TOP >> ビジカレブログ


ブロガープロフィール

中谷彰宏

1959年4月、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒。博報堂で8年間CMプランナーの後、株式会社中谷彰宏事務設立。ビジネスに関わる900冊以上の著作を執筆する。一方で、講演活動の他、多方面で活躍。

渡辺美紀

上智大学卒業後、外資系食品メーカー入社。営業・営業企画職を経験した後、「話して伝えることを仕事にしよう」と独立。現在、テレビ・ラジオのMC、レポーター、ナレーター、式典・パーティの司会として活動。「10倍伝わる話し方セミナー」主催。

アズ直子

(経営者・著者)
"ADD(注意欠陥障害)の傾向の強いアスペルガー症候群" 幼少時よりうまく人づきあいができないなど、 生きづらい人生を 送ってきたが、 2009年に「アスペルガー症候群」と診断を受け、 どうしたら生きやすくなるかを徹底研究。 自宅の一室で行っていたネットショップから、 渋谷区広尾にオフィスを構えるまで業績を伸ばす。 4冊の著作があり、 テレビ出演や全国の教育機関で講演などの活動中。 プライベートでは高校生になる一児の母。

遠藤K・貴則

米国フロリダ州のカルロスアルビズ大学で法廷臨床心理学博士課程を修める、同大学で統計学の準教授を勤める
その後アメリカの治療資格を得て30ヶ国、3,000人以上の依存治療及び犯罪者更生を行ってきた、人間の心理のプロフェッショナル。
マイアミ市警、FBI、CIAの調査支援を行った実績を持つ。
心理学と統計学に合わせ、脳科学の研究を行うことで「どんなメッセージも脳に刻み込む」プロセスを研究に基づいて生み出し、近年はGeneral Electric Co. (GE)、ロイター通信、ANA、24HRフィットネス、ライオンズクラブなど複数の企業や団体に向けて講習を行う。
2017年4月に『売れるまでの時間-残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」』を出版。

大森健巳

"世界に堂々と通じる日本人を育成する"というコンセプトの下、政治家をはじめ、起業家、講演家、アナウンサー、コーチ、各種トレーナー、セミナー講師等々、年間100名以上の生徒へパブリック・スピーキング(大衆演説)のトレーニングプログラム(ハイパープレゼン)を提供している。
アンソニー・ロビンズ、ロバート・キヨサキ、ブライアン・トレーシー、ジム・ロジャースといった大物講演家達と共に舞台に立ち、2014年4月には6,000人を超える規模のセミナーイベントでファシリテーションを行った実績を持つ。
著書:『なぜあの人が話すと納得していしまうのか?価値を生み出す「バリュークリエイト交渉術」』

ビズハーツ

「ビズハーツ」は,広い意味でのビジネスを扱います。経済的,社会的に生きていく上で欠かせない,また質の高い情報映像を制作し,また世界から集め,「ハートのあるビジネス」のために提供してまいります。

ビジカレブログ

【第3章その3:レジャー、娯楽の価値】

【第3章その3:レジャー、娯楽の価値】
―リフレッシュで活力を持ち続ける―

「痛みや悩みは尽きないが、苦しみがあるならそれは、
『やっている事』か『やり方』に何らかの誤りがある」
――遠藤K.貴則 法廷臨床心理学者

多くの研究は、趣味や旅行は個人のストレス耐性能力を上昇させ、
成功する確率を上げると言ってます。
日本人は、世界で最も多くの時間を仕事に割り振るのにも関わらず、
仕事効率はトップ10位にすら入らないそうです。その問題は、
脳を休ませる時間を用意しない事にあります。
それは、日常の10分15分休憩ではありません。趣味や旅行に出て、
仕事の事を考えない時間の事を指します。

研究者は、レジャー/娯楽をアクティブとパッシブ、
真剣と非真剣なものに分けます。アクティブは、パッシブよりも
集中力を必要とするものです。
例えば、テニスをプレイすることとTVでテニスを見る事は異なります。
美術クラブに参加して絵を描くのと、美術館巡りをするのは違うのです。
リサーチによると、アクティブな娯楽は達成感と何かを修得した満足感を提供してくれます。

アメリカの心理学者リンダ・カルドウェル(Linda Caldwell)曰く、
レジャーは多くのセラピー効果があるそうです:
•興味深く、意味があり、良いチャレンジを私達に渡してくれる
o結果、人生の他の事にも興味と意味を見出し、大変なことにも
 チャレンジしようと思うようになる。
•社会的サポートと友達に会う機会をくれる
oストレスの研究では、人間は人と会う事でストレスを減らします;
 創造性も人との関りから来ます
•自己効力感と能力の確信が向上します。
o当然、レジャー以外の分野でもこの感覚を保有するようになり、
 仕事が成功しやすくなります。
•自己のコントロールと選択を得ることにより、自由である感覚から
 ストレスを減らします。
•リラックスさせてくれて、日常の問題やトラブルの事を
 考えずに済むようにさせてくれます。
o故に問題を客観視できるようになり、解決しやすくなります。

2013年に33カ国で行われた研究では、学者は一定の事が
どんな人でも幸福感を上げる効果があることを発見しました。
世界が選ぶ効果的レジャートップ5は:
oスポーツ観戦に行く
o家族行事に参加する
o文化的イベントに参加する(祭りなど)
o本を読む
o音楽を聴く

中には興味ないよ!とか、家族がそんなに仲が良くない!
という人もいるかもしれません。
しかし、もしかしたら「やった事」がないだけかもしれません。
スポーツも色々種類あるので、自分に合うものを発見してみてください。
(観戦が楽しくなったら、自分でもそのスポーツをやってみてください)
家族行事も冠婚葬祭だけではなく、自宅のBBQや
クリスマスパーティなどをやってみてください。
ただ、言いだす人がいないだけかもしれません。
犯罪心理の研究の一つに、祭りの多い国や地域ほど犯罪率が
低いと発見されています。祭りには心を洗う効果があるので、
是非、神輿を担いでください。
スキマ時間は、寝るより本を読んだり音楽を聴く方が
リフレッシュできるって知ってましたか?

2004年にアメリカの研究者、ロビン・ヒューニック(Robin Hunicke)、
マーク・レブランク(Mark LeBlanc)、とロバート・ズベック(Robert Zubek)は
レジャーと感じる理由は8つあり、人は違う理由で物事を行うと
発見しました。あなたはどれを多く行い、何をあまり行っていませんか?
1.発見:新しい領土に入っていく
2.感覚:素晴らしいスペクタクルを楽しみか、ゲームの仕組みを楽しむ
3.ファンタジー(空想):誰か知らない人の人生を追体験する
4.物語:ストーリーを追っていく娯楽
5.チャレンジ:障害を突破する満足感
6.友情:他人と一緒に遊ぶ楽しみ
7.表現:自己発見、アイデンティティを見つける
8.甘受/破棄:リラックスして(脳を)シャットオフする

できるだけ多種多様な娯楽を行い、脳の可能性を広げてみてください。

では次の【第3章その4:心地よい自分】
―健康的ボディイメージの重要性―
でお会いしましょう。


***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:http://bit.ly/ahnsemista

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたい方は、
上記リンクのイベントページより日程や詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************


投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年9月19日

続凄い人達(新記録達成!)

こんにちは、インターナショナル・スピーカーの大森健巳です。

「4,398,581,308円」

桁が多すぎで何だかわからない?

はい、これは約44億円です。

結構な大金ですよね。
さて、あなたは一体何のお金だと思いますか?

実はこのお金、年に一回開催される伝説的セミナー
39UIC(究極の影響力)の総取引金額です。
法定臨床心理学博士のDr.遠藤と一緒に開催するセールス合宿で、
今年で4年目に入りました。

20人の参加者が4日間のセールス合宿で売上をあげたのです。
とんでもない記録だと思われたのではないでしょうか。

先週「凄い人達」のテーマでもお話をしましたが、
今回の参加者は、台風でも停電でもなんとか現場に
行こうと頑張る人達でした。

台風被害により前日の会場変更にも関わらず、
開始時間前には全員が揃ったのです。

中には電車やバスが動かず、
2万人が一夜を明かすことになった、
成田空港から脱出すべく8km以上歩いて来た人もいます。

この時点で充分凄い人達ですよね。
なぜなら、彼らは、ロード・トゥ・アウトスタンディングという
半年間のコースに参加しているメンバーなので、
最初から覚悟が違っていました。

そこから、合宿が始まり4日間で約44億円を売り上げたのです。
これまでの最高記録は49億円なので、
歴代二位の記録となりました。

それにしても今回は途中で、別会場に移動したりと。
例年にくらべて、不利な条件があるなかでの記録なので、
本当に立派だと思います。

ビジカレブログ画像_190917_2.jpg

このような話しすると、
「一体何をそんなに売ったの?」
「どうやってやったの?」

と毎回聞かれます。
まぁ、それを聞いたところでマネできないだろうと
思う部分もあるのですが(笑)

これまでの個人の1位は、
船舶の保険で30億円でした。

損害保険3万円などを売っていた人がイキナリ30億円です。
人生変わると思いませんか。

そして、今回の1位はNさんの出した35億円で、
太陽光発電や不動産の販売でした。

これにより、販売記録が更新されることになり、
35億円がトップとなりました。

通常なら何年もかかって、
人によっては一生かけても上げられないような売上を、
たったの4日であげてしまうわけです。

そんな体験をするので、参加者には
文字通り人生が変わってしまうような変化を体験します。

私達は、その成功の方法論を知っていますが。
理論を実践するにあたり、我々スタッフも参加者も、
真剣に行わなければ決して売上は上がることはありません。

過去4年間、この究極の学びを提供していく中で、
分かってきたことがあります。

単に日々と忙しく仕事をしているだけでは、
決して分からない情報だと思います。

真剣になって、リスクととってギリギリまで投入しなければ
決して分からない大事な学びです。

チームが4日間ギリギリの状態となり、
数字で把握しているからこそ傾向が顕著に
わかったことがあります。

それは・・・・・・

「成功には原理原則というものがあり、それを守らないと
見事に守らなかった結果が出る」

というものです。

成功法則のリスト

「ミッション」
「明確さ」
「貢献」
「責任」
「チーム」
「本気」
「あと一歩の努力」
「誠実」
「一貫性」
「尊敬」
「信頼」
「愛」

など、
どこかで聞いたようなキーワードがあると思います。

これらが一つでも欠けると、
ちゃんと欠けた場所の結果が数字として現れるのです。

毎回そのように数字に現れるので、
私達の教える成功法則には確信を持っています。

私自身も。成果が上がらない時には
法則に反しているのだと痛いほどよく分かります。

自分自身をチェックしてみましょう。



アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------


投稿者:大森健巳|更新日:2019年9月17日

書き方もスポーツも、小さなコツを教わるだけで、 圧倒的にうまくなる。

親愛なる君に

「このコツを、もっと早く知っていれば、
仕事も恋愛も、もっとうまくいっていたのに」
と、【中谷塾 セミナー・書き方塾】に来た人が言いました。
コツを教わると、結果が出ます。
結果が出ると、ますますコツを学びたくなります。
コツを学ぶと、もっと結果が出る。
正のスパイラルです。
コツを教わらなかったスポーツは、苦手になります。
書き方のコツを教わらないのは、
コツを教わらなくても、最低限は書くことができるからです。
メール・ライン・SNSで、書く機会は圧倒的に増えています。
最低限では、チャンスをつかめないのです。
大丈夫です。
コツを教わることで、これから先のチャンスは、つかめます。

彰宏より

P.S.
「コツは、プロに教わらないと」
と、イマチュウ先生が気づきました。
【書き方塾】の【セミナー】【ワークショップ】は、
そういう深い意味があったことに、
教えている側が、教わりました。
ビジカレブログ画像_190916_2.jpg

※こちらの記事は中谷先生の2019年4月18日のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。

投稿者:|更新日:2019年9月16日

学べばこんなに"楽"になる! アズ直子の妻母社長ブログ (184)

こんにちは、
アスペルガー経営者のアズ直子です。

今日は、
「新しい仕事が始まった!」という話。


先月、一人娘が初めての一人旅に出かけることになり、

しかも行き先は、
南コーカサスに位置するというジョージア国だというので、
急に「旅」についてアンテナが強く立つことになりました。

ほとんどの日本人が行くことがないというので、
親として必死で旅に関わる情報を集め、見守りました。


それと時を同じくして、
私にも旅に関わる仕事のオファーがきて、
それでは少し勉強してみようかと、
「旅程管理主任」という資格を取得しました。


発達障害者ということで、
ずっと、心身に優しい穏やかな生活を提唱してきたけれど、
「旅」は、前向きで行動的でいいなあ、
私も少し遠くへ出かけてみようかなあと思っていたところ、


どんどん話が進み、
協力をしてくださる旅行社様が現れ、

ついに、この私自身がツアーを組んで、
お客様を東京案内することになりました。

いきなり添乗員デビューです。


ふと思い立った私がいた、
その様子をSNSなどで見て力を貸してくれる人がいた、
そしてそれに魅力を感じてくれたお客様がいた。

ひたすら、反応の早い時代になったことに驚いています。
無事に帰国してきた娘も、
思いがけない展開に驚いていました。


ツアーの目的地は、
私のオフィスからほんの20分ほどで到着できる、

「築地」です。

応援してくださる方がたくさんいるというのはありがたいことで、
告知からたった2時間で、ツアーは満席になりました。


私は資格は取りましたが、
旅についてはキャリアゼロのひよこです。


しかも、応募くださった方は、
ほぼ全員都内近くにお住いのようで、
ご自分でもいつでも行かれる目的地です。


私を信じてお申し込みくださった皆様に、
感動のツアーをお届けしようと、

築地本願寺や波除神社、勝鬨橋など、
ひとつひとつ、歴史や見どころを調べて、
うまくお話しできるように練習を繰り返しています。


私はセミナー講師ですので、
これは旅行ツアーというより、「歩くセミナー」だと捉え直し、
誰にもできない楽しいツアーにしようと、
色々なサプライズを仕込んでいます。
それならキャリアゼロでも少しは強みを発揮できます。


勢いというのはすごいことだなと思いますが、
つい先月始まったことが、
もうプロデビューとなってしまった。

お客様も、新しいことや珍しいことをきっといつも探していて、
「これは面白い」と思ってくださったのかもしれません。


ひよこですが、
プロとしてのお仕事ですのでがんばります。


千里の道も一歩から。

発達障害者でも新しいことにチャレンジできることや、
少しの工夫やアイデアで十分働けることを証明したいです。

ビジカレブログ画像_190913_2.jpg


この度、旅行業のプロフェッショナルとして、
私を見つけて支えてくださっているのは、
旅行業に携わること30年のキャリアを持つ天王地広隆さん。

北陸の白山市に会社を持つ方で、
そのエリアの旅の達人でもあると聞いています。
白山比咩神社などにも訪れるご縁をくださいました。

そんな遠くの方とお仕事をすることになり、
こんなに大きな変化が起きたことにも驚きです。



<私のハンディについて>

ADHD(注意欠陥多動症)、
及び自閉症スペクトラムと診断を受けています。
簡単に言えばアスペルガーです。

生まれつきの脳の機能不全で、
かたづけられない、時間を守れない、お金を管理できない。
コミュニケーション不全などの特徴が出ます。


━-━-━-━-━-━-━

アズ直子公式サイト

フェイスブックページ

━-━-━-━-━-━-━



投稿者:|更新日:2019年9月13日

第3章その2:自分を信じる事を学ぶ

【第3章その2:自分を信じる事を学ぶ】
―自身を作るテクニック―

「健康は最大の財産であり、満足は最大の宝であり、自信は最大の見方である」
――老子

★3.5
★3.9
★4.2
★4.4
★4.5

これらが何のレビューかわかりますか?
上から
・太平洋
・大西洋
・エベレスト
・琵琶湖
・富士山
です。(2019年08月調べ)

生まれただけの大自然ですら、★5を付けられない。
人間は他人をありのままの美しさでは評価はしないし、
何故か疑う。そんな世界観であるなら、自分の事は
先ず、自分が信じてあげなければ、誰が信じてくれるのか?

自信とは、成功する上で絶対的に必要な要素である。

「小さな声」の発案者、ブレア・シンガー(Blair Singer)は、
「どんな小さな勝ちも祝わなければ、自分の中の
小さな声は、弱気の声と成ってしまう」と言っています。
最初にやらなければならないのは、今までの自分の結果、
勝ちを祝う事です。

健康心理学のマット・ジェームズ(Matt James)博士は、
「慣性の法則」は人間の心理にも適応すると言っています。
それは、最初から【全てにおいて自信を持つ】ということをせずに、
【小さな事に自信を持つ】を繰り返す事で勢いをつけていき、
最終的に大きな自信になると言っています。

脳科学的には簡単に自信を上げる事ができます。
社会心理学者のエイミィ・カディ(Amy Cuddy)は、
二つのグループにあるポーズを取ってもらいました。
一つが「ハイ・パワー」ポーズ、もう一つが「ロー・パワー」ポーズです。
このポーズをたった2分間行うだけで、被験者の
ホルモンレベルが変化したのです。

「ハイ・パワー」ポーズは20%テスタステロン(男性ホルモン、
エネルギー量を上げ、疲れにくくさせる)を増量させ、
25%コレテゾール(ストレスホルモン)を減少させました。

「ハイ・パワー」ポーズは、俗にいうスーパーマンポーズです。
腰に両手を当てて、肩幅に足を開いて強くまっすぐ、
左右対称になるように立つポーズです。
実際プロのスピーカーの多くはこういう立ち方を行います。

「ロー・パワー」ポーズは10%テスタステロンを減少させ、
15%コルテゾールを増量させます。

「ロー・パワー」ポーズは腕を組み、足を組んだ状態で
左右非対称な立ち姿です。多くの人がやるポーズです。

興味深い所は、これらのポーズを一部やるだけでも
全身でやるのと同じ効果を出します。つまり、腕や足を
普段から組むとそれだけでストレスが貯まり自信が
無くなっていくのです。逆に足をしっかりと地面につけて
背筋を伸ばして座るだけでストレスは減少し、自信がつきます。

是非、自信をつけてください!

では次の【第3章その3:レジャー、娯楽の価値】
―リフレッシュで活力を持ち続ける-
でお会いしましょう。


***************************************************
この記事がよかったらいいね!して、shareしてください。

過去のDr. 遠藤のビジカレブログはこちらから
updateに時差がある場合があります。

【株式会社アハハナのfacebook page】

【株式会社アハハナーストリートアカデミーページ】
Dr.遠藤のセミナー参加したい方はこちら:http://bit.ly/ahnsemista

Dr.遠藤のセミナー、研修、ワークショップに参加してみたい方は、
上記リンクのイベントページより日程や詳細確認ができます。

販売開始1週間で重版決定!
『売れるまでの時間―残り39秒―脳が断れない「無敵のセールスシステム」』
購入は大手書店でお願いします。
**************************************************

投稿者:遠藤K・貴則|更新日:2019年9月12日

凄い人達

こんにちは、インターナショナル・スピーカーの大森健巳です。


先日の台風15号の勢力はすさまじく、関東一円、
今回は特に千葉県に大きな被害を出しましたね。

風速60Mの風が吹き、大型の鉄塔が二基も倒れてしまうとは、
まさか想定外の出来事です。

成田空港では2万人近くの方が交通網が麻痺している中で
一晩明かしたそうです。

現在も足止めをされていたり、被害に遭われた方のたまに、
なるべく早く電気が復旧することを祈ります。

実は私達も今日から千葉の成田で合宿をする計画をしていました。

参加者は日本全国からやってきます。

翌日から合宿に参加するのために、前入りして宿泊をする方も多くいます。

ところが、今回の台風被害で、成田行きの電車は全て運行停止。
道路も所々通れなくなっている。

そして、会場となるホテルでは停電中で、復旧のメドが立っていない。

さて、、

一般常識で「普通」の人ならどう考えるでしょう。

コレだけの状況だから、合宿は取りやめ。
または延期とするだろう。

そもそも成田に行けないのだから、仕方がない。

と思いますよね。

ところが、今回の参加者の人達は、普通ではなく、誰一人
そう考える人がいませんでした。

なんとかして成田のホテルに行く方法を考えていたのです。

何故なら、私達ワールドクラスパートナーズは
「やると言ったらやる」と知っていて、必ずやると信じているからです。

とは言え、さすがにホテルに電気が無く、エアコンも電気も
使えない中では、環境が悪すぎてセミナーをやるには適しません。

そこで、私達も早く決断をしなければなりませんでした。
私達のした判断は、成田から都内に会場変更。

一年も前から決めていた合宿の会場をやめ、新会場を手配する。

参加者とスタッフが宿泊するホテルを確保し、参加者全員に
都内に変更の連絡と誘導をする。

これを数時間で完了させてしまいました。

このような柔軟性を発揮するチームと参加者。

両方に敬意を表します。

ビジカレブログ画像_190911_2.jpg


こうして、今年も桁違いな売上をあげる合宿がスタートしたのでした。


アウトスタンディングな人生を!


--------------------------------------------------------------
<大森健巳公式サイト>

<大森健巳フェイスブック>
---------------------------------------------------------------





投稿者:大森健巳|更新日:2019年9月11日

正しい人より、リアクションが速い人が、チャンスをつかむ。

親愛なる君に

「どういう人が、伸びますか」
と、聞かれました。
リアクションの速い人です。
「正しさ」よりも「速さ」が、大切です。
「正しさ」にこだわる人は、遅くなります。
速く返事する、速く立つ、速く答える、速く手を挙げる。
その人の積極性は、「速さ」に表れます。
「速さ」は、相手のためであり、
「正しさ」は、自分のためにすぎません。
速ければ、間違いの修正も、速くできます。
アクションは、誰でも速い。
差がつくのは、リアクションの速さです。
成長のスピードは、リアクションを速くして、
チャンスをつかむことです。

彰宏より

※こちらの記事は中谷先生の2019年4月17日のレターより許可を得て特別に寄稿いただいております。


投稿者:中谷彰宏|更新日:2019年9月 9日

過去のブログ

母親だからできること TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
13歳のキミへ TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
ディーパック・チョプラプレミアムDVD-BOX TSUTAYAonlineで買う amazonで買う
年間300回、1億円の講演依頼の人気講師が教える人を惹きつける「講師養成プログラム」 amazonで買う
感動する!日本史 [DVD] amazonで買う