のコピーが好きです。
うつむいている人の顔を上げるために、花火は生まれたんですね。

※こちらの記事は中谷先生のレター7月24分より許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:中谷彰宏|更新日:2017年7月24日

生きづらいあなたが幸せになる基本的な方法 発達障害経営者アズ直子ブログ(76)

こんにちは、アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「疲労感というマイナス感情」という話。

7月に入りとても暑くなりました。

数日前には、
首都圏で突風が吹き荒れ、雹が降り、
見たこともない荒れたお天気となりました。

発達障害者は、環境の変化に過敏なことが多く、
こうした天気の変化は、
それが起きる前に敏感に察知します。

頭が痛い。
気持ちが塞ぐ。


何か落ち込むと思ったら、
やがて天気が崩れてきたというのは、
本当によくあるパターンなのです。

暑さにせよ、お天気にせよ、
疲労感が募っている様子が、
電車の中などでも見受けられます。

こんな時に、難しいことを考えてはいけない。
「疲労感」は立派なマイナス感情です。

心が曇り、
正常な判断ができなくなっている時に、

重大な決断をしてしまうと、
人生の質がそこで変わってしまうこともあるのです。


まずよく休みましょう。

栄養のある、丁寧に作られたものを食べましょう。

少し贅沢と思って良いので、
快適なグリーン車やタクシーを使いましょう。


障害福祉関係の講演会は11月に集中します。
その時に倒れてしまっていてはいけません。
(2016年11月には倒れて救急搬送になりました。)

先を見越して、
いま、緩やかに過ごすことも必要なのです。

駅の面白いポスターで、
疲れが吹き飛びました。


azu_7601.JPG



<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。

━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/asnaoko/

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年7月21日

あなたが大成するまで残り―1分、遠藤K.貴則博士のブログ㉔

【本音を言い合える仲間を持て!】

友達に恵まれたと良くおもう、Dr.遠藤

大成する人達は皆、本音を言える本当の友達を持っています。

友達はあなたがやらないといけない事を言ってくれて。
あなたが怒ったり悲しんだりする可能性があっても本音を言うのを止めない人達です。

愛から会話してくれる人達が必要なのです。

他人の方が【あなたの良い所も悪い所】も良く見えていたりします。
盲点はどんな人にもあります。

今付き合いのある私の友人の多くが、私に本音を言ってくれる方々ばかりです。
本音を言ってくれる人達が増えれば増えるほど私の利益は上がっていきました。

「いいよいいよ」
「難しいよね」
など、慰めの言葉だけで私の成長を止めようとした人間が回りから減っていきました。

ただ、厳しい事を言うわけではなく、本当に私のためを思って言ってくれる人が増えたのです。

あなたも、ネガティブな人だけでなく、【優しい言葉をかけて】あなたの成長を止める人を少なくして、【厳しくても愛のある言葉】をかけてくれる人を増やしましょう!

**********************************
販売開始1週間で重版決定!

※購入は大手書店でお願いします。
理由が気になる方は"オンライン購入ダメな理由"を題名にして下記アドレスまで連絡をください。
drtaka@takaedo.com
**********************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2017年7月20日

呼吸でキャッチボール

こんにちは大森健巳です。

私がスピーチのトレーニングをする中で、
重視していることは、話の中身よりも、話し手の状態です。

一般的にはスピーチと考えると、
どういう内容にしようかと中身を考えがちですが。

実は話の中身以前に、
「伝えるのは生き物である」
ということが大きく影響するものです。

これはどういう事かといいますと、
話し手・聞き手の動物的な感覚を大事にするという事です。

言葉は、人間が意思疎通に使う便利な道具です。

しかし、人間のもつ動物の部分は、
言葉ではなく微妙なニュアンスや、
微表情などを見逃しません。


動物同士では、

言葉を使わずにコミュニケーションをしますよね。

ここの部分をトレーニングすると、
どこの国でもコミュニケーションがとれるようになります。

海外にいった時も、片言の単語とボディランゲージだけで
かなりコミュニケーションが取れた体験はありませんか。

私がすすめるトレーニングでは、
ここの動物的なセンスを磨くものです。

しかも、ボディランゲージも使わないようにします。

このやり方は簡単です。
このトレーニングは話し手と聞き手の2人以上で行います。

1.話し手と聞き手は、真っ直ぐに立ちます。

2.話し手は、ボディランゲージを「使わず」に聞き手を見ます。

3.相手を見て、ボールをイメージして相手にパスをします。
この時もイメージだけで、ボディーランゲージを使ってはいけません。

4.聞き手が受け取った様子を感じたら、自分にボールが返ってくるとイメージします。
5.3と4をしばらく繰り返します。

これで、言葉・ボディランゲージは無しで、
「感覚」だけでキャッチボールをするのです。

しばらくやると、
だんだんキャッチボールの感覚がつかめるようになってきます。

言葉を超えて、ボディランゲージを超えて、
コミュニケーションができる感覚をつかむと、

突然あなたのスピーチの伝わり方が変わる事に気づくでしょう。

その感覚を使って。コミュニケーションをすることが、
実は話の中身よりも前に大事なことなのです。


どんどん非言語のコミュニケーション力を磨きましょう。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>
書籍「なぜあの人が話すと納得してしまうのか?」特設サイト>
大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------

投稿者:大森健巳|更新日:2017年7月18日

生きづらいあなたが幸せになる基本的な方法 発達障害経営者アズ直子ブログ (75)

こんにちは、
発達障害経営者のアズ直子です。

今日は、
「ビジネスマナーは異文化を学ぶつもりで」という話。

2017年の夏、
外部からいただいたお仕事で、
講師の卵たちへのビジネス講座を担当しています。

習う側である受講生から、
人に教える講師に立場が変わる方達に、
「仕事としての考え方」を講義しています。

みなさん、とても素敵な大人の女性で、
それぞれに魅力を感じます。


よくしていただいたらお礼を伝えましょう。
遅刻は厳禁。

改めて確認をする意味で、
そんな基礎の基礎の話もします。


時には習ったことがないビジネスマナーに、
戸惑うこともある様子。


電車の遅延など何があっても遅れないように、
出張時私は始発で移動をしています。

人の講座のお手伝いをする時には、
その先生の品格を下げないように、服装を整えて伺います。

質問や相談をSNSの公開の場に書かれると、
人目があり放置しておけないことが負担になるので書きません。


そんな風に、
本などに明文化されていないマナーは、
どんな風に覚えていったら良いのか、
ハードル高く感じるようです。

ビジネスマナーを身につけることは、
今までお仕事という分野と関わりなかった方にとっては、
異文化を学ぶ感覚なのではないかと思っています。


例えば私が学生時に留学経験のある中国では、
基本的に「割り勘」という概念がありません。

その場で一番上の立場の人が全て支払うのが一般的で、
支払いを申し出ることが時には失礼になります。

大皿料理を取り分けるのも、立場が上の人の役目。
社長が部下の皿に料理を取り分けるのは、
私も実際によく見た光景でした。

見て、学んで、自分でもそうしてみる。
その繰り返しで、なんとなく振る舞い方がわかってきます。


価値観や習慣の違いに、
「どうしてなんだろう?」と立ち止まるのではなく、

異文化のように、郷に入っては郷に従えと、

素直に身につけるのが、
できるようになる早道かもしれません。


ところで私は、人とずいぶん感覚の違う発達障害者です。

空気が読めない、
人と上手くつきあえない。

ビジネスマナーなど、
私からは一番遠いテーマでした。


人に教えるのにプレッシャーを感じましたが、
できないからこそ、
人に教える必要性で身につくかと奮闘しています。

共に学ぶ姿勢です。

azu_7501.jpg



<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/asnaoko/

━-━-━-━-━-━-━

投稿者:アズ直子|更新日:2017年7月14日

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う